甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冥約の少女サンプルデッキ白「ブレイブ単」

今日の戯言「話を聞き流された回数をMP(もふーぽいんと)に換算します」
                 MP高い賢者は空気読めないらしい

さて、なのは参戦とかぱーぴちゅあるぴりおど特典カード再録とか
もういくつ寝るとサバトなんだけどそんなデッキで大丈夫か?とか
ウィンターコロシアムやらないの?とか
帰省してきたノームちゃんぴょんはたまには地元の公認大会くらい参加しろとか
最近のアクエリアンエイジはまったくもって話題が尽きないわけですが。

本日はきのうの予告通り、戯言帖ゴーイングマイウェイ。
まったり漢のブレイブ単でも紹介したいと思います。

「マシン単(笑)冥約焼きブレイブ」

3 超融合機神“G-ブレイブカイザー”(合体アタックはジャス子だけ?)
4 戦闘攻撃空母“ブレイブベース”(ほぼカイザーブレードサーチ専用)
2 正義のヒロイン“ジャスティス☆ハート”(レジスト共有、ブレイブの中の人)
4 マシン・ドルフィン

4 超絶絶断剣 ネオカイザーブレード
3 ブレイブハート
3 解雇通告
3 マインドアサシン
1 超融合戦闘機“ブレイブジェット”
1 超融合メカ“ブレイブライガー”
4 セーラースーツ

4 収穫アンドロイド(期待の精神2ECB)
4 スペースクリーナー(サーチキャラ)
3 ミニパト
2 地球防衛組
1 執事喫茶店員
1 トラビキニ少女(マシンドルフィンの素体になる004)
1 ロボット三等兵(シールドチャージ003、ロッソイオPに耐える?)

4 竜の門番
4 AIOS
4 AIOS・TYPE-M

みんな大好きブレイブデッキですが、その実態はカイザーブレードデッキ。
しっかりブレイブカイザー出してジャスティスハートと合体しつつ
ブレイブベースからチューターしたカイザーブレードを
2、3回プレイヤーに叩き込むだけの簡単なお仕事です。

なのでこんなキャラが弱くてリスキーなマシン単にする必要性など皆無で
どっかの大先生の公開レシピよろしく食卓エキストラ軽量構築の方が強いのですが、
それはそれ。あくまでサンプルデッキとはこういったもの。

一応ポン付けしてるだけに見える冥約カードも
マインドアサシンで相手のキーカードをハンデスしてから
解雇通告で相手のドローキャラを減らして遅らせていき、
こちらはブレイブハートで展開差をつけていくとか言うと、
それっぽく纏まってる気がしませんか。


そんな風情で採用カード解説。

●ブレイブハート
マシン専用の反魂の術調整版?
ブレイブだとカウンターされない辺りすごいカード。
ブレイブカイザーを場に出さないと話にならないブレイブデッキが
捨て札やダメージに落ちたブレイブネームをきちんと拾えるのは強力です。
これによりブレイブベースでブレイブカイザーをチューターしてくる必要性が薄れた為
1ゲーム中でカイザーブレードを使用できる回数が増えました。

、、、で、こないだデッキに眠るカイザーブレードの
最後の1枚を引けば勝てる!という状況でこれを引いたので、
ダメージ置き場にあったブレイブベースをこのカードでセットしたら、
2枚デッキ破棄でカイザーブレードが流れて負けたわけですけど。
そんなアンラックは滅多にないと信じたい。

●解雇通告
哀愁漂うイラストが時代背景を物語る1枚。
おおむねドローキャラを焼く、というテキストで
アクエリにおけるこういったヨコへの除去はランデスに相当する為、
早いターンに使用可能になるこのカードの評価は私は高いです。
また、アクエリの場合他ゲームと違って毎ターン複数ドローなので
コストが軽いこのカードは複数枚を同一ターン中に固め撃ちしやすく、
無理ゲーを発生させる類のカードだと認識しています。

とはいえ、先に展開さえしてしまえばランデスの類はそう脅威ではないので
軽量ブレイクが後攻メイド一択という状況でもないのなら
キネティックシュートの方が賞味期限が長い分強いんじゃないでしょーか。
個人的には白焼き組むならキネシュ解雇両方積みたいですね。

●マインドアサシン
そのターン使われたら最も困るカードを宣言して手札確認できるハンデス。
対戦をこなしてる上級者になればなる程このカードの精度が上がってくるし
そもそもゲームエンドになるルートだけこれで封じればいいし、
前方を安全確認してから行動することの意義は大きいので、
これも個人的には相当評価高いカードです。
ただ、精度が低かったり相手の手札に対して自分がどう行動すべきかを選択できない
デッキ、プレイングだとこのカードを選択する旨みはない辺り、人を選ぶカードかも。
一応、BCBはコストバックが発生するのが宣言時なので、
相手の戻ったカードを確認してからレスポンスでその名称を指定すると
絶対に外すことはありません。当てる自信のない人は覚えておくと便利です。

