甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冥約の少女カードレビュー ~黄~

いやはや、BTも終了しましたね。

今年も開催期間中に発掘されたデッキなんかもちゃんとあって
しっかりメタゲームも適正に
雪乃レイチェル→ミコト→塔2段→茨の枷→(緑ガンメタ)→カウンターと
綺麗に回ったようでめでたしめでたし。

特にmei.A 大先生(この呼称は彼が自称村人である限り続きます)とか
中四国と中部で2地区制覇で九州と近畿でも1敗ラインキープとか、
ちょっとばっかしチートな強さに感動。
普段から熱心にやってる努力家さんなので、こういう人が勝つのは嬉しいです。

なにより彼が中部で使用してた赤単は私が九州の1週間前まで
ずっと調整し続けて使う予定だったデッキだったのですけど、

きら「スタン調和環境は最終的に赤単が一番死角なくて最強なんだって!」
ヒデ「レイチェルいるのにそれはねーよw」
きら「でもレイチェルを出された後に一番なんとかできる勢力は赤じゃん!」
mei.A「だからといってわざわざそのチョイスするのはマゾくね?www」

とか言われ続け、確かに九州ではメタゲームの進行速度的に時期尚早だと判断したので、
結局本番3日前に茨の枷耐性が比較的に高く塔多段速度を抑える枷メディアに
しぶしぶデッキを切り替た経緯がありました。

、、、そんなメタゲームの話は近畿と中部が残ってたからお口チャックでしたが、
別に運ゲーぶっぱがしたくて枷メディアを選択したわけじゃないですよ。

ついでに近畿ではイングリット占拠という
九州でスナフキン野朗がチョイスしたデッキを受け継いで善戦したようですし
そんなmei.A 大先生がきっちり結果を出してくれたのは、
個人的にたいへん喜ばしいわけです。

残るはサバトですが、冥約環境、誰がどんなチームで勝つのか大変楽しみですね。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

さて、では賞味期限切れカードレビュー。
のんびりまったり、次は黄やりますよ~。

●エストリー
ゴーストとヴァンパイアの▼031セプチャ。
いつでも支配出来るセプチャが勢力放置出来るサイズなのは強いので
この両分類を採用してる緑デッキなどで、環境の仮想敵にミラーやゴースト絡みが
予測されないならば採用が検討されますが、、、、
すいません、しばらく(ずっと?)無理ですね。

●スパイクウルフ
ワーウルフ♂と鬼♂の003シールドチャージ。
黄色はこのカードなしでもキャラの生存能力はそれなりに高いので
黒や青程このサイクルに有難みはない感じ。

●密林の野生児
ウォリアーとモンスター持ちのバインドシンクロチャージ。
乳首が隠れてるのか単純に描かれてないのかよくわからない薄着のおねーさん。
リルナティルパルパとウォリアーアイコンの繋ぎになったりするので
塔多段大好きな諸兄は検討してあげて。

●剣竜乗り
ウォリアーとドラグーンの小型キャラシールドチャージ。
雪乃ばーちゃんのせいでしばらく精神力1キャラは人権がなかったけれど
凍りつかない世界ならきっと人権はあります(コピペじゃないもん)
ゼファーとウォリアーアイコンの繋ぎになるけれど、
よく考えたらゼファーは雪乃と同じ世界の住人さんなので未来に生きてるかもしれません。

●原理主義司祭
ミスティックとスカラーの大型シールドチャージ。
普通に黄で使っても良いのですが、青の2大主力アイコンでもあるので
青キャラのブレイク素体の生存力の低さに未来が見えない諸兄は
採用を検討してあげるとつよわいかも?
スリットがセクシーだけど別に俺ふとももフェチじゃないからお尻撫で回しt(以下検閲削除

●氷使い
スキャナー♂とタレント♂の大型シールドチャージ。
むしろイケメン放置プレイって難易度高いですね、ミコト的な意味で。

●バードファイター
タレントとウォリアーの小型ECBキャラ。
実は黄色では結構貴重な♀タレントなのですが、
耐久1のシールドなしなのでタレントアイコンが欲しい要件は満たしていない系。
但しおっぱいとお尻が両方高いクオリティで楽しめる優良カード。

●バーキープ
再録枠のドロー、あ、黒でサイボーグメイドやり損ねちゃった。テヘ。
コモンで手に入り易いですしドローキャラとか何枚あっても困らないのでまぁ。

●ハンタードッグ
ワーウルフ♂のドローキャラ。
スカしたポーズまで決めた冥約のどや顔大将その2。

●食人植物
モンスターとヴァンパイアで支配時ハンデス効果。
この手のサイクルを“クローディア・ルージュ”なんかでファストタイミング支配して
バインド代替コストとしてぽいぽい捨てていくとそれっぽいデッキの出来上がり~?
ご丁寧にヴァンパイアアイコンもついてるのでわかりやすいですね。

●アサシンウルフ
ワーウルフとアンデットでバトル相手のレジストのスキルを消すシンクロ。
レジストで詰むとかそもそもデッキとしてどうかと思いますが、
1枚積んどけば困った状況を回避することもあるので安心?
イラストレーター違うんですけど、“ムリフェイン”のキャラクター版っぽく見えます。

●サルーンウォリアー
ウォリアーとウォリアー♂とアンデット持ちのシールドチャージ222。
ケツに気合が入ってる1枚なのはさておき、
買い物ウォリアー1000円買取2000円販売とかやりたいんですけど、どうかな。

●ゾンビJK
アンデットの1F0Cドロー軽量。
K(くうき)Y(よめない)とJ(ぢょし)K(こーせー)を
間違えて使用しちゃらめぇ、というめ○ねんさん語録を思い出させる一枚。

●狐人
ワーウルフ♂とスキャナー♂の1F0Cドロー軽量。
“ク・ホリン”デッキを冥約限定構築とかするなら必要かもですが、
まっとうに構築戦で使うことを考えたらさすがに未来に生きてる感じ?

●使霊
ゴーストとモンスターの1F1Cプレイヤーアンタッチャプルチャージ。
黄色は黒や緑に比べ、盤面を固めるよりも
プレイヤーを直接狙ったりして軸をずらす方がどちらかというと得意ですが、
別に盤面固める黄デッキがそんなに弱いわけでもないですし
そんなことよりパンダかわゆいので採用を検討するといいかもしれません。

●絵画貴族
ゴーストとタレントのダメージ置き場から使用可能な1F1Cドロー軽量。
元々ダメージ置き場の生成、利用には長けた勢力なので
黄色はこのサイクルが一回り強いはずなのですが
いざ使ってみると意外にアイコンの難易度が高い一枚。
後攻メイドと合わせてコスプレ売り子最強伝説?

●黒薔薇天使
アンデットとイレイザーのダメージ回収機能付チャージブレイク。 
黄色のダメージはすべてリソースと言い張りたいなら即採用?
構築戦でもチャンスのあるサイクルだけに
ブードラでは自分がやってる色のものは根性ピックしときましょう。

●伏龍“諸葛孔明”
期待の万能エフェクター。
1コストエフェクトは自キャラを除去から守るだけでなく
相手のコンバットトリックも封じる優れもの。
しかも茨の枷などプレイヤー対象のカードまでケア。
まさに万能いきなり天才!?
2コストエフェクトは孔明の罠っぽくブレイクなんでもファストタイミング。
ジャーンジャーンジャーンッ ふみゅ~、って登場するジョカ様がラブリー!
3コストエフェクトは誰でも1ターンバトル無敵。
セプト持ちで受けてよし、アタッカーでフルスィングしてもよし、
1回ポッキリの折り紙なぞとは一線を画してます。
4コストエフェクトは天下三分の計っぽいですけど使わなくても勝てるんじゃ?

