甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「祝・なのはVivid構築済み&女帝の聖楔発売な風情」

やーはー。
新弾も発売されなのはも参戦しましたね。
なのはも勿論大事なんですけど、そちらのお話はまた来世。
やっぱり既存のプレイヤーとしましては気になるのは
女帝の聖楔エンプレス!!

今回の女帝はその名の通り収録カードは全部女の子のようです。
美少女TCGの最高峰っぽく野朗はいないですし、
女性アイコンにだけ効果を発揮するカードがあったり
おっぱいとキャパシティの相互関係とかがより明確になってたり(?)と
エキスパンションの特色は良く出てるんじゃないでしょーか。
アルカナのラスト1個、世界ではどうなるのでしょうね。

では。

今回は本日行う共通サイクルレビューの後、
各色のスタートダッシュデッキ解説及び環境考察という
懐かしい感じでやってみたいと思います。

レアの考察はデッキ解説で一緒にやりますけど、
今回全カードレビューしないのは
某チャットで語ったらおおむね満足したとかそんなの、ではない、はず。
ほらいつも言ってるじゃないですか
い○もさんのコピペでいいj(以下検閲削除

まず本日は共通サイクル考察。

共通サイクル、足回りを征する者はアクエリを征す!!
、、、のかどうかは知りませんが、
フェッチBCB、後攻サイクル、サーチ&シルバーバレット
2点補給FD(ふぁすとどろー)構築などなどの前例からもわかるように
いままでにない足回りの有効メソッドをつくりだせば
そのノウハウを持たない対戦相手に対する勝率は跳ね上がるのは確か。
上位戦を目指すなら、上モノだけでなく足回りまで
きっちりメタゲームに捉えることができるようになりたいものです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

【キャラクター共通サイクル】

●0/0/3 キャパシティ+1 チャージ
白…スキャナー/ミスティック
赤…悪魔/アスリート
青…スカラー/霊能者
緑…モンスター/ワータイガー
黄…ウォリアー/ワータイガー
黒…鬼/トライ
手札上限が増えるので▼キャパシティ-2チャージ2サイクルを複数支配して、
ついでにキャパシティ-X持ちの軽量ブレイク支配しても安心?
、、、出来るかどうかはともかく。
精神0の♀アイコンの為、自身で素体キャラとして使う以外では
なかなか採用圏内には入りづらいサイクル。

あと、おっぱいは意外と普通。

●1/0/3 キャパシティ-1 シールド チャージ
白…タレント/ゴースト
赤…タレント/スカラー
青…ウォリアー/タレント
緑…悪魔/スキャナー
黄…ミスティック/スキャナー
黒…モンスター/イレイザー
▼なしで耐久力が高くシールドも付いてるという
除去耐性特化のキャラサイクル。
その性質上、元々のキャラの生存力が低い白、青、黒で序盤に支配すれば
比較的安定ファクターとして見ることができそうです。
特に最近はロッソだけでなくアイビット存在があるので
シールドであっても耐久1にはあまり信頼がおけない為、
耐久3点の安心感は嬉しいものです。
プロジェクトアンタッチャプルとどちらを採用するかは仮想敵次第。

あと、おっぱいは小さめ。
ミルキニアンとか牛乳飲んで大きくなりたい系?

●1/1/1 ▼キャパシティ+1 シールド チャージ
白…スカラー/スチューデント
赤…アスリート/モンスター
青…ミスティック/ウォリアー
緑…ワーウルフ/ミスティック
黄…タレント/ヴァンパイア
黒…サイボーグ/ウォリアー
手札上限が増えるので▼キャパシティ-2チャージ2サイクルを支配して、
ついでにキャパシティ-X持ちの軽量ブレイク支配しても安心?
意外とスタンダードとか手札上限2枚とか発生しますし。
普通にシールドチャージでキャラスペックの最低限度は保っていますので
身体測定デッキでも組む際に是非。

あと、おっぱいはおおむね巨乳~爆乳。
O.P.M.(おっぱいみさいる?)サイボーグってすごいセンス。

●1/1/1 チャージ 支配時にブレイクでハンデス
白…タレント/マシン/ワーカー
赤…ゴースト/タレント/スキャナー
青…タレント/マシン/マーメイド
緑…イレイザー/モンスター/クリーチャー
黄…ウォリアー/タレント/モンスター
黒…イレイザー/タレント/クリーチャー
ブレイク時ハンデスボーナス付きの3分類アイコンキャラがなんとチャージ持ち!
但しブレイク時ボーナスは支配時のみ。
チャージテンポ的にはあまり得ができないのが残念。
とはいえジャスティスハートなどファストタイミングでのブレイクを狙うと
なかなか嫌らしい動きができそうではあります。
BCBキャラサイクルもこれみたく
「支配したこのキャラクターを~」ってつけるとマイルド?