また、このカードの強みは対象《 》にプレイヤーを一切括っていない点。
茨の枷などと違い、このカードは冥約より大幅に増えた
プレイヤーアンタッチャプルサイクルに引っかからず使用できます。
自分で派遣社員を出していてもマインドアサシンは使えるということです。



そんなわけでブレイブデッキ。
これもカイザーブレードが出てきた辺りからガチで戦える
ちゃんと実績のある強デッキですから、
ブレイブとかネタとかもふーだねとか言ってないで実際使ってみると、
いろいろなものが見えてくるかもしれません。

ではそんな風情でまた来世。
スポンサーサイト
アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |

冥約の少女サンプルデッキ赤「ひふみ神言」

今月のとらぶるD「淫乱ぴんくは淫乱だけど思考はあほの子で超かわいい」
             毎月Toloveるが楽しめるなんて俺、萌え豚やってて良かった        

他にも。
おさげにしたララがほんわか大人っぽくてかわいいとか
裸見られたのに顔を赤らめてうつむくヤミヤミかわいいとか
古手川が一日中リトのことばっかり話しててかわいいとか
モモがリトにベタベタしてて「むぅ」って妬いてる美柑かわいいとか
まぁいろいろあるけど。
やっぱりモモみたいなちょっぴり腹黒系お茶目ってすごくツボ。
基本ノーパンとか淫乱ぴんくサイコーや!!


、、、閑話休題。

ここはアクエリブログで、みなさんアクエリのお話を
見に来ていらっしゃるという方が殆どだと思います。
しょーもない私の趣味嗜好とかどうでもいいですね、そうですね。

さて、本日は赤デッキの紹介。

「ひふみシルマリル」(金太郎→シルマリル、略してきん○マリル禁止)

4 金少女“吉備 煌華”
2 地獄門の巫女“北斗”と“南斗”
4 巫女“熱田 静”
4 式神狼式(ゴースト持ちのプレイヤーアンタッチャプル)
4 エルヴン・ハーミット“シルマリル”

3 ひふみ神言
3 鳥居の迷宮
4 魔絶ちの法

4 忍者装束

4 幽霊の弟子(アスリートとゴーストBCB)
3 看病娘(サーチキャラ、タレント持ち)
3 幽霊師範(アスリートとゴースト0コスト上昇)
2 未亡人
2 星降学園バンドD&C担当(シンクロイニシアチブ)
1 凧忍者(チャージ2)
1 黄泉少女(チャージ2)
1 土着神(022セプチャ)
1 兵法家(アスリートの022シールドチャージ)

2 スズメ蜂(シンクロバトル相手のパーマネント剥がし)
4 エルフメイド
4 ダークエルフメイド

コンセプトは簡単、金少女“吉備煌華”のアビリティで
冥約の少女のBOX予約特典、セクシーな“シルマリル”を呼び出し無双するだけです。

熱田で精神攻撃無効化してD&Cでイニシアチブ持ったり
スズメ蜂でパーマネント落としたりできるシルマリルは盤面の上ではほぼ無敵、
直接プレイヤーを狙ってくる相手も式神狼式や豊富なカウンターでシャットアウト。

また4枚の金少女を経由しないとまともにシルマリルを出せなかった
従来のデッキと違ってこのデッキでは冥約の「ひふみ神言」を採用。
別方向からも召還可能に。
しかもシルマリルは場に出るとプロジェクトカードの効果を受けなくなる為、
ひふみ神言の効果による捨て札が発生せず場に残り続けるという超シナジー!?
経由するカードが7枚あれば5回戦レベルでも充分狙えます。

シルマリルをまっとうに除去するにはブレイクのCIP除去くらいしかありません。
しかもあくまで金少女の効果で場に出ているだけなので
アドヴァンテージ的な損失は小さいですし、相手はシルマリルと同等に近い戦闘力を持つ
金少女も相手にしないといけないので対処するのは結構大変です。

完成系はEXどころかスタンで見てもほぼ最強クラスだったものの、
速度的な問題で難があったので使われていませんでした。
しかし今後のEXでは高速カードがほぼ制限落ちした為、
こういった重量デッキにもチャンスが生まれてくるのではないでしょうか。

さて、そんな風情で採用カード解説。
せっかくなので新カード以外も昔より幅が広がってるものはやりましょう。

●金少女“吉備煌華”
親戚の桃太郎でザラキエルでも強いのですけど。
ひふみザラキエルとか言うとなんか冥約っぽいですし。
ただ今回はお供のクマさんシルマリルがそういえばBOX予約特典だったし
ひふみ神言と素晴らしく相性が良いのでこちらを採用。
赤の天敵緑に力技で勝てるようになって、
カウンターと精神攻撃耐性も元々ある赤とか磐石だよね。
問題の速度も、全体的にゆっくりになったしカウンター構えてればきっと大丈夫。
めでたしめでたし。
、、、というかつての金太郎レビューの文章改変。

