甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひみつ☆でっきのネタばらし

相変わらずネットよりは優先したい事項が多いので
どうにも最近更新できてないですね、まったりまったり。

で、今日は先日戯れにレポートした(?)ひみつ☆でっきの
ネタばらしでもやってみようと思います。

1ヶ月くらい前の話題をネタにしているので
もう知ってる方も多いでしょうけど
意図は明確にした方が誤解されるよりいいのかな、と。

以下Q&Aちっくに戯れます。

Q ひみつ☆でっきって結局どんなコンボなの?
A トラロックのアビリティをフランチェスカアルフェッカで重複コピーします。

ダメージ置き場のトラロックのアビリティをアルフェッカのエフェクトで
相手勢力フェイズに5回コピーすると、
相手メインフェイズ開始時に5体のキャラが蒸発する、というものです。

Q それホントに強いの?
A 回れば強いよっ!=安定しないから俺は使わないけどねっ!

成立条件はアクエリのコンボの中では比較的緩めですし、
コンボ成立してしまえばパワーカード1枚で1キャラ焼けるのですから
ハマってしまうと驚異的っぽい強さです。
ただし黄が自発的にダメージ置き場を生成する手段が
かなり弱い点であまり安定しない上、
エフェクト対策、ダメージ置き場対策(ラプンツェル)などで
回避されるという点で現状のメタゲームに適していません。
環境速度的も不安定さが致命傷となり、現時点では劣勢なデッキです。
よって現状のカードプールですと、本戦で使う予定もありません。

でも、これが今後知認知されないままエキスパンションを重ねると、
スーパーサポートカードが意図せず出てきて
ロケランみたいな超デッキとして成立する可能性は大いにあり得るでしょう。

Q なんで話題にしたの?
A Q&Aにてこのコンボ確認の回答を催促する為です。

エフェクト重ねがけでアビリティは重複するのはまず確実なのですが
メインフェイズ開始時の同時処理の方法など
はじめての判例も多いので、Q&Aでの回答がないと
不透明な部分が多すぎます。
よって「こんなコンボがあるよ」という紹介ではなく、
電波なレポートもどきでそれとなく存在をほのめかすだけに留めました。

Q エラッタやQAでこのコンボは潰した方が良いの?
A 面白いコンボだし許容していいんじゃない。

きらたん個人ははアルコルやロケランの時に、
「メタ的に有効なだけでしょ?いいじゃん」と言っています。
サガ2時代は五雷法や3段ブレイクも
楽しいアクエリの範疇だったような人です。
、、、後はわかるな?w

こーゆー事例は私のような廃人抜きで
議論した方がいいんじゃないでしょーかね?w

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

で、ここからは、更に解答編。
以下、ネタがわかってしまえばこんなコンボもギャグにしかならないという一例。
きらたんはジャッジじゃないしルーリング詳しいわけじゃないから
本当はルール解説する権限持ってる人が語った方が無難な内容ではありますが。

Q このコンボはもう死んでるって聞いたんだけど?
A その通りですけど、正確にはQ&A待ちです

現状、メインフェイズ開始時のトラロックアビリティによる捨て札を
複数回同時に処理する手順が明確ではないのですが、
捨て札するキャラを複数体選ぶ際に、「すべて同じキャラを指定する」ことが
可能だという見方があります。
例えば、アルフェッカにトラロックアビリティが5回重複している場合、
メインフェイズ開始時に

生贄のキャラを選ぶ→そのキャラを捨て札、という処理を5回繰り返すのではなく、
生贄のキャラを選ぶ×5→そのキャラを捨て札×5、のように一括処理を行うわけです。
 
この処理法であれば、同一キャラを5回指定して、
実質捨て札するキャラは1体で良いという、ギャグのような対応が可能となります。
はじめにこれに気付いた奴はやっぱ天才だと思うよw

で、一応この処理を行ったときに問題点もあって
トラロックの後半アビリティ「捨て札できなかった場合~(X)ダメージを与える」を
どう処理するのだろうか?、というのもあったりします。

例えばトラロックアビリティ3回重複でアルフェッカのパワーが2枚の状況下。
メイン開始時に同じキャラ(仮にキャラAとしましょう)を3回生贄に選んだとします。
この時の処理は

