甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もういくつ寝るとCCなので自分の過去戦績を振り返る

今日の戯言「性懲りもなくまた来たわね! このヘンタイ!」
                  出場経験3回以上の皆さんへ(ぇ

案の定年末年始は蒸発してましたが、とっくに明けてますね2011年。
年明け早々戯言が『このヘンタイ!』だなんて酷いじゃないかって思いますが、
これただのBS2で再録された諏訪さんのSP版フレーバーです。
リストには載ってませんが、現物にはあるので持ってる人は確認してみて下さい。
カードゲームのフレーバーで『このヘンタイ!』とか相変わらずアクエリぱにゃー。
試合前に言われたらゾクゾクしちゃいますねっ!

あ、ヘンタイついでにひとつ。

昨今ではなんでもなのはの登場キャラや明音鈴まで脱いじゃうそうで、
個人的には全面的にいいぞもっとやれなのですが、
全裸フェチとかアクエリプレイヤーの中では少数派で
大概の方は着衣やチラリズムに悶々としたものを求めているそうです。
や、まったく私には理解しかねますが。
よって調和の杯はエイミーたんが身に着けてる布の生地が少ないから売れたのか
それともあんな布でもちゃんと着けてるから売れたのか、
ここは真面目にマーケティング調査を行うべきだと愚考する次第でありますが、
こんなこと営業に来た中の人(えびちゃん)に言えるわけないだろ恥ずかしい///

、、、性懲りもなくここは
ゴミでもふーでヘンタイな偏執的アクエリブログを目指して参りますので、
今年もひとつ、よろしくな風情でございますです。


まずは来週にありますCCで久々にいろんな方々とにゃんにゃんしたいです!!


ということで本日は突発企画。

「きらたんのとってもアレでもふーな思い出ノート」

過去の自分戦績を振り返って温故知新、
ついでに自身の今年のCCモチベも上げちゃおう、みたいな名目で
オフィシャルの公認サークルの個人戦績欄をコピペして語るもふーな自己満足。

10年前、はじめての戦国トーナメントはパラダイス。
それは甘美で濃厚で、こんな大会で優勝できる私は特別な存在なのだと感じました。
今ではわたしがおじいちゃん、(以下検閲削除
、、、みたいな昔話に華を咲かせたい気分になったので。

じゃあ元気に過去デッキを振り返ってみましょう。

2001年 戦国トーナメント西日本決勝 優勝
使用デッキ 擬似圧縮栞ダキニ
きらたんの記念すべき全国大会デビュー戦。2001年ですってよ奥さん。
なんと決勝戦の相手は、当時流行のインセプデッキを使って
栞ダキニを3回斬って勝ち上がってた(デッキ構造的にそれおかしくないかな?)
今年もCC出場のしもりす(春紫苑)さんでしたとさ。
若かりし頃ののののきゅんもこの大会で3位でデビュー。
正に群雄割拠の時代でした。

2001年 戦国トーナメント東西決勝 団体戦 優勝
使用デッキ 擬似圧縮栞ダキニ
戦国ではしもりすさんやのののきゅんと組んで西側代表としての団体戦です。
大将同士の一騎打ちまでもつれ込んで
「奇門遁甲陣(※1、目標は自分のキャラ」までする必死ゲーでしたとさ。

※1)奇門遁甲八陣のサガ1版カード。
2F3Cで、手札ではなくデッキにバウンスするすごい除去カード。

2001年 戦国トーナメント東西決勝 個人戦 準優勝
使用デッキ 3色焼きパーム
「ペネトレイトッ!!」なアレ(何?
決勝戦が9回戦5本先取とかそんなだったんですが、いま考えるとすごいですよね。
先攻側が相手を封殺してたし疲れたけど、
超楽しかったので未だに調整をこの形式でやることも?