きっちりエフェクトを使えるだけの補給と環境に適したアタッカーを用意できれば
どんな相手でも勝てるスーパーサポートですね。
胸元もセクシーなので使ってみてね! みたいな。

●ペイン・ストライク“ムリフェイン”
変則サイズのとにかく死なない2段ブレイク1段目。
てゆうか2段目がサーチ持ちで1段目が自身リアニメイトとか
自己完結っぷりが半端ないですね。

設定的にはヴル○ァリンさんっぽいけど、
X-ME○とかあまり詳しくないので知りません。
ゲーム版でなにこのバタ臭い変態コスプレ親父とか思ってたら、
実写映画版のイケメン俳優さんとのギャップがまじゃぱにゃかった記憶しか。

●デス・ストライク“ムリフェイン”
出して返しのターンには大抵除去されないので
ちょっぴり貫通能力追加すればフルスィング楽勝! みたいな。
バインドと違ってパワーカードを消費しないので
実際相手にすると緑サイズなのに攻撃回数が多く感じるかも?
ダークネスバインドとか欲しくなるかもしれません。
今段主流のアンデットアイコンもあることですし
最近の多段ブレイクは簡単でいいですね。

●魔人転生“天草四郎時貞”
デュアルで復活した天草さん。
なにせサガ2時代のアルティメットで通用したブレイクが弱いわけがない。
青側からアタックが通ればこっちにデュアル、というのが一般的な用法っぽいですが
コープスダンスで不死化した人たちを投げ続けたり、
家ドラゴンで支配キャラ全員ブレイクスルーの攻撃力+Xしたりと
しっかりデッキを組めば黄色メインで運用した方が楽しめそうです。

青の「救世転生」って天草四郎が決死の篭城したときに
私達は死んでも来世でまた救世の為に悪と戦う仲間として転生するのだー
っていうお話だったと思うのですが、
それを踏まえてフレーバーとテキストを読むと、なかなか良い感じの中ボスキャラ。

●九柱神“ネフティス”
スタンダードの問題児? ゼファーのきっとバランス調整版。
シールドを持った大型補給で強化されているアンデットアイコン持ちなことから
孔明やムリフェインなど、補給さえあれば超絶能力の
今回追加されたブレイクと相性が良いです。
また次元の檻やベルセルク・イクイップメントでダメージ枚数を調節すれば
そのまま強力なアタッカ-になるのも魅力的です。
冥約の黄カードとシナジーの塊のようなカードなので
しっかりデッキを組んでおきたいですね。

●魔槍の騎士“ク・ホリン”
5F5Cの超戦士。超サイズでキャラ目標にアタック可能な戦闘狂?
ゲイボルグの人だけど能力だけ見たらバー○ーカーっぽい。
一応キャラ目標のペネトレイトは貫通ダメージが目標のキャラに与えられますよ、と
初心者さん向けに。

エフェクトで同ネームブレイクが腐らないのは良いですが、
5F5Cと4F4Cをもっさりデッキに積むことを考えると、
充分な加速ができる軽量ブレイク枚数と
インペリアルオーダーや買い物ウォリアーでのBCBが必須かと。
コスト相応の強さを求めたら、これ専用にデッキを組む必要がありそうですね。

●カースドウォリアー“アルベルタ・クヤム”
呪われた装備品を使いこなすおねーちゃん。
リムーブ踏み倒しなどの能力が私の中のちゅーにびょーを刺激するデザインなのと
くい込む鎧やガーターは外側というこだわりのゑろさなど相まって、
冥約で真っ先に遊んでみたカード。
、、、理由がどうかと思いますが。
このカードをメインで組んだら白の釘バットや緑のリムーブパーマネントが主になって
4F4Cを出してからアレコレするもっさりデッキになったので
こんどはきっちり同色のベルセルク・イクイップメントをセットするデッキにしたら
結局貫通能力が次元破斬など他カードになってしまうので
このカードのスロットを他の貫通力や安定装置カードに回した方が強いよね的なデッキに。
まぁ、強いこと書いてるし今でも普通には強いし
なによりゑろカッコイイので未来に超期待大なブレイクです。

●クリスタルスカル
セットしたら3ドロー、外れちゃったら1枚手札破棄。
基本的には1Cで3ドローしてるのでそうそう弱い理由はなく。
コフィンテキストで戻した3枚をそのメインフェイズ中に使用したいギミックがあったりすればどうぞ。

●家ドラゴン
キャラが死んだら別キャラにセットできる装備品シリーズ。
ブレイクスルーとチャージはヨコでビートするデッキにとっては嬉しい1枚ですね。
ジャンヌキャラビートや魔人天草アンデットビートなど相性の良いデッキもたくさん。

●ベルセルク・イクイップメント
ダメージ置き場依存の超サイズと、アクエリの割と禁断領域である
アタックコストの踏み倒しができる超級パーマネント。
ダメージ置き場を自発的に増やすので、次元破斬や皇帝の威光、
ダメージ置き場に触るブレイクなどシナジーカードも多くすごいカードですが
ファクターコストはきっちり相応に要求してきますし、
別にこのカードに貫通能力がついてるわけでもないのでちゃんと専用構築が必要です。
ファクターコストに対して単品での性能は抑えて調整されてる代わりに
コンボ、シナジーを組み込むと強くなる最近のカードの典型例?

●電撃魔法
ついでにジャスティス☆ハートなんかも焼ける(?)対抗色除去。
黒相手でも軽量補給潰しは大抵ギロチンで事足りますし
このアイコンを狙いたいなら流石にアシッドクラウドの方が有効でしょうね。
オファニエルやザラキエルにザラっとした感情を抱くようになったら
採用を検討してみるといいかもしれません。

●フェニックスの尾
レイナポラリス、ソフィーPDなどなど多段+専用カードのデッキの補助に。
こんど愚者でエラキスなんかも擬似多段になるようなのでデュアルスラッシュと一緒に?