1回目の処理でキャラA捨て札し、2回目以降の処理では
キャラAを捨て札できなかった為、全体(2)ダメージが2回発生。

となるのか

同時処理でキャラAがまったく同一タイミングで捨て札された為、
(X)ダメージは発生しない

となるのか、現状私のアクエリ知識の範囲では判断できません。
てゆうか同時処理よくわかんないw

特に前者だった場合など、精神攻撃ダメージが「同時に」複数回与えられた場合
どのように判定するかなど、他のややこしい問題も関わってきます。

この辺誰か詳しい人がいたらまとめて教えてくださいw


そんな風情で、ちょっといろいろ疑問が山積みな
トラロック関連のルールでした。

疑問に思ったことはちゃんと解決していった方がいいと思いますけど
みんなちゃんとルールはメールで確認しなきゃ駄目ですよ?w
スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:6 | トラックバック:0 |

サンプルデッキ「白単生徒会」

さてさて。

今夜は気が向いたので、
先日使った白単生徒会長デッキの解説でもしようと思います。
普通のデッキの解説なんで、あんまし期待しないでください。

「白単生徒会」

3 生徒会長“相良香津貴”
2 サイキックプライマル“藤宮真由美”(枚数誤記入訂正済み)
2 フェザーライト“羽生美輝”
2 ピュアブライトネス“一色真純”
4 斎木インダストリー取締役社長“斎木麗奈”
2 チーフメイド“佐々原藍子”(パワー采配にゆとりが出来る人)
2 少女モデル“雛森まゆ”(2点以上の補給を持ち精神攻撃)
4 バイト少女

4 エクリプス
3 グラディエーション

4 CAエンジェル
4 ドジメイド
4 星降学園バンド ドラム担当
2 女子高生ギタリスト
4 ファッションリーダー
2 書記(グラデで回収できる012セプチャ)

4 貴族令嬢
4 バーキープ
4 エンジェルウェイトレス

ネームいっぱい、今回もアクエリアンエイジの王道っぽいデッキです。
一見すると何の変哲もないデッキですが、一応こんなのでも地元じゃメタの中心です。
現環境の白単はいままで足りなかったものすべてを手に入れてしまった感があり、
基本に忠実にすればする程強くなるということをいまから解説しようと思います。

コンセプトは
パイモンはおろかラプンツェルすら越えた最強補給カード、社長“斎木麗奈”で
戦況に応じたブレイクカードを場に出し、
パワーカードを要求する代わりに高い戦闘力を誇る大型で制圧する。
、、、とか書くとかっくいいですね。
きらたんは社長をラプンツェル越えの最強カードと認識しました。
レポにも挙げた通り、場に出た時に好きなもの引っ張ってこれて
チャージ3~当たり前とか、ゼファーだってびっくりです。

いままで白単が弱かったとされるのは、
優秀なコントロールカードに対するカウンターが環境に増えたことよりむしろ、
補給力がメインブレイクに追い付かない、というのが最大の要因でした。

他勢力が1ターン2点以上の補給を叩き出す優秀補給ブレイクを戦力、付加価値として
活用できていたのに対し、白は補給以外の付加価値が小さく
カード選択の優先順位が下がってしまい、それがダイレクトにデッキ性能に関わってきた為です。

上記の問題を解決する為に、
コントロールカードを大量に搭載して他勢力と相対速度を保ったり、
グラディエーションでパワー確保とデッキアクセスを強化したりするのが主流でしたが、
それでも白のメインブレイクがすべからくパワーカードをMAX枚数要求してくるため、
殴る前にタイムラグが発生したり、
タテ挿した為に他勢力のワーカーブレイク(サイキックパティシエや仲居、ナースウィッチ等)を
ケア出来ず場と補給力を削られて、その後メインブレイクを対処されたら負け、など。
白をよく使う方なら何度か経験しているのではないでしょうか。

そんな背景を踏まえて、各カード解説でも読んでくださいな。

○相良香津貴
後ろのボディーガードっぽいのは金髪が副会長で堅物っぽいのが書記?
強力な各種能力付加が自分の支配キャラクターだけだったり
元々超生物な藤宮真由美を地球外生命体にしたりとすごいカードなので、
戦闘力高くて除去耐性有り、ということで
今後の白単ミラーはとりあえずかつての美鈴程度にはこいつの先出しゲーになりそうです。
白ミラーが多そうな環境なら4積み、マグネティックフィールド採用まで有りでしょう。