2002年 第弐次戦国トーナメント タッグ戦 優勝
使用デッキ アマテラスロック×緑パワコン
第弐次戦国には志保ウォールロックを使って西側4位で滑り込んだものの
個人戦なんかではかの有名な若かりし頃のゆん葵さんの踏み台にされましたよ。
タッグ戦では相方の妖精の輪から自分が霊媒に繋ぐ
思い出してみるとなかなか外道なアクションから片側をリンチとかそんなん。

2003年 アクエリアンブロックトーナメント中四国決勝 優勝
使用デッキ リーパー戦闘機
この年から甚平着用!!
遠征移動中に「このデッキ強いから使えよ」と当時最新鋭のデッキを手渡されたものの
まずはトップレアである戦闘機を4枚、当日の会場で
試合前1時間以内にトレードですべて集めるところから始めるという
ルナティックな難易度のゲームを制して勝ち上がった一戦。
全試合じゃんけん勝ったし2~3ターン起動の豪腕だったんですけど。

2003年 アクエリアンブロックトーナメント九州決勝 優勝
使用デッキ カーリーチャーム
中四国の翌日開催で会場に着くや、福岡や熊本の強い人たちから
「今日は綺羅さんのリパ戦ぶっころしに来ました!」という挨拶を×5くらい受けたので
元々中四国で使う予定だったデッキで順当に行っただけというお話。

2003年 チャンピオンカーニバル出場
使用デッキ スタンダード(サガ2):パームツイスター
      アルティメット:圧縮ステラ3
      クラシック:アマテラス
出場者32名の最大級のCCだったのかな?
デッキや調整がアルティメットに寄りすぎ、
スタンダードとクラシックが弱かったので惨敗ですよ、と。
なお翌年猛威を振るった聞仲エンジンなんかも
この大会で中部地区の方が使ってて私も対戦してますのでなんやかや。

2004年 特になし(笑)
や、オフィシャルにはグランプリにて
何故か決勝ではなく3位決定戦の甚平(茶髪で髭面!?)の写真が載ってますが。
私の個人戦績は振るわなかった代わりにヒデ@スナフキン野朗が
青緑コンとか青単とか聞仲で無双した年ですね。

2005年 アクエリアングランプリ2005アルティメットスタイル決勝 優勝
使用デッキ 青緑コントロール(UP!UP!いりゅーじょん)
名古屋開催のグランプリにてアルティメットを
「どうやって勝つの?このデッキ」というご質問を大量に頂き、解説したら
「アルティメットとかどうでもいい」で済まされた可哀想なデッキで制覇。
個人的にはアクエリの面白さが凝縮されたトップクラスにお気に入りのデッキなんですけど。
青緑コンなのに準々決勝辺りでかの有名な若かりし頃の新堂紘さんに
美作3段完成された挙句いっぱい魔切り使われたけど、大丈夫、問題なかった安心設計。

2005年 King of kings 1st stage 九州・沖縄B地区決勝 優勝
使用デッキ 五雷法紗綾
かの有名な若かりし頃のノームちゃんぴょん(当時初心者さんだったそうな)と
初めて対戦したのはこの大会だったようななかったような?
ちなみに対戦相手はVミスティ(五雷法メタ)とミリアム(紗綾メタ)と
火焔式土器(対赤ピンポイントカード)ばかり。
所謂メタゲームの負け組みという奴でしたが、
それでもなんとかしてしまう3段ブレイクのパワーはすさまじかった。

2005年 アクエリアンサバイバルトーナメント11 準優勝
使用デッキ 圧縮聞仲(無限の覚醒)
霞弥、えるます、杏里、雀、(敬称略)と俺場違いじゃね的な超豪華メンバーでのサバト。
この時の聞仲は通常ドローキャラ増量と圧縮で普通に動けるようになった上で
コンボ起動率も高くなったなかなか危険なデッキなのはさておき、
コメントに「Take a stance Mindbreaker or will be die.」とか変なこと書いてます。
嘘っこ和訳で「構えよマインドブレイカー、さもなくば死ぬぞ」って言いたかったそうです。
無限の剣製的なネタでしょうが、ちゅーに病がだんだんアレになってきてますね!

