甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

隠者の森カードレビュー 黄編

土曜日までは確かに最強デッキだった風神雷神が
日曜日の大会では最下位とか吹いた。

これだから大分のアクエリプレイヤーは大好きである。
メタと空気読める子は可愛いよ(何?

そんなわけでレビューの続きでも惰性に任せて徒然と。
今夜は黄色でもやってみようかな。

黄 今回の大型は一味違う、はず

三眼姫“メルィ・ミラク”
対抗色カウンターブレイク黄担当。
とりあえず、いろいろ目標にならないらしい。
だからどうしたと言いたい。
目標にならないだけで全体除去等の効果はしっかり受けるので
そこまでアンタッチャプルなわけでもない。
ちょっと採用の理由を探すのが難しい。
まぁこのサイズのカードにシールドとチャージが欲しいなら。
25点

ネクロマイスター“グレース・ディアディム”
昔ながらの「走らせる」能力系がこの弾で結構帰ってきているわけだが、
この人はアンデット担当。
ひとつ目のエフェクトはなかなか有用。
簡単に(5)くらいの死霊は生成できそうだし、
そうなれば中堅のサポートブレイクとは思えない性能を発揮できる。
しかし所詮は耐久1なのでインターセプトくらいついてても
バチは当たらなかったかもしれない。
あと、ふたつ目のエフェクトがコストが重すぎて有用な局面をあまり想像できない。
誰かパフォーマンスに見合った使い方を教えて欲しい。
30点

宮廷道化“ネームレス”
アイコンが女になって帰ってきた。
ブレイクスルーやインターセプトなどスキルを持たせてやれば
相変わらず活躍しそうではあるが、
まぁ単体では現状のカードパワーに追いついていない。
これにインターセプトがついただけで毎回詰みに嵌るという人は
とりあえずデッキとプレイングを見直す必要がある。
40点

フレイム・セラフ“リン・グラフィアス”
炎にシンクロがついて帰ってきた。
サガ2時代より補給線が潤沢なゲームになっているので
巨大フレイムの生成も楽になっているが
それでも勝つ為にはそれなりのターン数がかかるカードである。
ラーの光や魔人転生1枚で消滅するようなフレイムを
何ターンもかけて必死に生成する必要があるのかどうかは甚だ疑問だ。
まぁ、シンクロの追加で赤のブレイク等には相性がいいし、
育成が楽しい人向けのファンカードとしてはサガ2時代から秀逸。
20点

オルレアンの少女“ジャンヌ・ダルク”
効果を発揮できる範囲とタイミングがひじょうに多い強カード。
ブレイクスルーとかファストタイミングとか自動アタックとか
いろいろ便利で強いテキストがあるが、
その真価はダメージ置き場に複数枚累積させたときに発揮する。
キャラすべての攻撃力が4を越えてブレイクスルーとか、ただの悪夢である。
似たようなダメージラック効果があるトーテムポールと違って、
奇襲ブレイクによる相打ちで自発的にダメージ置き場における為、
高いレベルで自己完結している優良カードと認識している。
70点

氷河姫“ミリアム・レムリアース・シリウス”
エフェクトだけではなくプロジェクトファストまで
ある程度のロックがかけれるようになっている。
単体でみれば強そうなカードだが、いくらなんでも味方に嫌われすぎだろう。
黄の強カードとはすべからく相性がよくないという欠点を抱えている。
強力なエフェクターが環境にいる場合、その解答になるが、
既存のデッキにこのカードを追加してもアンチシナジーが発生するだけなので
まずは友達を探して専用のデッキを組んでやる必要がある。
とりあえず、Jの人とは仲良くできそうだ。
50点

飛燕“張翼徳”
やっぱアレだ。TMA的に劉備はゴローなわけだよ(何?
黄に足りなかったパーマネントに依存しない攻撃力というものを補っており、
超サイズな緑やカウンター付きの赤の大型相手でも
ほぼ相打ちが取れる優秀なアタッカー。
特にソフィーがいる状態でのプライベートドラゴンとの相性が半端ない。
相手のネームレベルは全滅させて自分はPドラで生き残り続けるとか
ソフィーにPドラがついてればバトル相手の攻撃力が追加されたペネトレイトとか
やってることがあまりに変態さんすぎる。
▼もこのカードを選択するデッキならばデメリットにはなり得ないし
しっかり出せばしっかり勝てるカードなので
黄色は微妙とか言ってる諸兄は、是非1度はしっかり組んで使ってみて欲しい。
70点

地母神“ジョカ”
Jさま。らぶ。
何気にアクエリにおいて過去最強のハンデスカード。
相手のエフェクトコストバック等誘って奇襲が決まれば気持ちいいだろう。
最近の環境ならこのサイズのブレイクもある程度早く出せる上、
出した時点で試合の流れを大きく傾けるので、積極的に狙っていきたい。
相手の大型より先に出せば勝利は目前である。
個人的にはいきなり反魂美鈴なんぞより、
ジョカで手札とテンポ失って突然死するほうがよほど怖い。
55点

今夜はこの辺でターンエンド





スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。