最近は後攻引き直しとサーチによる必要カードの直接チューターとデッキ圧縮で
デッキに4積みのカードを引けないで負けるゲームとかほぼなくなりつつあるので、
ネーム専用デッキとかも侮れないところがあります。

●ギロチン
単純明快問答無用のノンネーム焼き。ファラオの呪い調整版?
アクエリでは補給のないネームのアタッカーなどタテを焼くのは除去ですが
補給持やファクター、パワーカードといったヨコを潰す焼きは
他TCGにおけるランデスとほぼ同義です。
トップレアの一角かと思ってたらそうでもなくてびっくり。
でもこれに値段付けてるショップ店員さんとかって
ファラオ死の印時代を生きてた人も多いってことを考えると、
ちょっと納得できるかもしれません。

●コフィンテキスト
捨て札置き場のカードを3枚デッキトップに。
相手メインフェイズ終了時に使用できるファストというのが凶悪。
アイスウォールやギロチンを相手の心が折れるまで撃ち続ける
純正のロックデッキを楽しみたい方はどうぞ。

●次元の檻
ハイパー折鶴。
最近の環境だとメインブレイクに除去耐性が基本装備すぎて
除去よりコストロックの方が有効な状況が多いですし
コストダメージもシナジーするカードが多すぎて困っちゃうのが黄色。
ブレイクスルーと合わせて簡単エンドカードになったりします。
ゼファーで殴るだけでいいスタンとか速度がやばいと思うのですが、、、
強さがあまりにわかり易いので個人的にはトップレア間違いなし!!
、、、だったのですがそうでもないようなので、さっさと4枚集めました。

●炮烙
攻撃的キネティックウォール?
コフィンテキストで使いまわしてずっと引き篭もったりもできますが、
そもそももっと前向きなものを使いまわしたほうが強いのであくまで緊急回避。
コープスダンスなどで思いっきり無効化されても泣かないこと。
次元の檻が防御用法でも強すぎるので単体運用ならそっちで良いのですが
素敵なコンボや焼き猫可愛いにゃー、という天啓を受けた人はこっち使うといいのでは。


そんな風情で黄色でした~。
全体的に強いですし、黄色らしいシナジー形成カードが多いので、
今後の環境に影響を与えていくかと思います。
0からデッキを考えていくのが面白い勢力なので、いろいろ模索してみたいですね。

スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |

冥約の少女カードレビュー ~黒~

今日の戯言「のの○きゅん×いぬ○さんってどう考えてもリバだと思いますぅ~」
           俺は勝った人を前に持ってきただけなのにみんなに言われた

巷じゃあんぐるーどっぽい愚者のカードや
その辺のトッププレイヤー(?)を遥かに凌ぐクオリティのオフィシャルブログ、
えびちゃんのBT環境考察とか、新しい話題に事欠かない昨今のアクエリ事情ですが、
ここではいつものマイペース。時代遅れは美徳!

というわけで、きらたんの冥約の少女カードレビュー
【今更だけど】はっじめるよ~。

この時期になると実戦系のレビューならいくらでもありますし、
変態ちっくな面白レビューは水無月隼さんのところが最高にクールなので
凡庸なきらレビューとか要らないんじゃね? とか思いましたが、
よくよく考えたらCCとか思いっきりこの環境がメインっぽいので
自分の為にも考察はしとく必要があるかな~、と。

なんにしろちょっと出遅れたレビューですので
共通サイクル考察はなしでいきましょう。
これしちゃうと全カードレビューせずに「共通サイクル参照」で済ましそうですし。

そんな言い訳いっぱいしたところで。
頑張っていきましょ~。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


今回は黒→黄→緑→・・・の順番で。
緑辺りで心が折れないといいなっ!!

まず黒やりますよ~。

●エネルギー体天使
ゴーストとイレイザーの▼031セプチャ。
いつでも支配出来るセプチャが勢力放置出来るサイズなのは強いのですが
勢力放置なら黒キャラは困っておらず、要求されるのはどちらかというと
シールド等アンチャッチャプルによる安定ファクター。
横取りされるリスクも高く残念。

●トカゲヘッド
ドラグーン♂とモンスター♂の003シールドチャージ。
どんなデッキ、環境でも無条件採用などは有り得ないスペックですが
ロッソやライホルドなどを相手にしても
安定ファクターとして期待できる要件は満たしているので
序盤のダメージ除去や▼除去が辛い環境になったら出番です。

●ワクチンプログラム
マシンとワーカー持ちのバインドシンクロチャージ。
ブードラではとりあえずピックしておきたい安心と信頼のバインドシンクロ。
ワーカーがお茶目すぎて構築では採用に躊躇します。

●戦場リポーターボーグ
タレントとサイボーグの小型キャラシールドチャージ。
雪乃ばーちゃんのせいでしばらく精神力1キャラは人権がなかったけれど
凍りつかない世界ならちゃんと人権はあります。
フェッチやサーチキャラと併用してデッキに1枚だけ仕込んでおくと
シールドのある素体キャラとして運用できてかつ
変なタイミングで勢力に出てきて相手に横取りされることも減って安心。
、、、という杯キャラ構築ノウハウ?

●ステルスファイター
ウォリアーとゴーストの大型シールドチャージ。
攻撃力3の▼シールドチャージは勢力放置にとっても便利なので、
別に黒デッキじゃなくてもアイコンが合ってたら
採用を検討してもいいんじゃないでしょーか。
イラストは別に服だけステルスとかそういうわけではないのでどうでも(ぁ

●モノアイボーグ
トライ♂とサイボーグ♂の大型シールドチャージ。
安牌の勢力放置要員。むさ苦しい野朗なんかアシッドクラウドでもげてしまえ(酷っ!

●鼠算クローン
クリーチャーとモンスターの小型ECBキャラ。
しっぽの生えてる位置がとてもアレなのですが
このねずみっ娘ちゃんたちのぱんつ(?)の構造が気になって夜も眠れません。

●スペースポストマンラビット
モンスター♂のドローキャラ。
ドローキャラの中でもトップクラスに勢力放置が安心できるアイコンです。
間違ってうさみみ急便でブレイクしてしまわないように。
というか、♂に見えないんですよ。極星の後攻貧乳メイドよりおっぱい大きいし。
これがショタきゅん?

●電波アンドロイド
アンドロイドとスキャナーで支配時ハンデス効果。
単体で見ればチャージもないし、
捨てるカードは自分で選べるのでウザ弱いのですが、
ピンポイントでしっかりハンドを落とされたり専用構築されると
とたんにウザ強くなるサイクル。
このキャラはせっかく腋が見えてるのにあんましゑろくないのが残念。

●撲天使
イレイザーとアンデットでバトル相手のスキルすべてを消すシンクロ。
チャージはないけどフェッチやサーチキャラで1積み余裕ですね。
かりょうびんがや天音アイの天敵、水樹鏡花を突破できるようになるので
ビート系のデッキの復権が期待できそうです。
ということでこの釘バットは水樹鏡花の血を吸ってるに違いない(ぇ

●ロストトライ
トライとトライ♂とアンデット持ちのシールドチャージ222。
3分類持っててシールドチャージ222は画期的なスペックですが、
黒に限れば231シールドキャラがとても強いので採用圏外?
アイコンで困ったときは検討してみたい。

●デンジャー・エンジェル
イレイザーの1F0Cドロー軽量。
いままでいそうでいなかったイレイザー待望の0コストキャラ。
対戦相手が確定で0コスト上昇を1ターン目にセットする環境でもない限り
もう少し0コストカード使って良いんじゃないでしょーか。

●プリズナートライ
モンスター♂とトライ♂の1F0Cドロー軽量。
キャパシティ-1がついてる代わりに1F0Cで2分類。
デッキを考える際に便利なカードではあります。
しかしスペースポストマンラビットきゅんをこのカードブレイクすると
ちょっとやさぐれすぎというか、、、

●バーゲン天使
イレイザーとゴーストの1F1Cプレイヤーアンタッチャプルチャージ。
オファニエルなどのイレイザービートは盤面はレイチェルを凌ぐ程磐石にできる反面、
相手のコントロールに屈し易いので、プレイヤーへの本体火力や茨の枷など
盤面外の軸で攻めてくるカードをこのカードでシャットアウトできる意味は
大きいのではないでしょうか?

