甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

教皇の祭壇出ましたね

祝・新弾発売な風情、ってもうほぼ1週間は経過してますね。
みなさんトーナメントオフシーズンの明るく楽しいアクエリライフは
満喫できてるでありましょーか?

今回は過去最強クラスにめがねっ娘がふゅーちゃーされている
エキスパンションに思えるのですが、これはきっと地道にアクエリの発展に
貢献している方の欲望、、、じゃなくて要望が反映されたのでしょう。
いや、そう考えると、とても幸せな夢が見られそうじゃないですか。

あと最近はですね。
例によって新弾レビューは頑張ってる他サイトさんも多いので
今更しゃしゃり出る幕はなさそうです。
特に、ちゃんぴょんさまの帝国なんちゃってレビューとか秀逸すぎてですね。
俺が後からレビューすることとかないわけですよ。

もうね、ニーズヘッグが穿いてないとか触手で隠すのはどうかとか
先に言われちゃうとですね、太古神法のイラストが
ふ○なりの巫女さんのナニにモザイクかかってるように見えちゃうとか、
こんどの温泉プロモの弓削さんVFが、思わず画面隅で引き篭もって愛の巣、
とか言いたくなるくらいにえろぃのは乳首権フラグに違いないっ!とか
そんなしょーもないことしか書けないじゃないですか。

脳内ピンク色かよ! みたいな?

それと、ちゃんぴょんって書くとぴょんっていう語感が可愛いのですけど、
うさみみはけものみみに含まれるのかどうか気になるところです。
寂しいと死んじゃうとか萌えちゃう。

そんな風情で(?)現在ちょっと別の企画を進行中。
ここでは少しでも人の為になる自己満足をしようと思ってるので
相変わらず不定期更新ですけどのんびり見て行ってくださいな。
スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |

地元のテンプレ構築「ぱに☆ぱに」

今日の戯言「男の子だからね。黒いものには憧れるんだよ」
            古から受け継がれている業界の伝統

さて、先日観艦式の解説を行ったので、
今日は実際にデッキを紹介して、考察を深めてみようと思います。
レシピは地元プレイヤーの半数以上が持ってる大分テンプレ構築黒単w

「ぱに☆ぱに」(綺羅の痛いデッキタイトルシリーズ)

3 裁天使“ラグエル”
4 電脳妖精“ラプンツェル”
3 士官“ロャック”
4 ラッキー天使
4 コンシールドトライ

4 観艦式
3 パニッシュメント?
3 四大天使降臨 

4 ファインメイド
2 エンジェルメイド
4 トライオペレーター
4 ハーピィ
4 機天使
2 士官候補生

4 半神
4 ホムンクルス・ソア
4 トライメイド

こういうデッキは単純明快にいってみよう。
軽量ブレイク8枚と中堅超補給2種+観艦式で高速展開し
相手の準備が整う前にパニッシュor四大天使降臨、それだけ。
解り易く強いデッキというのが今回のサンプルのテーマなので
カードパワー高いものを上から順番に拾っている。

パニッシュと四大天使降臨を共存させるのは
オーバーキルかつ特にシナジーもないので
本当はパニ+カウンター返し、とか四天+D&Cなど、
勝ち筋を絞った構築の方が、個人的にはお勧めである。
特に後に述べるアタックコントロールの算数がしっかり出来る人がこのデッキを使うと、
「カウンターのリスク背負ってまでパニ撃つ理由がないので抜こうぜ」と言うだろう。
このように勝ち筋を決定するスロットの自由度が高いのも、五雷法に通じるものがある。
なのでもちろん、メタトロン入れて有名デッキにするのも、作戦どおり(何?

ラグエルは、とあるトッププレイヤーが
「(エラッタ前の)スクロールと同じくらい強い」という言葉を残している。
流石にスクロールとは強さのベクトルが違うとは言え、
確かに貫通力とバトルスペックを同時に備えた
ブレイクカード最強クラスのスペックを誇っているのは間違いない。
コントロールカード以外での対処は元々困難だったのが
今回のエラッタで苦手としていたコントロールカードが減った為
環境支配率がかなり上がったと言えるだろう。