●地獄門の巫女“北斗”と“南斗”
本当はこのデッキはリア充エンジン(?)で公開予定だったのですが、
爆発してしまったので冥約のカードであるこちらを採用。
出せば毎ターン捨て札置き場のブレイクをBCBで出せるようになる3F3C。
サーチで落としたこだまを拾ってくるカードと思ったら、
きっちりこだまが手札から使用しないとCIP発動しない辺り、よく調整されてます。
初手の重量カードはさっさとパワーカードに埋めてしまって、
このカードで回収するルートにしとくとBCB分がお得なので簡単アクエリ。

●巫女“熱田静”
EX制限で帰ってきた精神攻撃無効巫女。
なんかのキャンペーンで送って届いたら即制限かかった記憶がある一枚。
個人的には同じチャージ2の中堅ネームなら精神攻撃無効にするこいつより
精神攻撃持っている狭野うららの方が強いと思ってますが、
こういうアタッカーが緑に勝てる脳筋系のデッキならもちろん熱田の方が便利。
幽霊の弟子でBCB出来る分、こだまデッキなどでも引く手数多ですね。

●ひふみ神言
ダメージか捨て札から1ターンだけなんでも呼び出せる5F3Cの重量プロジェクト。
しかもパワーカード1枚のオマケ付ですがメインフェイズ終了時に捨て札。
CIP持ちを呼び出して1回だけ殴って使い捨てるのが一般的な用法ですが、
プロジェクトの効果を受けないシルマリルや、プロテクト赤を持つレイチェルなど
場に呼び出せばこのカードの効果を受けなくなるのでそのまま戦力に。
しっかり狙っていくだけの価値のあるカードだと思います。

●鳥居の迷宮(魔絶ちの法)
冥約の赤い決戦兵器。
ガード不能にするだけなら後打ちできる呪縛に分がありますが、
ファクターも消せる為相手の高ファクターファストによるコンバットトリックを封じたり
ダメージ置き場にあることで強力な抑止力となり
大抵の場合は確定カウンターとして機能する辺りが一線を画してます。

なんとしてもダメージ置き場に送りたいので、
今回は能動的に手札をダメージに置ける魔絶ちの法を採用しました。
だいぶ高コストのプロジェクトファストも復権してきているのと、
序盤の軽量ファストを低ファクターから潰せる点、
0コストカードをコスト上昇させてカウンターを取るアクションが強いので
個人的には今の環境では 太古神法<魔絶ちの法 だと思ってます。

●スズメ蜂
このデッキでシルマリルや金少女のサイズを越えられてしまうとすれば
ベルセルク・イクイップメントやモーン・ブレードなどの超級パーマネント。
、、、なのでこれで対処。
シルマリルがバトル相手のブレイクスルーやペネトレイトなどの
キャラシンクロに対して有効なスキルを消してしまうので相互シナジー半端ないですね。
バトル系のパーマネントカードとかしばらく厳しいかもしれません。


まーレシピだけ見るとファンデッキっぽいですけど、
見た目よりは遥かに頑張れる系統のデッキです。
盤面をガッチガチに固めてしまうのが好きな人向け?

次回は最後の白ですから
新EX最強と名高い(!?)漢のブレイブ単、冥約ポン付けで。

ほい、そんな風情。



アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |

冥約の少女サンプルデッキ青「ヴァルトラウテ」

今日の戯言
「今日こんなデッキ組んできたんやけど。どや」
「あら、何故こんなところにゴミが?」
「そだね。もふーだね」
「やだこれへちょい」
    新しいデッキのお披露目会 ~俺の店にバール(のようなもの)はなかった~

とまぁ、ただのアクエリフレーバーネタかと思いきや
「バールがないなんてまったく用意の悪い店です」とか一部地元民にしか通じないであろう
内輪な戯言を振り撒きつつ。

超どうでもいーですが、上記のフレーバーで地元での一番人気は

「そだね。もふーだね」(byるっつ)

話を聞き流したいときや、リアクションに困ったときに取りあえず言っておくと
無難かつ円滑にコミュニケーションが進む魔法の言葉です。
みなさんも是非一度お試しあれ。(但し良い子は真似すんなよ)

さて、まぁそんな戯言はさておき。

レビューの続き、青、赤、白が残ってるわけですが
流石に冥約発売1ヶ月が過ぎて悠長にレビューとかアレすぎるのと、
せっかくエクストリームが新制限に変更されましたので
この3色は「冥約のカードを出来るだけ使ったテーマデッキ」を紹介したいと思います。

本日紹介するのは青メインの「ヴァルトラウテ」で。
新制限EXで、出来るだけ冥約のカードを使ってみるのが今回の構築ルールです。
あと、ここで紹介するサンプルにしては珍しく混色コンセプト。

「戦乙女転生」(世界樹ヴァルトラウテって言うよりカッコイイし!)