●デジタルビースト
ゴーストとモンスターのダメージ置き場から使用可能な1F1Cドロー軽量。
序盤の▼放置をより加速させるともすれば危険なサイクルですが
チャージじゃないからいっか、くらいの評価です。
後攻よりも先攻で旨みが出やすいハズなので
後攻ゲーに飽きた諸兄はこのカードで先攻デッキを組んでみたり
先攻後攻どっちでも対応できるデッキを組んでみたりするといい感じ?

●トループロイド
アンドロイドとアンデットのダメージ回収機能付チャージブレイク。 
0Cのチャージブレイクとして使用出来、ダメージ置き場のカードを回収できる
一粒で2度美味しいアンデットカード群。
このカードを捨て札、なのでブレイク元になった素体キャラは場に残ります。
どの色でもダメージ置き場に触れるようになったのは画期的だと思いますので、
スロットを探す場合は軽量ブレイクとして見るより
ダメージ置き場回収カードとして見るのが正しいのかな?

●スクレイバー“ユーフォルビア”
自分の支配キャラがやられたら1ドロー、ネームがやられたら同ネームチューター。
ヨコ面アタックのプレッシャーを格段に上げるナイスサポートですね。
こないだブードラやったらこれと宇宙の魂でワラワラされて普通に撲殺されました。
構築戦でもワーカー含む3分類なので採用し易いですし、
見た目よりはしっかり仕事する手合いのカードだと思います。

●キリング・ファクター“アル・ゲルド”
CIP除去を持った353ペネトレイトが2F2C、、、だと?
単体でよくわからない強さですが最近はこんな前しか向いてないカードは
そうそう評価の対象にはならないようです。

「だって生存能力がないんだもん」

すごいな、アクエリ。

●デス・ファクター“アル・ゲルド”
冥約の素敵などや顔大将!
ガード不能や!どや! みたいなフレーバー通り、
バインドのない弱者は瞬殺するスーパー2段ブレイク。
CIP除去とブロッカー即殺エフェクト持ち。
似たような能力を持ってるネオロイド“オスト・アインス”が
1段464でもエフェクトが2だったらまったく使われなかったので
2段ブレイクだしもうちょっとはっちゃけてみようかな、みたいな。
ペネトレイトがあるのでエフェクトが蛇足に見えてしまうあたり怖いですが
ここまですごいコストパフォーマンスだと
バトルでの生存能力が前を向いてると解釈できます。

それにしてもこれ、格ゲーか何かのキャラが元ネタでしょうか?

●死天使“ザラキエル”
禁断のCIP除去をデュアルじゃなく単体で持ってきた文字通り死の天使。
メインビジュアル張れるくらい綺麗なイラストだと思いましたですます。
イレイザー以外のアイコンならそうでもないと思うのですが、
種族的には最強クラスの分類アイコンでサポートカードも豊富、
人造天使“code~”や各種BCBでコストを踏み倒して出せるので
実際にエクストリーム辺りでよく訓練されたザラキエルデッキと対戦してると

「黒とか雪乃にハメ殺されてればよかったのに」

、、、みたいな気分になってくるかもしれません。
問答無用の強カードですね。
ところで空気読めないザラキ屋さんもデ○ピサ○第二形態には効くって知ってました?

●ザ・ターミネイター“Type-X the END alteration”
ニーズがあるんだかないんだかよくわからない4F4Cの脳筋。
出してパワー挿してターンが返ってくれば勝ちなのでわかり易いですね。
ブードラなんかでは問答無用のキラーカードです。
ヒャーッハッハッハ、なんて世紀末なフレーバーがイカしてます。

白のガーディアンと対になってるようですが、
ひょっとしてこいつターミネーターT1000で白はシュワちゃん?
よくイラストとフレーバーを見比べるとそんな気がしてきました。

●冥天使“アズラエル”
きっとこの人リンナやザラキエルと違う時代に生まれたらチヤホヤされたでしょうに。
エフェクトも普通に強いですし、ファクターの伸ばし易い黒では
5Fはそこまでネックにはなりませんので3Cは使い勝手が良いでしょう。
リンナがデメリット付で使い勝手が悪いな、と感じる諸兄はどうぞ。

それにしても今回の野朗はスカしたイケメンさんばかりで
渋いオジサンがいませんね。ニーズないのかな?
いや、別にオジサンを希望してるわけではないですけど。

●スクラップ・ジャイアント“ヘカトンケイル・ユニット”
ヘカトンケイルは100本の腕を持つそうなのでパーマネント+100?
アームユニット100枚貼って最終兵器! みたいな。
アクエリの原作再現率の高さを表す1枚。(違います)
場に出すだけで5~6枚のアームユニットがセットできるから
2桁ペネトレイト強いよ巨大艦隊1ショットサイコー、とか思ってましたけど
支配キャラクターを同時に何体捨て札しようが1枚だけじゃない?
って偉い人に言われて何回かテキストを読んだらそんな気がしてきました。
よくわからないのでぷちを先生投げといて。

●自爆プログラム
パーマネント版カースリチュアルっぽいなにか。
プレイヤーを狙えない代わりにエフェクトタイミングでキャラを焼けるので
軽量ブレイクにセットしておけばそこそこの抑止力。

大昔のメカ制服の逆転裁定をよく覚えてなくて、
メアリーピュアでバインドしながら火力ばら撒けるんじゃないかと思いましたが
そんなことはないので悪いことはできないはず。
まっとうにガダモンでも投げちゃいましょう。

●宇宙の魂
キャラが死んだら別キャラにセットできる装備品シリーズ。
移動することが可能という新しいアクエリ語?
ヨコ面ビートの際には全体の攻撃力が+1になってる気がしますが、
あくまで気がするだけなので普通に対処されてもしょんぼりしない。
むしろブードラで031セプチャにセットしたときの安定感が素敵。

どうでもいいけどアクエリならこの手のカードで頭蓋骨締めてみても
そんなにぶっ壊れにはならない気がする最近のミ○ディンの傷跡?
や、そんな冒険はしなくていいんですが。

●ヴェノムスーツ
ブレイク素体キャラのスキル全てを得て攻撃力も上がる前向きパーマネント。
貫通能力持ちにバインド1やシールドなどキャラ特性の生存能力を
気軽に追加できますが、3F3Cとそれなりの要求はされるので
せっかくこのカードを使うならコスト踏み倒したりしたいかも。

●都市機能マヒ
ついでにアシュレイなんかも焼ける対抗色除去。
最近はメインブレイクにはバインドなど何らかの除去耐性があることが多いので
せっかく採用するならクラス占拠など併用して
ヨコの補給を確実かつ迅速に潰していきたいところ。
どうせメタを貼るなら徹底的に。

●冷凍刑
パワー0のキャラをダメージに。
どちらかというと他勢力のパワコンなどとコンボしたくなるテキストですが、
黒単のビートなどでヨコのアタック時にセプチャ1体焼くだけでも全然違ってきます。
最後の1点をこれで入れるとサイコーにクール。

●怪獣復活
それなりに強いことが書いてますが今回のネタレア担当?
一番上のテキストだけだと青で2F0Cで出来ることなので
文字通り宇宙怪獣を呼び出したり、巨大艦隊を呼び出したりできる
デッキ30枚以下からがショータイム。
でも15枚以下はあまり期待してはいけない。
圧縮も面白いんじゃないでしょうか?