更にこのデッキの真骨頂は、ラグエルとロャックの親和性の高さにある。
ラグエルに対処できるパワー采配を行うと、
ロャックによるブースト波状攻撃を対処できなくなるのだ。
アクエリ古参が得意とするアタックコントロールを
最も理想的なカタチで実現できるデッキタイプと言えるかもしれない。
この辺は実際に戦ってみないと感覚が掴みにくいかもしれないが、
ラグエルとロャック、その周辺の軽量ブレイクがすべてフルパワー状態という
最終形態が、観艦式によって通常のデッキより2、3ターン早く
出来上がるのを想像してみて欲しい。
正確なアタックコントロールが出来る人相手だと、俺じゃ捌くのは無理だw


ではどうすれば対処できるのか。
観艦式は0コストのプロジェクトである為、
カウンターではそこまで有利交換はできない。
しかも観艦式以外の部分でも強カードがシナジーを持って成立している為、
カード単発での対策などは間に合わないと考えてよい。

やはりデッキレベルで対策を考える必要がありそうだ。

対策その1 パワコン
観艦式を使用したデッキが前環境までそこまで勝ちきれなかった理由が、
ハロウィンナイトの存在である。
観艦式で得たテンポアドヴァンテージをターンごと奪われていたからだ。
最強パワコンカードであるハロウィンナイトが実質なくなった今、
致死速度より前のファクター圏内で撃てるカードで最も有力なのはエクリプス。
ただし、エクリプスも単発では延命処置に過ぎないので
連打するか夏休みなどと組み合わせて完全停止させる必要があるだろう。
一応、レヴィヤタンの嫉妬も、そこからモンスターアイコンブレイクや、
魔人転生との併用など、ハロウィンナイトでは出来なかった小技が可能。
ミューズの森を使用する場合はこのデッキより補給面で優位に立つか
確実に日照りで仕留めないと、悲しい結果が待っていそうだ。

対策その2 全体除去
スクロールエラッタにより、青はこのデッキの速度に追いつくのが困難。
デスルーンよりパニッシュの方が早い。
それだけならエディスが解答と成り得るが、展開力、パワー確保のスピード差や
ロャックのブースト戦術に切り替えされるという問題もあり、やはり厳しい。
どちらかと言うと、赤で反魂からマナシ即パンチや隕石採用による1点全体除去のような
ある程度早いターンに仕掛けることが出来るものが望ましい。
無論構築で回避されるのだが、それでも耐久1のシールドなしを採用しない黒単は
スペックがかなり落ちている。
あと、黒ミラーで先攻取られたりラグエルを先に出された場合は
慌てず騒がず木星軌道からパニッシュ黒を推奨。
その為、ミラー意識なら木星軌道とパニッシュが必須。
バインドで自キャラをある程度残したり
相手がバインドで残したキャラを横取りできる軽量ブレイク選定まで出来れば尚良い。

対策その3 黒対策
主に色としてメタる、ということである。黄を使え、とも言う。
ただし通常の黄単グッドスタッフ系、ラューやエラキスなどでは
そもそもラグエルと戦えなかったりラッキー天使が突破できなかったりと弊害が多い。
先に述べたように、ソニアや張飛といった
ラグエルと対等に戦えるアタッカーを用意する必要がある。
身も蓋もなく黒メタブレイクなど突っ込むのも有り。

対策その4 ラグエルとバトルしない
ラグエルは先に述べたようにとにかくブレイクカード最強クラスのスペック。
バトルで倒すのが困難で、倒そうとすればパーマネントと併用が必要だったり、
四大天使に怯えながらのコンバットトリックなどそれなりにこちらも被害を被る。
除去を撃ってしまうのが手っ取り早いだろう。
もしくはジリアンや娑羯羅を採用して極力バトルしないのも良い。

必殺技 食らえっ アシッドクラウド!
アシッドクラウドをデッキに優先して積んでみよう。
対策その3とその4を同時に実現出来る。
何もラグエル対策だけでなく、パーマネントを積んでいるデッキは、
スクロールハロウィンによるコントロール環境だった以前より確実に増えている。
手札で腐るということは随分減ったのではないだろうか?
、、、まぁ、ここまでメタゲームが認知されている環境で
アシッドクラウドを素直に食らってくれる黒単がいるかどうかは別問題だがw


というわけで、エラッタ後の地元の大会の優勝デッキが
全部黒単観艦式だったのが気になったので対策も兼ねて記事にしてみました。
観艦式って、ホント五雷法より強いと思います、、、

そんな風情。
アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。