4 死乙女“ヴァルトラウテ”
4 戦乙女“ヴァルトラウテ”
3 救世転生“天草四郎時貞”
2 聖少女“ニコル・クラウス”(補給がいっぱい必要なデッキなので)
4 黒騎士(デッキ破棄で0コストシールドドロー軽量♂ウォリアー)

4 イースター(ヴァルトラウテでメインフェイズ中にパワーカード増えるとかすごい)
4 蘇生(天草で投げたり相手に焼かれたキャラをファストで復活!)
3 世界樹の葉(ヴァルトラウテがこれで復活するとチート)

4 魔法のローブ
3 エンジェルメリー(青キャラサーチ→初手のキャラ支配を安定化→蘇生)
3 デュエリスト(♂ウォリアードロー)
3 ゴーストメイド 
2 フラッグナイト(♂ウォリアーシールドチャージ022)
2 インビジブルガール(ゴーストのシールドチャージ2(2)1)
1 ティーチャーエルフ(初手でチューターor蘇生で復活させたいチャージ2)
1 鳥人ホムンクルス(▼022セプチャ)
1 奉仕お嬢様(ミスティックBCB)

4 幽霊ウェイトレス
4 悪魔の尖兵(赤メタと見せかけ黒騎士素体)
4 ルサルカ(ゴーストBCB)

“ヴァルトラウテ”がバトルで相打ちになったり除去されたら
世界樹の葉で復活、ヴァルトラウテアビリティと世界樹の葉の効果で
復活した際にパワーカードがいきなり2枚セットされるので
そのまま殴ったり盤面を維持したりして天草と絡めてアタックコントロールを仕掛けます。

コンセプトとしてはそんな感じですが、他にも

青キャラがバトルで相打ちになったりキネシュで焼かれたり補給が欲しかったり
緑ファクターが足りない時は「蘇生」で欲しいキャラを引っ張りましょう。
単純に初手のサーチで使用したエンジェルメリーを
2ターン目にチャージ兼ファクターにするだけでもそこそこ。

軽量ブレイクは捨て札生成が出来る塔のシールドドローサイクル黒騎士を採用。
イースターや蘇生とシナジーしてるし展開も速いので便利です。

いろいろシナジーが面白く繋がるこのデッキですが
このレシピですと相手の盤面に触れるカードは入っていない為、
アタックコントロールのみで相手の行動を制限していく必要があったりして、
勝ちにいくための難易度は結構ハードだと思います。
ただプレイングの練習にはもってこいですし、
とってもゲームやってる気分になれるので、単体のカードパワーよりも
デッキ全体で戦う感じがお好みの方にはお勧めです。

赤いトゥシューズやチャリオット“アンネローゼ”とか採用すると
割とイージーモードかもしれません。


というわけで採用新カード解説!?

●“ヴァルトラウテ”
青で久々にメインを張れるアタッカー能力、
「ネームからバトルによるダメージを受けない」を引っさげた上
CIPでパワーカードがセットされるが故にイースター系のカードで
盤面のパワーカードが増えてしまう困ったちゃん。
ただ、2ターン目に16点とか、一応上記のデッキでも出来るのですが
それだけを狙っていくデッキにするならアムビエルが同程度の条件枚数で
2ターン目に22点出せたはずなので、そっち使うといいはず。

●救世転生“天草四郎時貞”
デュアルで復活した天草さん。
なにせサガ2時代のアルティメットで通用したブレイクが弱いわけがない。
、、、と黄色のコピペ。
デュアルじゃなくても同ネームを重ねればパワーセットされるので
盤面と手札状況次第では場のパワーカードすべてが
天草のアタックコスト→手札に変換、なんてこともあってとても楽しげ。
青の場合、精神攻撃によりキャラクターレベルから立派なアタッカーなので
このカードで出来ることは個人的には大変評価が高いですね。

●聖少女“ニコル・クラウス”
みんなにチャージ2をプレゼント!
たった1コストでチャージ2を自分から先に使っていけるとか素敵。
先に盤面の有利を取って積極的にアタックしていきたいデッキ(イオP?)など
マストで採用してしまいたくなりますね。
ただし純正焼きデッキなど、相手の盤面を遅らせる系のデッキで採用した場合、
チャージ2が相手のリカバーを助けてしまうので
きっちり継続的なコントロールを行うかリカバー不能な全体除去に繋げる必要が有り
無条件で強いカードというわけではなくなってしまう点は注意。