●クラッキング
キャントリップドロー付の手札3枚入れ替え。
他ゲームならトップレア間違いなしのテキストですがアクエリなのでアンコモン?
普通に自分の手札入れ替えで使ってもそれなりに便利ですし、
相手の手札を狙えるのを応用して
ザドキエルで3枚ハンデスとか狙ってみるのも面白いかもしれません。

●宇宙墓場
ダメージ置き場に干渉するテキスト2つ
普通にダメージ回復にもなりますし下テキストは相手ダメージ置き場にある
フェッチパーマネントを勢力フェイズ中に捨て札したりと
そこそこ強いタイミングはあるのですが、いかんせん地味すぎ?
使い勝手は良いはずなので黒が絡むコンボデッキなど発掘されると
評価されるかもしれません。
、、、やっぱりガダモン?

●エンジェルインパクト
なにこれパニッシュメント3?
10コストとかオファニエルやかりょうびんが展開すれば余裕ですし
ご丁寧にコスト軽減までできますので、ファストカードであることを加味すると
パニッシュより遥かに使用し易いカードだと思います。
ミカエルで10点は流石にオーバーキルな気もしますが、
狙う価値はあるんじゃないでしょうか。
黒の新しいエンドパターンとして定着しそうですね。


そんな風情で黒でした~。
イレイザーアイコンが足回りからして(元々強かったのに)強化されてますから
ザラキエルやエンジェルインパクトは今後はエンドカードとして活躍しそうです。
イロモノもガダモンや巨大艦隊系のパーツがしっかり増えてますので、
ちゃんと組んであげればうっかりガチデッキになるかも?
アクエリ(雑感その他) | コメント:2 | トラックバック:0 |

九州BTれぽぽ

さて、ようやく落ち着いたので九州BTの簡易レポをお届けです。

今回は真面目なレポがお店のブログに掲載予定なのですが、
ここは戯言帖なので文字通り戯れてみたいと思います。
、、、というかこっちが原文なんですが。

当日予選。

1回戦 明音鈴構築済み×小石川デッキ
対戦相手の方は7月に開催された体験会でアクエリをはじめて、
今回大会に初参加という方でした。
後攻。
後攻有利カードが初手になかったので引き直しを行ったところ、
こんどはキャラクターカードが楽士1枚になるダメダメなスタート。
いきなり冷や汗ものでした。
後ろでえびちゃんやスナフキン野朗がニヤニヤしながら見物しています。
相手は普通に1ターン目から動いていますので楽士を勢力エリアに放置してのエンド。
ただこちらも2ターン目にはちゃんとグラビアメイドの素体キャラにアクセスできたものの、
パフォーマーだったのでキネシューを握られていたら詰んでいたという。
しかし通ったので後は理容実習生などを横取りから展開して
一色真純など初心者殺しなえげつない動きになってしまいつつも
「いや~、引きが良かったですよ」などとさわやかにサクっと殴って終了。
勝ち。

2回戦 黒単スノウデッキ
先ほど1回戦で対戦した方のお友達で、やはり大会参加は初ということでした。
後攻。
引き直しをしましたが後攻カードはなく、
相手は2ターン目に軽量ブレイクからジャマー・アンドロイドにブレイク。
ちなみに私は1ターン目に少年ラッパーとパフォーマー支配のスタートしてるので
手札補充手段がいきなりロックされてしまったわけですが、
まぁいつものことですので慌てず騒がずキャラだけ戻して対処。
相手の展開もゆっくりになったことから
こちらもBCBで他パーツを回収しながらエンジェリック・アイドル“ミコト”に繋げて
バインド1のスキルでバトルの相打ちを回避しつつ殴りきりました。
勝ち。

と、ここで当日予選終了。2勝ですので他の全勝者共々決勝進出です。

九州ブロックとか毎年見知った顔ぶれではあるのですが、
今年は併設されていた初心者講習会も盛況でしたし、
この予選でも大会参加が初という方が結構いらっしゃいました。
新規のプレイヤーさんがこうして大会参加してくれるのは嬉しいですね。




ではいよいよ本戦。

別府っぽい(?)温泉ステラのTシャツに甚平という
いつもの戦闘スタイル(要約すると痛いコスプレ)に着替えて参戦。

使用デッキの解説は先日の日記参照。
実は地元の身内メンバーにも殆ど公開していなかったひみつ☆デッキでしたとさ。

1回戦 ぽちレイチェル(ぽっちぇる?)デッキ
対戦相手は福岡のらっきぃすたぁさん。
オフィシャルユーザーブログなども運営されている方ですね。
あと、この1回戦では「にゃーさん×ノームさん」という
過去のチャンピオンカーニバル上位者同士の素敵なマッチングが行われていました。
楽しそうだな混ぜてくれw
後攻。
相手は先攻から小悪魔ウェイトレスにパワーを1枚だけセットして放置エンドし、
2ターン目にキャラ2体を呼び出してクリムゾンメイドブレイク。
ドローキャラとトラップデビルを支配するなかなか強い展開。
相手方のメインフェイズ、トラップデビルのECBにパイモンが戻りそうになったので
悪夢の騎士で妨害するも、そのターンしっかり素引きされてて出てくるパイモン。
はい、強いですね。
その攻防の返しのターンにメディアとアシッドクラウドのコンボが揃ったので発動。
相手の場のパイモン以外の緑キャラをすべて捨て札し優位に立ちます。
その後雪乃やパフォーマー、003セプチャなど出され少々面倒な場になり
相手はこちらのアタックに対するガード順番など適切だったのでいろいろ大変でしたが
2枚目のアシッドクラウドとデッキ差を詰めるプレイで攻めきって勝利。
勝ち。
デッキ、プレイング共によく練りこんでいるので、ネットだけじゃなく
リアルのコミュニケーションでいろいろ学べばもっと強くなれると思うよ。

2回戦 緑単ビートダウン
対戦相手は熊本のトリーズナーさん。
先程は隣の席でしたので、和気藹々と。
後攻。
じゃんけんには負けて後攻でしたので手札を確認してみると、
キャラクターカードがありませんでした。
キャラ36枚(相当)のデッキでこういうことがあるとか恐い。
でも逆にこういう試合で後攻取れるとか流れが来てるのかもしれません。
引き直したら順当な手札になったので、相手が出してきた台風鬼とか気にせず
コスト1になった茨の枷で相手の動きを抑え、
パイモンが出た返しにコンボを発動します。
後はゆっくり茨の枷を裏表両方のターンに使用しつつコンバットトリックを封じて
ヨコの有利で殴りきりました。
勝ち。
ちなみに今回後攻有利カードは1枚も入っていませんが、
コンボデッキなので引き直しが有効なのと、
ぽちや小石川の採用率が高いこの環境では
後攻側が自信満々で「引き直しません」と言った場合、
先攻側は何もせずにターンエンドを行うのが定石となるので
手札8枚の先攻としてスタートできる可能性がひじょうに高く、
じゃんけんに勝ったら後攻を選択しています。