あと、おっぱいは(もういい

●小型キャラ シールド チャージ
●大型キャラ シールド チャージ
●小型キャラ ECBチャージ
この辺のキャラ枠は再録がもっとあっていい、って言い続けてみます。
ベストセレクション的なものやテーマ的な再録パックを用意するのと
通常エキスパンションで一部ニーズに合ったところだけ再録するのと
きっと賛否は両論、果たしてどちらが良いかはわかりませんけれども。
少なくともキャラクターカードは絵柄さえ違えば再録に不満を持つ人は少ないのでは。

あと、おっ(以下検閲削除

●ドローキャラ(再録、新規)
ドローキャラはよく使われるので再録は嬉しいね。
気になる新規枠は
白…アンデット(211サイズ)
赤…ワータイガー
青…アンドロイド
緑…マシン
黄…鬼
黒…悪魔
などなど、他勢力の希少アイコン持ち。
脳筋っぽいワータイガーがカウンターカラーにいたり
マシンはいままで喉から手が出る程欲しかった耐久2を得てたりと
意外と痒い所に手が届いてるラインナップ。
いままで出来ることが狭くて使われてなかった
マイナーアイコンの構築幅が随分広くなっているかもしれません。

あt(もう引っ張りません

●2/2/2 ②エフェクトブレイクチューター
白…スチューデント/悪魔
赤…ゴースト/モンスター
青…クリーチャー/スカラー
緑…鬼/マーメイド
黄…アンデット/ゴースト
黒…サイボーグ/イレイザー
先攻公開でご存知、今回の注目サイクルその1。
なんでもインペリアルオーダーエフェクトってなにこれすごい。
多段ブレイクデッキや修行者四人組デッキの
足りないパーツを引っ張ってくるような用法だけでなく
おおむね現状の強デッキの主要アイコンで纏まっている為、
既存のデッキにポン付けでも充分デッキを強化出来そうです。
今後はよく見かけることになるでしょうね。

●2/1/1 ▼リムーブ1 ドロー&チャージ
白…スチューデント/アンデット
赤…タレント/ウォリアー
青…ウォリアー/タレント
緑…悪魔/ワーウルフ
黄…モンスター/ゴースト
黒…トライ/スキャナー
リムーブ持ち2点補給サイクル。
リムーブのおかげで実質1点補給となっており
除去耐性なども皆無に等しい為、通常のデッキでは採用圏外。
ワーカーのないドローキャラである点を評価するには
ちょっと登場が3年程遅かった感も拭えません。
リムーブを能動的に捨て札置き場を生成する手段として捉え
蘇生やイースターでリアニメイトを狙うデッキや
黒き獣で仲間を呼ぶデッキで超エンジンを組み立てる構築力がある人の出現に期待?

●1/1/1 インターセプト 支配時にファストタイミングブレイク可能
白…スキャナー/ワータイガー
赤…霊能者/スカラー
青…ミスティック/スキャナー
緑…ゴースト/ワーウルフ
黄…トライ/ワーウルフ
黒…イレイザー/クリーチャー
すごい、ぱにゃい、ちょお感動な今回の注目サイクルその2。
支配時のみでしかもチャージがないとはいえ、
ファストタイミングでブレイクが出てくるのはやはり強力です。
軽量ブレイクでもドローがあれば純粋に1ターン早くドローできるわけですし、
(ラツィエルなどドロー2点↑の中堅補給などこの機会に見直せると思います)
インターセプトもあるのでガード宣言→大型ブレイクなどのコンバットトリックも可能。
特に黒のイレイザーはザラキエルやミカエル、一色真純やエイミーといったCIP持ちが
セラフィックフェザーなしでファストタイミングブレイク出来る辺りなかなかキてます。
人造天使code-ながいのさんに至ってはセラフィックフェザーでは果たせなかった
「ブレイク」が可能となりCIPが起動するようになりました。