●蘇生
個人的には冥約最強アンコモンはこれ。
ファストタイミングでキャラが支配エリアに復活なので
純粋な展開力強化だけでなく焼きによるファクターの損失を補填できる点が、
現在の青デッキのキャラレベルの生存能力の低さという問題点を補っています。
また、上記デッキのようにタッチ色のキャラクターも呼び出せることから、
昔懐かしい青絡みの混色デッキにも陽の目があたるかもしれません。

0コスト上昇系サイクルで対処されるのが難ですが、
例えば「茨の枷環境」ならば茨の枷を直接対処できるカードをデッキに採用して、
積極的に0コストカードを使用して展開していった方が茨の枷の対策になるわけです。
(中部BT辺りの上位デッキを考察すると読み取れますよね)
0コストカードを使う側に回る選択肢をきちんとつくっておくのも
今後の環境次第では重要なのでは、と思います。

●世界樹の葉
除去されたヴァルトラウテが0コストで復活して
パワーが2枚刺さるとかなにがなんだか。
他にも黒のヨコ面ビートの脅威に晒されつつ、
アルゲルドさんが0コストで復活してセプチャを1体屠って殴ってくるとか。
ちょっと冗談のようなカードパワーなので、
わざわざタッチ緑にしてみました。みたいな緑レビューの文章改変。

どうでもいいですがこのカード、世界樹って略すと
エキストラなのか山札全快するプロジェクトなのかよくわかりませんし、
葉って略すと「ヴァルトラウテが葉っぱ使ってトんでるよ!」とか
誤解を招きそうな感じです。
誰か良い略称教えて。


そんな風情で青デッキ紹介でした!
次回は冥約赤デッキを紹介しますよ~

でも神鳴りこだま(変換できない)とかきっとみんな組んでるでしょうから、
もっと面白いデッキがいいよね?
アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |

EX新制限改定話と冥約の少女カードレビュー ~緑~

今日の戯言「うららは最強の私のライフライン」
             リア充がいなくなっちゃったよ

や、オフィシャル見たらエクストリームスタイルの制限が追加されてるじゃないですか。
後攻系カードが尽くなくなっちゃいましたね。
これからはエクストリームはじゃんけんに勝てば先攻の時代に巻き戻り?
デスで先攻側が強くなる除去カードが一気に増えた直後にこれは
果たして良いのか悪いのか。

ま、個人的にはBTまでスタンしかロクに調整してなくて
エクストリーム環境とかよくわかりませんでしたし、
明らかにCCに向けての環境考察が大幅に遅れてたので
ここで環境がリセットされたのはすごく助かるわけですが。

ぱっと見ですと白や赤は明らかに既存のデッキは弱体化、
先攻除去の豊富な黄や、展開力からの大型フィニッシュがそのまま活きる黒辺りが
相対的に強化されているように見えますが、しばらく遊んでみてからの判断でしょうか。

ここまで来ると流石にスタンとエクストリームが別ゲームでしょうから、
遊び方の幅が増えたのは喜ばしいことですね。

せっかくスタイルが2つあるのだから、
頑張って後攻メイドを集めた最近のプレイヤーさんは引き続きスタンをやればいいし
エクストリームをやりたいアクエリ慣れしたプレイヤーさんは
初心者のスタンくらいエクストリームで相手できた方がプレイングが磨かれると思います。
勿論どっちも出来るようになっておけば両方の大会を楽しめるのでお得です。

先の体験会以降アクエリをはじめた、復帰したというプレイヤーさんなど、
ともすれば今回の制限カードをデッキの基本カードとして集めたと思いますので、
店舗の大会主催者なんかも、エクストリーム一辺倒ではなく
スタンダードの大会も定期的に考慮に入れた方が良いのではないでしょうか。

友達同士で「やっぱ後攻ブレイク強すぎだろwww」とか思ったら
ゆっくりとエクストリームにデッキを移行すれば良いので。

そんなわけでとりあえず地元では日曜大会は引き続きスタンダード、
ぷちを先生の個人主催水曜大会はエクストリームとそのままで。

フリー対戦なんかもアクエリ歴5年以上の常連さんはエクストリームを使うと思いますので、
まだ資産の足りないここ1、2年ではじめた方は
手持ちのスタンダードデッキで挑んでみると良いでしょう。



アクエリって小さなコミュニティなんですから、
他コミュニティのスタイルをそれぞれ尊重できると良いですね。



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

ではでは。
途中までやりかけだった緑レビューちゃっちゃとやっちゃいましょう。

●子鬼使い
霊能者と鬼の▼031セプチャ。
いつでも支配出来るセプチャが勢力放置出来るサイズなのは強いので
環境に赤がいないと読みきれるなら使うのは有りだと思います。
問題はレイチェル環境でも赤を使ってくる物好きが一定にはいるということですが。


●騎馬戦エルフ
ウォリアー♂とモンスター♂の003シールドチャージ。
キャラにシールド生存能力が欲しいなら採用を検討できますが
♂ウォリアーが少々不安材料?
 