3回戦 枷レイチェルデッキ
熊本の古参強豪、各務梔さんが対戦相手です。
なおこの時点で全勝者6名のうち熊本4名大分2名。熊本勢強いですね。
後攻。
こちらは順当に2ターンメディアをルサルカからブレイクし、
しっかり茨の枷を構える順当な滑り出しでしたが、
黄ファクターがまだ2ファクターない相手方3ターン目、
相手は緑ファクター3の状態でビックフットスーツをパーマネントとして使用。
一気に4ファクターまで伸ばしてレイチェルをブレイク。
茨の枷効果で相手の手札もすべて捨て札しましたが、こちらもメディアを捨て札され、
そのまま2回アタックも受けたのでダメージも溜まり一気に劣勢になります。
さすがに相手は茨の枷を無視して動いたので補給がカツカツで、
こちらは精神攻撃持ちの女海賊を返しで支配できた為、
次ターンはレイチェルはアタックには来れません。
相手方パワーを補給してこちらのターンの勢力フェイズ、
こちらのダメージは8でしたので黄のドローキャラの▼アタックを
珊瑚礁マーメイドで2コストガード宣言。
レスポンスでベルゼバブを相手MAXの3コストで使用宣言され
▼の攻撃力が8点となりペネトレイト。
相手はビックフットスーツでファクターを伸ばしていたので
レスポンスでアシッドクラウドを使用し、ビックフットスーツを捨て札したから大丈夫。
、、、とか思ってたらちゃんとファクターが4つ残ってました。

1分間くらい思考がフリーズしました。

うしろで見てたぷちを先生やギャラリーの冷たい視線を浴びつつ、
我に返りダメージ判定を行ったところ5点中ダメージが1枚しか落ちず生き残り、
無事メインフェイズを迎えられたのでパワー1挿しのルサルカをメディアブレイク。
1コストエフェクトでレイチェルにサイボーグアイコンを与え
もう1枚のアシッドクラウドを使用してレイチェルが消滅。
メディアのエフェクトコストが0に戻ったので残った手札で場を壊滅させて逆転しました。
勝ち。
ちなみにメディアはダメージ置き場に2枚落ちていたので再ブレイクしたのはラスト1枚。
盛大なプレイミスまでしてるというのに。
各務梔さんにしてみればさぞ理不尽な対戦相手だったことでしょうね。

4回戦 ミコトデッキ
ここで全勝対決、大分のmei.A 大先生。
九州大会の前日に開催された中四国ブロックトーナメントで豪腕したようで
後攻。
2ターン目に茨の枷がライフセイバーで封じられてドヤ顔された。許せない。
ドラゴンボートを勢力に放置してトラビキニでも支配してればいいのに。
相手は先攻2ターン目に軽量ブレイク2枚出してるのに対し
こっちは先攻キネシュを立て続けに食らう程キャラの引きが弱かったり
ブレイクが1枚も出てない場で一色真澄の直撃を受けたり
手札にミコトとか持ってない相手に対して(後から確認した内容ですよ)、
場のミコトのデュアルのスキルを悪夢の騎士で消してから
メディアブレイクして無理やりコンボ発動したりとどこまでも必死ゲームな流れ。
コンボ発動時にアシッドクラウドが2枚あったので両方使用して
ミコトや一色真澄など相手のアタッカーをまとめて処理したため、
相手は攻める手段を失い、細かいキャラのアタックはなんとか捌いて逃げ切りました。
勝ち。
いや、途中でなんども心が折れかけましたけどね。
この時点で隣の階段卓が引き分けとなり、試合終了。
全勝が私ひとりになり、優勝となりました。



そんなこんなで数年ぶりにチャンピオンカーニバルの出場権を獲得しました!!
表彰式で拍手よりブーイングの方が多かったのはみんなツンデレさんだからだよねっ!!

今回の勝因は

1、ワカラン殺しが成立した
対戦相手はメディアアシッドのコンボの存在自体は認知していたものの
デッキを組んだり試したりした人は殆どおらずその挙動が理解されていませんでした。
認知されている状態だともう少し前のめりに動かれ対処されてしまうハズ。

2、全試合後攻だった
じゃんけん全勝というわけではないのですが、6戦すべて後攻。
手札事故がほぼない状態でスタートできたのが幸いでした。
相手に2ターン雪乃とか2ターンエンジェリックのアクセンチュアル構え、
とかされませんでしたし。

3、To○OVEるの連載が再開された
あまりの嬉しさに単行本を全巻読み直したら
ヤミちゃんのマーメイドモードが可愛いかったわけですよ。
早くモモと楽園をつくりたいよね、ドゥフヒュッ。

、、、そんな風情でしょうか。


その後はザッキーさんや夜魔さんなどと祝勝会という名のもつ鍋にて
ぷちを先生のありがたいお話を聞いたり
mei.A 大先生とCCにおける名古屋勢攻略ひみつ☆のぉとを更新(?)したり
アシッドクラウドで相手キャラの服だけ溶かすプレイングについて語り合ったり
とても楽しく過ごせました。
昨年のお通夜みたいな反省会にならなくて良かったです。

じゃあ今年は私もCCに向けて頑張りますよ~。
まずは冥約レビューかな?
アクエリ(雑感その他) | コメント:2 | トラックバック:0 |

九州BT使用デッキ「メディア・アシッドクラウド」

九州BT優勝できました。
ひとえに協力していただいた地元のみなさんのおかげです。

レポは別件でUPするとして、本日は先にデッキ解説だけ。
いや、今回はお店用に真面目かつスラングとか削って
ちょっと初心者向けなやつをつくってたのですけど
この解説だけやたらマニアックになったので切り離した方がいいよね、みたいな。

オフィシャルよりレシピが遅いと賞味期限切れでしょうし。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

さて、ここで使用デッキである「メディア・アシッドクラウド」の
オフィシャルより数時間早い(?)レシピは以下。

「枷メディア」

4 真珠の人魚姫“メディア”(コンボのキーパーツ)
1 マーメイド・クィーン“アフロディーテ”
1 湖の女主人“モルガン・ル・フェイ”
3 珊瑚礁マーメイド (3枚デッキ破棄でブレイクは滅多にしない)
3 ゼーアハス (EX禁止の凶ECBキャラ)
3 バタ足人魚 

4 茨の枷(対戦相手にゆっくりアクエリアンエイジ)
1 悪夢の騎士(今のメタゲームに合致するスキルエフェクト対策)
4 アシッドクラウド(最速全体除去)

4 ビックフットスーツ

4 白海蛇(ECBキャラ)
3 泡姫
4 ルサルカ(BCBキャラ)
1 鼓鬼
1 川猫
1 アミガサクラゲ
1 ビックフット
2 墓参り猫

2 女海賊
4 スラフドラグーン(ECBキャラ)
2 遠見士
1 郷士
2 ホビット戦士(▼022シールドチャージ)
2 ダークプリースト
2 ジュエルアイ(マーメイドアイコンのセプチャ)


エクストラモンコレパック収録の真珠の人魚姫“メディア”のエフェクトで
手札のマーメイドアイコンを持つカードを捨て札し、
相手のキャラにマシンなどアシッドクラウドで-3-3-3修正を受ける分類を与えます。
メディアのエフェクトコスト自体は0なので、
手札にあるマーメイドアイコンを持つカード枚数分だけ相手のキャラを除去できます。

また、茨の枷を採用して上記のコンボまで相手を遅らせるのがワンポイント。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

↑までレアトマブログ用通常解説
↓からちょっとマニアックなのでここだけの記事

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

○スタンダードのみ成立するコンボ向けECBシステム

このコンボ、起動コストは盤面上ではほぼ0コストなのですが、
致死範囲の除去には大量に手札が必要でしかもそれがマーメイドアイコンに限られるので
手札の補充手段がネックになってきます。
実際エクストリームスタイルなどではアフロディーテなどで大量ドローしなければ
コンボ成立しても旨みが少ないバランス調整がなされているのではないでしょうか?