このキャラサイクルを使うならば、塔の♂精神1パワー0ドローサイクルだけでなく
♀で精神2のパワー0ドローサイクルまで併用してデッキを組むまでありそうです。
また、キャラの補給点数をファストタイミングで増やしていく代償に
キャラのアンタッチャプル性能は著しく低下しており
キネシュ、ミカエル、ランカといったファストタイミングでの
1点除去の応酬が予測される為それらへの対策など、
キャラレベルでのメタゲームも回っていきそうです。
この辺はBTに向けて要研究ですね。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

【キャラクター以外の共通サイクル】

●1F0C 軽量サイズ ▼リムーブドロー+2
白…スチューデント/アンデット
赤…タレント/ウォリアー
青…タレント/ウォリアー
緑…悪魔/ワーウルフ
黄…モンスター/ゴースト
黒…イレイザー/クリーチャー
なんと0コスト2分類が嬉しい2点補給。
とはいえリムーブ持ちで実質1点補給ではあります。
リムーブを捨て札置き場生成と捉えてリアニメイトと組み合わせ
ドロー2でデッキアクセス力を高めてかつ、ドロー処理に困ったら
勢力エリアに打ち上げて004セプチャなどでやさしくキャッチ。
、、、とか運用できれば強そう?
きっと錯覚な気もしますが、一度は試したほうが良いでしょうね。

●2F0C 軽量サイズ チャージ 分類に関わらず対抗勢力をブレイク可能
再録サイクル
白…タレント
赤…ゴースト
青…ミスティック
緑…モンスター
黄…アンデット
黒…サイボーグ
サガ2時代に愛用してたタルボスサイクルキター!!
これは強いのが帰ってきました。
仮想敵を色である程度絞れるならば、パワコン系カードと併用して使うことで
お手軽に強力なメタデッキを作成することができますし、
普通に使ってもセプチャが狙えて自身の素体数も
幅広く確保できるチャージブレイクですので、滅多なことでは腐りません。

昨今のメタゲームはアイコンやデッキ組成に対して対策を練る必要があり
どんどん複雑化、多次元化していたように思えますが、
今回弾のこれや後の対抗色レジストサイクルを見るに、
今後は昔ながらの『色相性でわかりやすく勝てる』環境に巻き戻っていくのかな、
という気がしないでもないです。

●2F0C ドロー 軽量サイズ 対抗勢力のパワー0ノンネームをスキル無効化
白…スキャナー/ウォリアー/ワーカー
赤…アスリート/ゴースト
青…スカラー/クリーチャー
緑…ワータイガー/マーメイド
黄…トライ/ヴァンパイア
黒…イレイザー/マシン
これらも対抗色殺し。
ドローブレイクですので、対戦相手がめいっぱいコストを支払った後に
今回のファストブレイクキャラをブレイクしたら詰みに嵌められるよね、
とか思ってアイコンを見てみたらこれまた意外に噛み合ってますね。
現状導師系のサイクルをエンジンとしているデッキが回りに目立つなら
それらへの有効な対策手段として活用できそうです。
ただ現状、タルボスサイクルと仕事が被る面もあるので、
どちらを採用するか、もしくは両方採用してガンメタを張るかは要研究。

●3F1C 中堅サイズ 対抗勢力レジスト&アタック可能
一部再登場ネーム。
対抗色へのレジストを持ち、しかもキャラアタック可能。
メイン色にシールドによる除去耐性がなければ、
あっという間にゲームを詰みに嵌めてしまうサイクルです。
特に最近は強いデッキというのはキャラが前向きであることが多いので
特定のデッキが一強として流行りだしたら
対抗色のこれらのサイクルでメタを張るのは有効な手段となりそうです。


ところで、ブードラではこの手のカードをピックしつつ
下家に対抗勢力のカードを押し付けると小賢しくていい感じなのですが、
ある日の冥約ブードラでアンデットバスターピックして孔明を流した挙句
下家から「実は孔明3積みなんやわ」なんてドヤ顔された
どっかのおじいちゃんの真似はしちゃダメだぞ!

