甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

隠者の森カードレビュー 赤偏

賞味期限切れな隠者の森カードレビューも本日にて最後。
色の順番はテキトーだったけど、特に深い意味はなかった。
そんなわけで締めは赤。
いつも通りまったりのんびりやってみよう。


赤 お姉ちゃんが倒せない

穏巫女“日御影 静流”
対抗色カウンターブレイク赤担当。
赤はこのカードを使わずとも青のカードは充分効率良くカウンターできる。
アビリティはパワー0の自身のキャラクターがアンタッチャプル。
月並みだがダキニなどの全体除去と相性がよく、
実際使ってみれば自分だけ被害のおよばない全体除去がいかに強いか理解できる。
ただ、スロット争いをするライバルが超カード熱田静や陰陽博士で
そちらも自身のキャラをある程度アンタッチャプルにする能力を持っているので
現状ではこのカードにダキニ以外の共存相手がほぼいないのがネック。
アイコンが上記ライバルと異なれば新アーキタイプとして活躍できたかもしれない。
30点

式神司“安倍 薫”
式神を走らせる人。
この人がいないとエラッタ前の刹那式クラスじゃないと
式神とか実戦レベルにならない。
まぁいても実戦レベルじゃないとか夢がない話はまた別で。
宣言させるのではなく、コストの支払いしかできないので
元々アタックコストの支払いができない式神をアタックさせるのは無理。
ただ、いままでと違って自身で生成できる式神零式改がかなり強いので
単体での活躍が見込めるのが魅力である。
カウンターと魔伏せで序盤から中盤を凌いで、大型コンボor超ブレイクで一発逆転、
という現状の赤単のコンセプトを最も忠実に再現できるカード、かもしれない。
60点

傀儡操匠“河原 瑠璃子”
誰でも糸つけて走らせることができる人
作った人形はパワーアップできる。
自身がワーカーブレイク、赤では貴重な攻撃力を上げる能力持ち、ということで、
何も考えずにこのカードを採用してもそこそこ強かったりする。
でもせっかく使うのなら、自分でいろいろ相性の良いカードを
探してみた方が面白いだろう。
弓削や骨法のような本体火力系ブレイクがお勧めだが、
糸を張る相手に困ったら003インセプチャージや軽量ブレイク強化で良い。
65点

式神“百式”改
なんでもかんでも自分に目標変更するカード。できるカード、ではない。
全体効果のものでもその範囲を変更できるようになった。
はっきり言って今更出てきても遅すぎである。
有効なカウンターカードが九字刀印程度のスペックなご時勢ならいざしらず、
現状ではこのカードより遥かに効率の良いカウンターが存在する。
カウンターはレアカードで手に入らないという初心者さんや、
なんらかの限定構築戦以外では用途を見出すのは難しい。
10点

魃巫女“鹿島 栞”
とにかくマインドブレイカーがアホみたく硬くなる人。
AAA初期の伊勢あかりに近い鉄壁っぷりである。
パワーカードの枚数を臨機応変に調整していきながら戦えば、
こいつが出てきてからダメージアウトで負けるようなことはなくなるだろう。
相手もこのキャラは全力で除去に来ると思うので、
できる限りバトルには参加せず、カウンターもしっかり用意しておきたい。
一応アタッカーではなくサポートブレイク的な性能であり
本家アクエリでは相手のドローアウトまで引き篭もる方がプレイングを要求されるので
別途アタッカーを用意してやる必要がある、かもしれない。
あと、あまり調子こいて攻撃をスルーして
2桁クラスの魔人転生やラーの光にデッキを削り取られないよう注意。
70点

骨法マスター“陣内 透子”
スパッツ骨法。えらく可愛いキャラに変身した。
アタック時はハンデス、ガード時は超絶本体火力と、
相手にしてみればとにかくバトルで触りたくないブレイク。
耐久力さえ上げれば本体火力で戦えるので、
今回追加された傀儡使いでインターセプトの鉄壁を築いたり
単純に御眷属のような優良パーマネントで押し切ったりと
このコスト帯のブレイクに相応しい活躍は期待できる。
赤での美鈴対策にも成り得るのも魅力。
65点

竜神“摩那斯”
イニシアチブと彗星爆弾付きアタッカー。
ガード時は攻撃力までUPするようになった。
相手のドローキャラを焼きながらイニシアチブで殴るという
実に効率の良いアタッカーで、単体でもかなりの活躍が期待できる。
また、本体スルーでも実質攻撃力5点なので
反魂や呪縛といった赤の従来の攻撃手段との相性も良い。
なんというか、正統派な強さを持った優良カード。
70点

現巫女“厳島 美鈴”
最強のお姉ちゃん。
4F4Cと本来ならオーバーキルサイズだが
とにかく無力化できるカードの枚数が半端ないのと
ひとりで自己完結しすぎてるせいか壊れと叩かれまくりである。
ただ、このサイズのカードを場に出して呪縛クラスの大型スペル撃ってるって
それは他のカードでも充分勝てる状況なんで勘違いしないで欲しい。
ちなみに反魂で出すなら美鈴より各務椿の方がてっとり早くて楽。
大型ブレイク同士のお見合いプレイングは卒業しないと
使っても使われても勝てないので、縁側アクエリの敵であるのは間違いない。
80点

一応各色での美鈴対抗法を。

基本
出される前にコントロールするか殴りきる。
デッキ構築時にパーマネントとシンクロのスキルを軽視しない。

白…メイドルと大型ブレイク、スパークリングプラズマ、真由美、出される前に羽生
赤…弓削や骨法にパーマネント、椿のオフェンシブで先殴り、栞に5挿し
青…イースターの速攻、チカ猫と何か、死乙女、メタの読み違いと割り切る(超重要)
緑…シルマリル他4F4Cブレイク、悪魔系ブレイクのシンクロ
黄…張飛、ミリアムと何か、ダークソード、ダメージ置き場にジャンヌ×4w
黒…ハイドランジア他3F3Cブレイク、スペースファイター



さて、今夜もここらでターンエンド。
こんどはサンプルデッキのレシピでも貼りだしてみよーかな。
スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。