2005年 King of kings 1st stage 統一決勝 優勝
使用デッキ 五雷法紗綾
サバトの翌日キャラショー2日目のメインイベント。
赤キャラは少なくていいのでセプチャは色を散らして入れる構築の原型がこの辺。
五雷法なしでも安定した展開を実現します。

2005年 チャンピオンカーニバル出場
使用デッキ 五雷法紗綾
えびちゃん引率のフリーシナリオ、通称ロマンシングカーニバルin台湾。
いぬもさんやF.Tさんといった現役中部圏の強豪が勢揃いしてましたね。
ちなみに予選ラウンドをくじ引きでチーム分けしたら、
えるます(ライオン)、F.T(熊)、霞弥(虎)、ののの(龍)、綺羅(兎)といった
突っ込みどころしかないヤマが出来上がって
兎さんは満身創痍で激戦を勝ち上がるものの、そこで燃え尽きたとか。
ところで五雷法使ったのとか17人中、自分1人かせいぜい2人、
魔切り使ったのもそれにえるます追加程度の少数派で
メタの中心で最強デッキはどう考えても着せ替えステラだったのですが、
傷鬼、Vミスティ使用者は16人中6人以上いたとかどんなメタゲームでしょーか。

2006年 アクエリアンSaga3コロシアム in 博多大会 優勝
使用デッキ 黒単(ぱにぱに)
パニッシュ撃つまで生きてるか黒の軽量ブレイクのアタックを5回程度通せば勝ち、
という程度の単純明快なデッキで和気藹々と。
この辺から「えくぷり」や「ぱにぱに」といった
デッキ名を萌えひらがな4文字にするちゅーに病をこじらせたお花畑系。

2006年 アクエリアンブロックトーナメント2006 中四国決勝 優勝
使用デッキ 黒単(ぱにぱに)
パニッシュ撃つまで生きてれば勝ち、をもうちょっと特化してみた程度の構築。
時空緩衝器とか冷凍睡眠とか後ろ向きに見えるけど軽量8枚の展開力は伊達じゃない?
ちなみにオフシャルレポ見たら3位だっためが○んさんの笑顔が素敵でした。

2006年 アクエリアンブロックトーナメント2006 九州決勝 優勝
使用デッキ 黒単(ぱにぱに)
九州では何故かとても多い緑を少し対策してみた程度の構築。
先攻3ターン目に亜空間魚雷をメイン色ドローキャラに2本打ち込んだりすれば、まぁ。

2006年 チャンピオンカーニバル出場
使用デッキ スタンダード ステラ魔人転生
      アルティメット 五雷法BCB聞仲
こんどはスタンダードで全勝するもアルティメットでゆん葵さんとえるますに斬られたら
オポネントが4勝2敗枠で最下位になり決勝トーナメント進出できなかったとかそんな流れ。
(お仕事的な意味で)CC出場できるのは
これが最後のチャンスと思ってただけに悔しかったなぁ。

2007年 アクエリアンSaga3コロシアム in 博多 優勝
使用デッキ 白単コントロール(えくぷり)
所謂普通のエクリプスコントロール。
この大会の翌月からいまのお仕事に就いているので、
おいそれと全国大会には出られなくなりましたとさ。

2008年~2009年 特になし(?)
単純に大会に出るのが年に1回あるかないかなので戦績も特には。
スナフキン野朗やmei.A 大先生が代わりに頑張ってくれてます。

2010年~

さて、予想以上に長くなって既にここまで読んでくれてる方がいるのか心配ですが、
いよいよ数日後に数年ぶりのCC復帰戦となります。
これを見てもわかるように今回の参加者の半数を占める中部の方々とは
アクエリ初期の頃から何かと縁がありますね。
滅多に出場できるわけではないので、
この機会でみなさんにお会いできるのを楽しみにしていますよ。

んでば、みんなCCではよろしくねー。

そんな風情。

スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。