●アイコン&自勢力対抗パーマネント
特定のアイコンと自勢力からダメージを受けずガードされないパーマネント。
よく見たらミラーマッチで強いって書いてありますね。
訂正してお詫び申し上げます。
現状で複数勢力に跨る強アイコンだったり、
白とかワーカーだったりしますので、ちゃんと使えばきっちり強いのは確か。

●オーラ系パーマネント
精神力を+1してそのキャラに重ねるブレイクのコストバック付き。
一応各色追加効果が
白…バトル相手のパワー剥がし(バインド対策イニシアチブ補助っぽい)
赤…デッキ回復(万里なんかで引き篭もって育成ゲーしたい貴方に)
青…ダメージ置き場のスペル回収(愚者ステラじゃ物足りない貴方に)
緑…他のキャラからパワードレイン(ブレイク即パン)
黄…パーマネントセット(インペリレイナポラ剣じゃ物足りない貴方に)
黒…一点火力(ミカエル16枚重ねようぜ)
こんな感じでよりどりみどり。
おおむね今回の大型多段などを重ねてください、というテキストですが、
デュアル持ちやCIP持ちを繰り返し使いたいときなどにも有用。
現状では使わないものも持ってるとそのうちいいことがありそうなレアサイクル?

●イラコン優秀賞カード
チャージ2とかプレイヤーアタック時攻撃力+1とか思ったより強くて安心。



というわけで、来週からはサンプルデッキをお楽しみに?
スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:2 | トラックバック:0 |

最近のアクエリアンエイジとデッキサンプル

今日の戯言「スケスケだぜ、、、○○キングダム!!」
     ○○に自分の名前を入れてドヤ顔でマインドアサシンとか

い○もキングダムって言いたかったんだけど言えなかったんだってさ(何?


さて。

もうすぐBT予選がはじまるということで、地方のトッププレイヤーさんなんかは
遠征計画を立ててる頃かと思います。

なにせ今年のBTより、中四国ブロックが中国ブロックと四国ブロックに分割。
西側はCC権利枠が1個増えたということで万々歳です。
確かに四国とか予選開催数(権利数)が関東に次いで多いわけで
なるほどめが○んさんブロックと言われるのも頷けますね。
我らが九州勢としましては四国というのは
直近の大分県ですら船で海を渡る必要がある為、
中部や関西に遠征するより労力かかるのですけど
(本州の人はよく勘違いしてるけど下関にはちゃんと橋があるよ!!)
それでも年に1回くらいはお邪魔したいものです。

そういえば今年もホーリーワードの戦闘員さん(?)などは
中部くらいまで行脚して、九州による西日本制覇を目指すとかなんとか。
みなさんもそんな九州まで遊びに来てみてはいかが?



まぁ、そんな話はさておき。

BT予選が行われている3月~4月にかけては
ブロッコリー社員さんによるアクエリの体験会が行われるようです。

6月に行われた昨年と違って、エキストラパック「なのはvivid」の発売に合わせて、
TCGが新しいコミュニティ獲得するチャンスである
「新年度」に行うという点が重要ですね。
また、BTの時期が例年に比べて早くなったのも、
この体験会により獲得したユーザーに各地方のBT併設で行われる初心者歓迎イベント
「アクエリ祭り」に参加して貰って、よりアクエリを楽しんで貰おうという意図が伺えます。
コンセプトが昨年よりハッキリしていますし、良い時期変更なんじゃないでしょうか。

こういったイベントは、人を集めるところまではメーカーや販売店のお仕事です。
昨年の体験会は予想以上の集客があったというお店さんが殆どだと聞きましたので
イベントとしては成功してたと言えると思います。

ただ、そこで集まった人が定着するかどうかはそこのお店、地域の
プレイヤーコミュニティの力によります。
いつも言ってることですが既存のプレイヤーさんはこういったイベントで
「また一緒にゲームをしたい」と思って貰えるような人になれるといいな、と
常々考える次第であります。

昨年の中部勢のCC台頭の最も大きな要因は「コミュニティの力」ですしね。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


とりあえず、
言いたいことは↑だけなんですが、それだけでは寂しいので
CCで(使うには論外で)お蔵入りしてた
明るく楽しいネタデッキでもひとつ。

「ベルセルク☆ムーンライト」

2 オファニムの長“オファニエル”
4 人造天使実験体“code-301655723”
3 創造の天使“ナタナエル”
3 ムーンライトエンジェル“天音アィ”(ネーム軽量ブレイク)
4 アネラ

4 ツインブラックホール(審判収録のレア)
4 混沌のオラトリオ
4 ベルセルク・イクイップメント

4 エンジェリック・ウィング
4 瞳天使
2 スノーボーグ(サーチ)
2 グラビア天使
2 竜紋天使
2 エンジェルメイド
1 レイニーブルー天使
1 エンジェル中学生(バインド1、対黄焼き戦の後手の場合は初手にサーチ)
1 ツインタワーボーグ
1 G.A.パイロット“蘭花・フランボワーズ”(ペネトレイトッ!)