ところがスタンダードではECBカードがキャラクター、軽量ブレイクと、
マーメイドアイコン持ちで充分な枚数あり、しかもこの組成だとチャージが豊富。
しかも相手の勢力フェイズ中にチャージをすべて手札に変換可能となっています。
これにより従来のデッキよりファストタイミングのコンボの起動が圧倒的に早くなりました。

理想的な動きとしては1ターン目フェッチor墓参り猫から
ビックフットを勢力放置、緑と黄のキャラ支配→
2ターン目にバタ足人魚ブレイクからルサルカをメディアブレイク→
マーメイド持ちを手札に温存しつつチャージをフルに使ってECBキャラを支配→
相手の勢力フェイズ開始でアシッドクラウド使用→
ECBで手札をめいっぱい増やして勢力フェイズ中に各勢力チェック1回毎に
メディアエフェクトを解決していって確実に除去していきます。

ちゃんと回れば2,5ターン目に更地にした挙句、
相手が手札からセットしたキャラまで焼けるわけですね。

ちなみにファクターコストの軽いファストカードとECBの組み合わせは
昨年猛威を振るったキャラ日照りデッキとシステム的には類似しており、
ゼーアハスなどの軽量ECBブレイクサイクルがあまり使われてないにもかかわらず
エクストリームで落とされる程危険視される、要因となったのではないかと思います。

よって私はこのデッキはECBの豊富な
スタンダードだからこそという認識ですね>某ぷ○ぃりーさま


○キャラ組成その他
    
サーチキャラ+1積みキャラいろいろとかその他は現役本職の方の最新鋭技術。
このデッキの場合墓参り猫で墓参り猫をサーチして
単純なデッキ圧縮を行うことも多々あります。
本来は調和の杯が出てすぐ誰かが考察しなくちゃいけない内容だったのでしょうね。

温羅やポントスがいないもんだから
相手の場を一度半壊させてもこの構成じゃ勝てないんじゃない? っていう人は
たぶん大型ブレイクで殴るのに慣れすぎてるだけだから
このブログにあるさんすう教室でヨコの有利の取り方とか読んでくれると嬉しいな。
、、、なんて先にどうでもいい予防線を張っておきましょう。



そんな風情。


アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:2 | トラックバック:0 |

祝! 冥約の少女発売な風情

さて。

今日は冥約の少女、デスの発売日ですよ。
今回はデスだけあって除去だのリアニメイトだのが満載のようなので
除去コンリアニメイト大好き世代のきらたん的には今後の環境に期待大です。

でもですね。

全カードレビューを楽しみにしてくださってる方(いるのかな?)には申し訳ないですが
今回は冥約のカードレビューはちょっとお休みです。

だって(だってがでた)今週末ブロックトーナメント(以下BT)決勝だから
レビューしてる暇があったらそっちの調整するし(久々にCC行きたいですしね)
結局このエキスパンションはそのBTじゃ使えないんだもん。

BT終わってない西側の方で新弾レビューする程熱心にアクエリやってる人は
だいたいそんな感じになっちゃうような気がしますよ?
モチベーションがイベント>新弾の人の方が多いというか。

そんな意味でもこの発売日設定はアレですけど、
既にBT終わった東側の方々のレビューを楽しみにすることにします。
私も九州BT後に(博多BTって書くとやっぱ違和感満載)
ちゃんと気力があればまったり1週間1色ペースくらいで。やれると良いな。



さてさて。
BT調整は正攻法しかしなかったのですけど
吉とでるか凶とでるか。

そんな風情。
アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |

九州ブロックトーナメントを3倍楽しむ攻略法?

今日の戯言「キミとぉ~・・・キミっ!(の○のきゅん×い○もさん)」
               カリスマ腐女子え○ちゃんの掛け算教室  


いよいよ今年もブロックトーナメント(以下BT)がはじまりましたね (遅っ!
地方のプレイヤーとしましては、例年このBTがいちばん熱の入るイベントですし、
私も唯一この大会だけは出場しますので気合入れていきたいと思います。

さて、そうなると今の環境を既に結果の出た地域の上位デッキなどから考察するのが
健全かつ王道なプレイヤーブログの有り方なのですが、
そういうことはみなさん各自でやってらっしゃるでしょうし、
ミコトにもデジタルフュージョンにもレイチェルにも有効な
個人的に気になってるカードの紹介なんかは何処かで軽くやったような記憶もあるので
カードやメタゲームを掘り下げた記事にするのはまた来世。

というのも、九州とか超絶ごーいんぐまいうぇいな土地柄なのに、
他地区の結果とか必要以上に気にしすぎちゃうと去年のような失敗をやらかしますからね。
あんな反省会はしたくないのと、今年は私も自分の土俵で参戦したいなとかそんな風情。

ここはせっかくの戯言帖なので、
今日は思いっきり斜め上に外れたことをやってみたいと思います。

その名も「九州有名プレイヤーひみつの攻略法!」

今年の博多BTに出場する九州の有名プレイヤー、
特に過去ちゃんぴょんカーニバル(以下CC)出場経験がある方々を【勝手に】紹介、
【好き勝手に】攻略法を考察しちゃおうとか、そんな神をも恐れぬ企画です。

、、、会場でみんなに村八分にされたらどうしようw

ローカルな考察すぎて博多BTとか興味ない人は
この記事では得るものがないと思いますのでブラウザを閉じて
近所の偉い人の所に普通のメタゲームの話でも聞きに行った方が
幾許か有意義かもしれません。



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



『九州有名プレイヤーひみつの攻略法』

敬称略なのです。
地元の身内以外も紹介してるんですけど、10年以上アクエリしてると、
長年アクエリやってるというだけでなんか親近感わいちゃいますね。
、、、とは言え何か不都合があれば連絡くださいな。

全然ひみつじゃないのはいつものことですが。


○ノーム ちゃんぴょん

問答無用の九州BT最有力候補。なにせ現役ちゃんぴょん。

何故広島におわしましたCCの日本ちゃんぴょんさまが九州に出没するのか。
説明しようとすると長くなりますので割愛しますが、
元々はこっちに住んでいらっしゃったということでした。
実は毎年盆と正月はウチのお店(別府)に買い物に来て頂いてたのに
記憶してなくて以前はこんな記事書いちゃうとか、
はじめて知った時には【うわぁぁ穴があったら埋めたい】って気分でしたとさ。