○藤宮真由美
宇宙最強サイズ。いくら大型化が進んでも
こいつよりコスト対サイズが大きいのは出しちゃいけない気がしますよ。
もうラグエルがいるんでアレですが、世界観はともかく、主にゲーム的に。

○羽生美輝
こいつと真由美が同居して4F4Cブレイクまで入ってるとか、
いままでだったらファンデッキとして片付けられますが、
社長がこんなロマンを可能にしています。
現状カウンターやエフェクト対策が飛び交ってるので
軌道レーザーが環境的には有効な除去カードですが
グラディエーションとシナジーがあるこちらで。
ラュー相手なら後出しでも良いので、5挿しの置物にしてしまうのが良いでしょう。

○一色真純
5枚目以降のエクリプス、、、というか
このデッキに貫通力が皆無なのでブロッカー除去に採用です。
割とフリースロット、、、って、
アクエリでパームをフリースロットと呼べる時代が来るとは思いもしなかったさw
血盟リチュアル強いと思う人は湯上谷、エフェクト怖い人は万条目、
いろいろして遊びたい人は皆川霊夢、普通にパーマネント、などなど。
きらたんはパーム好きなんです。

○社長
個人的に教皇の祭壇最強カードはコレ。
きらたん評価では補給カードがメインブレイクより高得点になります。
無理に2ターン社長するより、
堅実に3ターン目に出して+αのアクションに繋げた方がいいかも。
ミラーが流行るならマグネティックフィールドでもどうぞ。
それを見越してテレパシー系のカードを採用だw

○メイド長
何気にめがねです。
じゃなくて、ここが綾乃じゃないのにはちゃんと理由があります。
最初の解説で述べたように、白のメインブレイクは他勢力と対等に戦うには
パワーカードのタテ挿しを要求します。
ところが白の補給線はその殆どがワーカー持ちで、
他勢力にも優秀なワーカーブレイクが存在する現環境では
パワーカードを空けることができません。
バイト少女のような横取り以外では
戦力的な価値が乏しいカードにもパワーを挿す必要がありますし
エクリプスの返しのターンなどはドローキャラを狩られるリスクも伴います。
つまり、ワーカーに平挿ししていたパワーカード分
メインブレイクへのパワー供給が遅れる点が、白単のネックであったと言えます。
その問題点を解消しているのがこのカードで、
この人にパワーカードを1、2枚挿しておくだけで後のキャラは横挿しの必要なし、
放置してメインブレイクにチャージをすべて回すことができます。
少ないパワー確保量で最大限の効率を図れるという点で、
最近評価が上がっているカードです。
もちろん、CAエンジェルを利用した手札変換も強いですよ。

○グラディエーション
社長で引っ張ってこれないエリアのカードを回収します。
これにより現状の白単はダメージ置き場、捨て札置き場、デッキと
どこからでもメインブレイクをサーチできるようになっている為、
所謂事故と呼べるような事象が殆ど発生しない上、
的確な戦術眼さえあればどんなデッキにも対応できるのが魅力です。


まともに戦うと死角が少ないデッキなので、
初心者から上級者まで使って
ストレスの少ない内容に仕上がってるんじゃないでしょーか。

明るく楽しい生徒会ライフを満喫しましょう。


アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:1 | トラックバック:0 |

久々の夜会レポな風情

今日の戯言「テキストを読めばわかる。強い」
              最近感銘を受けた初心者向けレビュー

今日は久々に夜会レポート2本立て。
実はこの間、大分のジャッジ主催の平日大会「まいな杯」に奇襲をかけたのですが
あまりに構築とプレイングがへちょくて反省したので、夜会で修行してみました。
次回のまいな杯もオフで出場できそうな風情があるので
こんどは正攻法で優勝狙ってやんよw

まず夜会レポ一本目。
使用デッキは教皇環境で最も強化された白単。
先日の「まいな杯」でカントクちゃんが使用して優勝した俺デッキw を
実戦データを踏まえてカードの入れ替えを行ったもの。
気が向けばレシピも晒します。