●義母狼
ワーウルフとタレント持ちのバインドシンクロチャージ。
ぽちとレイチェル(大小両方)の繋ぎとして使えて
殴りにいくなら便利なシンクロバインド。
雪乃ばーちゃんのいない世界なら結構強いと思います。

それにしてもこーゆーのを魔乳って言うのかな?

●スク水マーメイド
マーメイドとスチューデントの小型シールドチャージ。
思わずスタンダードのキャラ優先順位を無視して
メディアアシッドデッキに入れたくなった程度に可愛いくコミちゃん。
くコミちゃんって意外と下半身がむっちりしてて発育いいよね、って語ったら
mei.A 大先生に「お前、そりゃ病院だろ、、、」って真顔で言われました。

●ゴシックヴァンパイア
ヴァンパイアとタレントの大型シールドチャージ。
てゆうかブレイブルーからの再録。
ニーズのあるアイコンの超優秀シールドチャージなのですが、
唯一の難点を挙げるとすればアイコンが優秀すぎて横取りリスクが高いにも関わらず
勢力放置時にパワー1挿しにはしづらいこと。
可愛いのでちゃんと支配してあげてね、みたいな。

●缶詰漫画家
ワータイガー♂と鬼♂の大型シールドチャージ。
勢力エリアの後方にフェッチやサーチで呼び出せて後攻キネシュを食らわず、
横取りのリスクはほぼ皆無、と言うとすごく強そう。1挿しいっときます?

●クラウドドラゴン
ゴーストとドラグーンの小型ECBキャラ。
エクストリームなんかで手札を増やしたいコンボデッキとか使うなら。

●小悪魔ウェイトレス
再録枠のドロー。
やっぱアクエリ的小悪魔も女の子のしっぽはさわっちゃらめぇ、なんでしょうか。

●鉄鬼
鬼♂とサイボーグ♂の3分類ドロー。
ブレイブルー再録枠。 意外に早かったですね。
♂サイボーグを使うことになった際は耐久2が評価されて採用されることでしょう。

●トラ河豚
ワータイガーとマーメイドで支配時ハンデス効果。
マーメイドとか補給には困ってないので、タイミング良く支配できれば強いかもしれませんが
それ以前に何か明確なコンセプトがない限りそもそも採用されませんのでなんとも。
アヌビスのハンデスアクセントでもやってみます?

●スズメ蜂
モンスターとイレイザーのバトル相手のパーマネント-1を与えるシンクロ。
なにせサガ2時代のアルティメットで通用した欠陥アンドロイドの
ハイパーアッパーバージョン(全部カタカナで書くと頭悪そう)が弱いわけがない。
や、当時の凶デッキはリーパー戦闘機みたいなパーマネントエンド手段が殆どだったのと
精神攻撃対策がすべて美鈴(アブソリューション封じ)+パーマネントだったので
青がこの手のカード使えば無双だっただけなんですが。

それにしてもスズメ蜂という割にはミツバチ○ッチの萌えキャラ版にしか見えません。

●獄卒
鬼♂♀とアンデットの222シールドチャージ。
今回のハイパーエンドカード“酒呑童子”でデッキを組みたいときには
きっと便利な♂♀分類。
 
●鮭とり鬼
鬼の1F0Cドロー軽量。
エクストリームの専用サイクルっぽくなってきたドロー軽量ですが
鬼に関してはスタンでもやきいも鉢被りと一緒にこのカードを金棒デッキに採用して
とにかく2ターン目から殴り始めることをコンセプトにしても悪くない感じ。

あと、フレーバーは後ろのクマが言ってる説。
 
●アルミラージ
モンスター♂と鬼♂の1F0Cドロー軽量。
“酒呑童子”デッキを冥約限定構築とかするなら必要かもですが、
まっとうに構築戦で使うことを考えたらキャパシティ-1にイラッとする感じ?