以前は他の人に聞いただけの話で単純に日照りなどのコンボスキーな方なのかな?
とか思っていましたが、実際手合わせしてみたところ
構築、メタ読みからプレイングまで高い次元で纏まってる
万能タイプのプレイヤーさんでした。
毎回その環境で最も強いデッキを丁寧に組み上げている印象。
というか、本日ご紹介するmei.A大先生とかぷちを先生とか
九州の名だたる面々に対して過去戦績でほぼ無敗というあたりがチートですね。

こっち(大分)で見かけたときは2ターンロッソとか2ターンパイモンとか
2ターン雪乃しか見てない気がする豪腕ぶりなので右腕勝負は避けた方が無難に思えます。
かといって普通の現スタンダード環境のメタゲームの流れに乗って白VS緑とかしてたら
ダークネスペインから日照りとか余裕でやってきそうな相手でもあります。
ちょっとどうやって攻略したらいいのか困ってしまいますね。

ま、相手はちゃんぴょんですからゲーム外も含めて全力で挑むしかないでしょう。


○ヒデ スナフキン野朗

CC出場回数は4回と九州最多、最優秀戦績も3位。
並み居るCC上位プレイヤーを相手に2,5ターン目までに無理ゲーと言しめる
超絶豪腕を誇る九州のキラーマシン。

一緒に調整してるとあまりの理不尽な強さによく心が折られますが
デッキ構成と序盤のパワー采配がすごく前のめりなので、
逆にそこさえ耐えれば後はなんとかなることもあったりなかったりします。
勝てるプレイングに特化していて負けないプレイングは苦手な昔の関西気質?
但しヨコ寄りのかなり精密なプレイング精度はありますので
ワンチャンスを逃したりすると、そのままコントロールで封殺されるパターンが多いですね。
どこぞのGODさまに近しいものがあるのではないでしょうか。

青や緑のプロジェクトファストでガツガツ相手の盤面に干渉するデッキを好みますが、
の○のきゅんデッキが大好きで去年は日照りを使ってたので今年は白も有り得るかもしれません。
こないだは「い○もレイチェル最高や!」とか言ってたので
全試合3ターンレイチェル余裕かもしれません。
このようにメタゲームやデッキ構築は完全に他人任せなので、
デッキ渡さないとか素敵な選択肢も有り得るあたりが困ります。


○にゃー 福岡の古参強兵

ひたすら我が道を貫き通し過去のCCでも3位まで上り詰めた博多の緑使い。

全国的にはまったくの無名ですが、きっちりCC3位の実績もある強豪さんです。
とにかくデッキとプレイングが独特すぎて初見だと半ばワカラン殺しになること多数。
流行のデッキを使うことはほぼなく、独自の進化を遂げた緑単で
2ターン目からアタックコントロールを仕掛け、奇抜なカードチョイスで締めてきます。
既存のメタゲームしか認識範囲になかったり、
強いけど環境的に使われないカードなどをノーケアで動いて彼に即殺される、
という人を昔はよく見かけました。
また古参だけあってさんすう的なプレイング精度もしっかり高いので、
盤面差がついたりすると巻き返すのは困難です。

使ってくるカードやデッキパワー自体は環境の外にあることが大半なのですが
その特性上、大分や関東風の正統派(?)っぽいデッキを必要以上にメタったりすると
彼に地雷的に吹き飛ばされてしまうので、デッキパワーで対抗するのが一番有効でしょう。

九州はごーいんぐまいうぇいだから強いデッキをメタるより
自分で強いデッキを使った方が勝てるよ、といつも言ってる所以。


○mei.A 大先生

今年は中四国、九州、近畿、中部のBT4連覇を狙う現大分ホーリーワードのエース。
でも昨年の評価はレイチェル屋さん。

元々地元大分での勝率もかなりのものでしたが、
昨年CCに出場してからというもの、今年は東京や名古屋のGPをはじめ、
BT各地区に遠征に行って権利獲得してきたりと全国を股にかけ精力的に活動。
以前は何処かからチューターしてきた強デッキを普通にブン回すだけでしたが、
最近は九州外の地域から最新鋭構築理論を持ち帰ってそれの研鑽に全力を注いでいます。
特に中部あたりの構築理論がお気に入りのようです。

相変わらず相手のデッキ予測やメタ読みが苦手ですが
デッキパワー差で上から押しつぶすことを覚えましたし
元々勤勉で地道な積み重ねを大切にしているので
対戦経験を積んだデッキタイプに対しては圧倒的な強さを誇ります。

やっぱり最新鋭のデッキでワカラン殺しにかけるのが一番ですが、
私は一緒に調整しちゃっててアレなので、その辺は誰かお願いしますね。


○陵 蒼麻 昨年九州BT覇者

例年九州BTの上位常連であり、CC出場経験のある熊本のエース。

九州のアクエリプレイヤーではトップクラスのオシャレなイケメンさん。
デッキのことをデックと呼ぶモンコレファイターにして昔ながらのゲーマー気質。
より強い方との対戦、駆け引きを楽しんでおられるように感じます。
実績を出したのがいかんせん昨年なので、最も「ちゃんぴょん×陵さん」みたいな
素敵な1回戦えびちゃんマッチング(注1 を引き起こしそうな方だと予想してますが
こんなこと言ってる人が一番危ういので自重。

普段から黄色使いであると自称しており、
昨年のCCでもラューバロールをチョイスしていたことから
大きな大会はまず黄色と見て間違いないでしょう。

毎年、対戦するのが楽しみな相手でもあります。


○ぷちを 先生 今年はジャッジさん

CC経験のある大分ホーリーワードの裏ボスにして最近は大会担当。

まっすぐな白単が大好きだったりタテ寄りのぶっぱプレイングが超強かったり
ドロシー支配者で万里の長城突破してきたりと、とても強いお方なのですが、
今年はジャッジ参加なのでBTで対戦することはないそうです。

ジャッジの攻略法とかよく考えたら検閲削除ものですね。
ルールで困ったことがあれば呼びつけると安心?


○綺羅 いまでは私がおじいちゃん

ほら、これだけ豪華なメンバーだったらシミのついた甚平とか霞んじゃうよ。

今年も権利とか持ってないので当日予選から出場するただ草の根プレイヤーさん。
本番だけ豪腕かもしれないし勝負慣れしてるように見えるかもしれませんが、
必死なだけで盤面のさんすうとか結構苦手だし、プレイミスも多いですよ。はい。

普段の調整でスナフキン野朗やmei.A 大先生に心を折られまくるし、
こないだなんか中学生相手に3試合連続で1ターン目のラッキーダーツから
ロストソウルを引き当てました(何?)もう右手とか信じられない。

博多の人とか他所の地域の人とか
昔から「九州は綺羅とヒデだけ倒せば楽勝」みたいなこと言ってるけど
まぁそんなことはないので、みんな頑張っていこ~。




そんな風情で九州から今年の楽しいちゃんぴょんカーニバルの権利を手にするのは
いったい誰でしょう?みたいな。

ここに載ってないプレイヤーさんも、CCを目指してるという方は
ここに載ってる方々よりアクエリにおける【何か】を積み重ねてることでしょうから
是非ともBTではいろんな方とお手合わせ願いたいものです。


とりあえずそんな風情でBT九州楽しんでいこー。


注1 別にえびちゃんがマッチング決めてるわけじゃないですよ。
戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。