甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

充実した日々とアクエリの訃報

小学校低学年くらいのガキの頃、将来の夢はおもちゃ屋さんだった気がする。
そんなきらたんも今ではカード屋さんのてんちょーである。

そんなわけで4月26に別府店がオープンしましたよ、と。

開店準備とかゴールデンウィークの開店セールとかいろいろとあって
ネットとか超放置してたのだけどまぁ反省はしていないw
おとこのこなんでね。気合を入れなきゃいけない時期ってのがあるのだよ。

大会が64名定員オーバーで嬉しい悲鳴をあげてたり(ここ大分県だよな!?)
子供たち相手の対戦おにーちゃんしたりと、充実した日々を送ってるわけだ。
ネットに顔出さないのは元気な証拠と思って欲しい。





そんななか、中井まれかつ先生の訃報には本当に衝撃が走った。

「いやぁ、魔切りは最初1F0Cで調整したんだけどね。後ろ向きなカードは壊れてなきゃ」
「綺羅くーん、Nakaji くんと仲良くしてあげてくれよぅ」

、、、CCの会食や飛行機で隣合わせたとき聞かされた
そんな愛すべきまれかつ節を思い出して泣きそうになった。

俺はアクエリのプレイヤーで、人格の半分以上がアクエリアンエイジで形成されてて
今の仕事も人生もアクエリがあったからこそ成り立ったものだと断言できる。
趣味とかそんなものを超越してるくらい
アクエリアンエイジが大好きで、それは今後も変わらないだろう。

中井先生の冥福を祈ると共に、
中井先生が生み出し、地方のプレイヤーを大事にしてくれたアクエリを
地方のプレイヤーである俺たちが今後もずっと盛り上げていきたい。

そんな風情。
スポンサーサイト
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。