私も髪の毛紫色はドラ○エの刷り込みだと思うですます。
ラ○ホー連発のイライラ感からタロットカード死神を連想させて
冥約という収録エキスパンションを思い出させる高度なアラサー判別トラップ。

●獏
モンスターとスキャナーの1F1Cプレイヤーアンタッチャプルチャージ。
茨の枷でミラーマッチするのが寒くなってきたり
カースリチュアル本体で死ぬゲームが多くなるなら使ってあげて、みたいな。
雪乃やカリタと同じアイコンなのでキャラ組成そのままで採用可能ですが、
それってカリタと思いっきり役割が被ってるのでどうなんでしょう?
早いターンに必要とされる茨の枷対策というならこちらの方が確実でしょうが。

●一反木綿
ゴーストとモンスターでダメージ置き場から使用可能な1F1Cドロー軽量。
なんだか緑単ゴーストってゴーストオリンピックやモンスターハウスで
その気になればダメージカードは32枚なのに死なないデッキとか余裕で組めそうですね。
それにしても一反木綿が包帯系の半裸キャラとか
流石アクエリぱねぇっす。

●ピラニア
マーメイドとアンデットのダメージ回収機能付チャージブレイク。
足回り最強クラスのマーメイドが、緑の苦手分野であったダメージリアニメイトを
そつなくこなすのでエクストリームだけでなくスタンレベルでの採用まで見込めます。
それにしてもピラニアが集団でハミガキしてるょぅじょマーメイドとか
流石アクエリぱねぇっす。

●妖仙“琥珀”
猫が5体揃うとみんなパワーアップな種族ボス。
修行者の4姉妹サイクルの親戚みたいなものでしょうか?
ネームはブレイクしていなくても良いようなので
エキストラパックのカードもしっかり集めとけよ、みたいな。
そもそも緑サイズが全員オフェンシブディフェンシブを持つ時点でそこそこ強いので
無理に全体強化ばかり狙わず、フルムーンなど絡めて
上手にアタックする練習などやってみるのもオススメ。

それにしてもごなおセンセのおにゃのこは可愛いなぁということで、
こないだ徳島に行った際、ごなおスキーな野朗共が集まりまして
ミナと舞のお風呂でアワアワなデジタルフージョン!? の話題で盛り上がりました。
や、どの辺がごなおセンセと関連性があるのかよくわかりませんが。
その際の結論は以下。

【CC報奨で】
  イイネイイネ! みんなで一緒にサバトとか、ワクワクしてきちゃう!
                        【あの泡消して貰おうぜ】

オフィシャルにイラスト載せるときはKEEP OUTってしとくといいよ。

●ミストヴァンパイア“クレメンティーナ・キュリヴナ”
罵倒系お姉さま1段目。
1段目からシールド付でプロジェクトファストエフェクトに対してアンタッチャプル。
ミスト形態で何も効かないデザインなんでしょうか、
緑なのに赤の不動明王だってびっくりなアンタッチャプルっぷり。

ミストヴァンパイアは全裸(ドラマCDで真由美が言ってた)と思って
超期待してたのに、普通に服着てるのにガッカリしたのは秘密な。

●ミストストーム“クレメンティーナ・キュリヴナ”
罵倒系お姉さま2段目。手下に集団リンチさせて
自分は安全なところから見てるだけとか、典型的な女王さまです。
アンタッチャブルなのに本人がまずバトルに参加しない為、
デッキによってはどうやって対処していいかわからなくなりますね。
自身のプロジェクトファストも完全に効かないので、
冬の抱擁でのパワコンがカリタより容易で悪魔の饗宴などシナジーカードも多彩。
レイチェルやミコト、ザラキエルクラスの超ブレイクでしか除去できず、
霧の魔物をシャットできるステュノなんかにも大抵本体で対応可能だったりと
構築次第で隙のないデッキが簡単に出来ちゃうのがなんとも。

そりゃーバトル相手をゴミ呼ばわりできるわけです。
レイチェルといいアルカードといい、緑のヴァンパイアネームは毎回すごいですね。

●冥少女“杉崎 依登”
夏服と冬服どっちがお好み? みたいな。
構成するカード=キャラクター+ブレイクなので、ダメージは1.2点が基本?
サタンの激昂あたりとセットで本体火力叩き出せれば
スタンのトーナメントレベルを狙えた性能かもしれませんがそんなことはなく。
普通にビートダウン系のデッキで世界樹の葉なんかと併用すればウザ強い感じでしょうか。

ちなみに私は夏服押し。

●冥神“アヌビス”
テミスの親戚っぽい人。
動いた時に日照り効果と手札から捨て札したカードはダメージ置き場に置く効果。
前者はラブ・フェロモンなど構築に一工夫が必要なので、きっとそのうち
「やだ、これすごい、、、」みたいな超ゑろいラブ・フェロモンがプロモ化するのに期待。
後者は茨の枷がハンデスでダメージが増えていく超絶ファッキンなカードになったり、
フェッチパーマネントが1枚で2回使えたり使い勝手は良さげ。
テミスと違ってぽち2段と相性が良いのも評価できます。

しかし今回のSP版はみんなデレ顔なのね。

●外道“酒呑童子”
すごい、デカい、強い。
場に出す鬼のキャラとブレイクはこのカードでコスト軽減された状態でコストX以下だそうです。
ドロー-2がなかったら出した返しでドローアウトするレベルですね。
金棒や鬼ヶ島で純正鬼単デッキ、エクストリームなんかでは真面目に強いと思いますよ。