1回戦 黄単グッドスタッフ系
ウォーリア足回りでフェニックスナイトやエラキスなど採用した
一般的な黄単グッドスタッフ。
たぶん次元迷宮3、アブソリュートヴァニッシュ2、皇帝の威光4、かな?
先攻。
普通に展開ゲーするも、こっちはメイド長で
サイキックパティシエのワーカーブレイクをケアしているのに対して、
相手はワーカーを放置できないので平挿し。
先にタテ挿しのパワー采配で展開的優位を確保できたので
グラディエーションからの真由美と生徒会長で
ダメージ置き場から出てきたフェニックスナイトも気にせず圧殺しました。
勝ち。

2回戦 緑単悪魔
ニーズヘッグデッキと呼んで欲しいなら
ちゃんとサタンの激昂入れた方がいいと思うんだ。
でも穿いてないのはいいよね(何?)
後攻。
パイモン+D&Cのアタックコントロールに苦しめられるも
社長でデッキからサーチしてきたエクリプスで時間を稼いで
グラディエーションでダメージ置き場から真由美を回収、
なんとかサイズ的優位を得ます。
相手は真由美の攻勢に対応しようと平挿しで場を広げたので、
今度は社長で一色真純をシルバーバレットしてパワーを吹き飛ばし
真由美アタックである程度デッキを削ってから、後は対応プレイング。
ニーズヘッグとか出てくるもエクリプスで追撃をかけて
相手はパイモンの処理ができすデッキアウト。
勝ち。

3回戦 ひみつ☆でっき
とても素敵なコンボを搭載したデッキ
先攻。
3ターン目終了時に4ドロー7チャージ羽生フル挿し。
相手は超コンボを搭載した天才系デッキなのだけど、
そんなコンボの片鱗を見ることもなく4ターン目に「はにゅーん」して終了。
社長強すぎるぜwww
勝ち。

社長のおかげで生徒会長と真由美と羽生が並んだり
社長重ねブレイクでパームを回収→一色真純→フル挿し真由美フルスィング、
とか、そんな馬鹿みたいにパワーカード消費するアクションが
いとも簡単に実現できるのがすごいデッキでした。
社長4積み以外考えられません。ラプンツェルの点数越えたかもしらんね。
あと生徒会長も白ミラーだとかつての赤ミラーの美鈴並に先出しがゲームを決めます。


そして夜会レポ2本目
使用デッキは先程の3戦目で対戦したひみつ☆でっき。
先週、めがねんさんに教えて貰ったコンボなので詳細はここでは伏せておきます。
更新情報に期待してください(?)

1戦目 白単グラデ
先ほど使った白単と2、3枚しか構成が変わりませんが、、、
先攻。
こちらが先攻なのに加えて
相手が速攻社長でアクションしてきたわけではないので、
こちらもコンボの核を引かなかったけれど
テキトーにカウンターしたりアタックコントロールして普通に殴り勝ちました。
勝ち。
その後フリーでもう一戦やったら必殺コンボが炸裂して、相手の場が更地になりました。
勝ち。

2戦目 トラロックダキニ
新弾で大人気のトラロックたんの眼鏡デッキ(←?)
後攻。
俺とっ! お前のっ! 友情コンボだっ!!
という素敵な状況が発生したので、相手の場が更地になりました。
勝ち。

3戦目 観艦式重力レール
以前ここの戯言帖記事で黒単見て、狛獅子入れずソニアに完敗した人は
メタゲームでデッキ選択するのは向いてない、かも。
後攻。
デッキ構成的に苦手な相手です。
観艦式であっという間に致死量の展開差をつけられますが、
重力レールを必死でカウンターして被ダメージを9に抑えます。
返しのターンに必殺コンボを炸裂させますが、
完全停止させるに至らず。それ必殺じゃないじゃん。
一応、2枚目の重力レールを引かれなければ勝てるパワー采配を行って
実際引かれなかったので、なんとか次のターンに相手の場が更地になりました。
勝ち。

こっちはレポでもなんでもないけど
そんな華麗なる3戦4勝。え○ますあたりは3戦5勝当たり前なので更に上を目指します。

あと、件のコンボがQ&Aで対応されないのはきっと「調整中」だからと推測してます。
ちなみに「調整中」とは「大人の事情」を指す便利なカードゲーム用語。
去年のアルコルみたいなBTも俺は嫌いじゃないけどw

まぁきらたんが面白いと思ったものは
一般的なアクエリプレイヤー的に面白くないの範疇なんじゃないですかね?
いままでの傾向的に。

そんな風情。

アクエリ(雑感その他) | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。