●タナトスの器“小此木 詩愛”
緑の4F4Cとか場に出せば強いのは当たり前なので、
わざわざこのカードの専用カードが必要な時点でどうなんだろうという気がしますが
実際使ってみれば相手のデッキがガリガリ削れるのが面白い系のブレイク。
思わずエンドカードにエラッタカードのハロウィンナイトを使いたくなりました。
、、、きっと使いませんが。

まぁ私は別にょぅじょ属性は持っていないのでどうも。

●ドラゴンボーン
バトル相手のパワーカードを剥がす系のパーマネント。
タイミングがダメージを与えた時、なので
イニシアチブ持ちでないとバトル時に相手のバインドは防げません。
サンクチュアリとか緑羽の方が基本的には使いやすいのですが、
アタッカーにイニシアチブがついてるならこっちを採用?

●窮神・貧乏神
くるくる継承パーマネント緑担当。
エスケープルームやザドキエルで後半アビリティを消せば
とっても素敵なロックコンボが成立するようですが、
あくまでキャラ事故した相手を確殺する程度の性能。
普通に展開されてる相手を止めるにはこちらの初手が完璧じゃないと厳しいレベル。

あ、ブードラだとこのカードと白の株券辺りをいっぱいピックして
白緑でドローロック組んだらちょー面白かったです。

●モーンブレイド
ストームブリンガーの姉妹剣?
パワーセットがないだけで随分丸くなってしまったカードです。
それでも精神力含むすべての数値がすごいレベルで上がっていくのは魅力なので
バインド持ち育成ゲームだけでなく、雪乃の精神力上げてフルロックしたり
クレメンティーナの本体をアンタッチャプルな巨大生物にしたりと用途はいっぱい。
間違っても弱いカードではないので、セットされると困るブレイク等は
きちんと検討しておく必要があると思います。
 
●自然の脅威
ついでにイオPなんかが焼ける対抗色除去。
なんか緑がイオP焼けるってだけですごいのですが、
基本的にはブレイク性能とドレイン系カードでどうとでもなる勢力なので
一般的な評価が低くなるのは仕方ないですね。

●アルテミスの怒り
イニシアチブとペネトレイト付加のプロジェクト。
ヨコ面ビートなどでは有効ですが、この手のカードは緑では困ってないのと
ダメージによって指定できる数が少なくなる辺りちょっと使い勝手が良くない感じ。

服がスケスケなのでもっといろいろ楽しめる(?)と思ったら
大事な部分には全部規制がかかっていました。いいもん。腋だけで楽しむもん。

●ドレイン
緑の基本カードにすべくいっぱい再録したエナドレですが
結局あんまし使われないので、大型除去ならもっと使い勝手を良くしよう!
みたいな印象を受ける相互互換?
大型に撃てば大抵アドが取れる強力カードですが、単純なグッドスタッフで組んでも
このカードにスロットが回るか怪しい緑ってまじゃぱにゃいと思うわけですよ。

●統合思念
デュアルと同一ネームを確定除去。
条件付とは言え緑がブレイク剥がしではなく確定除去?
現状ではかりょーびんがやミコト対策ですが、
まずは奴らの生存能力をなんとかする必要性があるわけで、
基本的には未来に生きてるカード。

●世界樹の葉
現行トップレア。
除去されたカードが0コストで復活してパワーが刺さるとか
CIP持ちを復活させるとなにがなんだか。
ちょっと冗談のようなカードパワーですが、
基本的には既存の緑単デッキにポン付けしても手札に腐ること多数。
むしろ青や黒のビート系のデッキにタッチ緑が検討されるレベルです。

どうでもいいですが、地元での冥約環境のスタートダッシュは
「世界樹ヴァルトラウテ」とか「世界樹アルゲルド」でした。
やっぱりキモチ悪い動きをしますね。

●プレデター
目標のアイコンを消す→大抵ブレイクカウンター。
一部金棒や生徒会のようなアイコンパンプへの切り返しにも使用可能。
ただしデッキ3枚破棄で手札に戻せるのではじめからデッキ破壊を狙うデッキでもなければ
単品で使用するのは効率が良くありません。
ザドキエルなど、しっかりこのカードを使う前提のデッキにする必要がありそうです。



そんな風情で緑でした。
強いカードはそれなりに多いのですが、今までのカードだけで充分強いおかげで
なにから使っていいかわからなくなるかもしれませんね。
グッドスタッフだけでなくコンセプトとなるカードを決めて
そこからデッキ構築をはじめるのも良いかと思います。

さて。

あまりにもレビューするには時期ハズレになってきたので
次回の青以降は「できるだけ冥約のカードを使ったデッキサンプル」の方針で。



アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。