4 人造実験体(codeの素体になる精神2ECB:ブレイブルー収録)
4 導師
4 エンジェルスレイブ

冥約発売当初に「ベルセルク・イクイップメント」って
私的には「なんか一押し足りないから使わないかな~」って言ってたのですが
周りからはみんなして「超強いだろ、何言ってんの?」的なことを散々と説教された割に
誰1人として調整はおろか公認大会ですら使わないので
ひょっとしてみんなのひみつ☆でっきとかだったら嫌だなぁとか思い
仕方なく自分で組んでみたとかそんな経緯のベルセルクデッキ。

コンセプトはベルセルク・イクイップメントを
ナタナエルか混沌のオラトリオ経由でテキトーなキャラにセット。
マイナーカード、ツインブラックホールを0コストで使用宣言して
ガード不能な2桁余裕の超サイズで脳筋シュートします。

以前、おと○んさんが晒してたナタナエル→スノウで繋げるよりも
足回りが環境トップクラスのイレイザー構築で安定するのと
混沌のオラトリオがある分コンボの成功率は格段に向上している、ハズ。
また、codeアビリティで自殺でダメージ置き場のナタナエルにアクセス可能。
コンボだけでなく普通にオファニエルで戦えたり、
ザラキエル採用のスロットを確保出来たりするのが魅力でしょうか。

一応、ツインブラックホールは3FXCのプロジェクトで
パワーがX以外のキャラはコストの支払いが出来なくなるカード。
X=0コストで使用宣言すればパワー0のキャラ以外からコストが支払えないので
精神力がおおむね0になってるベルセルク持ちはコスト代替アタックしつつ、
そのベルセルク持ちをキャッチできるのは
パワー0のキャラだけというキラーコンボです。

ダメージ置き場が増えすぎて殴れなくなったら
人造天使code-ながいの、のアビリティでベルセルク持ちを走らせましょう。

ナタナエルルートでも軽量ブレイクにしてネーム持ちの
ムーライトエンジェル“天音アィ”にセットできるようになったので
「ナタナエル戦車」や「ナタナエルモーンブレード」などの
大技も以前に比べて繰り出し易くなっています。


、、、とまぁ、デッキの魅力、良いところだけ述べてみましたが
実際のところはこの手のデッキは
コンボに要求するカードの多さの割に詰むカードが多いので
実戦で使う分には私はちょっと勇気が足りませんでした。

もちろん弱いデッキではないので、
誰か使ってあげて欲しいなとか思います。


以下カード屋さん解説っぽいキーカードテキスト補足。

○創造の天使“ナタナエル” ブレイク黒3F3C 4/6/4 イレイザー
このカードが場にセットされた場合、≪あなたの任意のあなたの手札のパーマネントカード1枚≫を、このキャラクター以外の、あなたの支配エリアのネームレベルキャラクター1人にセット可能。

○混沌のオラトリオ プロジェクト黒3F0C
メインフェイズ終了時まで、≪あなた≫は、あなたが次に使用宣言するカードの必要ファクターを無視して使用宣言可能。
いずれかのプレイヤーがこのカードの必要ファクターを満たした状態で、このカードがダメージ置き場に置かれている場合、≪プレイヤー全て≫は全ての勢力のファクターを1つ得る。

○ベルセルク・イクイップメント パーマネント黄5F3C -X/+X/+X
▼ ドロー-X
Xはあなたのダメージ置き場のカード枚数に等しい。
≪あなた≫は、あなたのデッキの上のカード2枚をあなたのダメージ置き場に置くことで、このキャラクターからアタックコスト・ガードコストを支払ったものとして扱うことが可能。

○ツインブラックホール プロジェクト黒3FXC
メインフェイズ終了時まで、≪パワーがXに等しくないキャラクター≫からコストを支払うことができない。


ともすれば解説がいつもマニアックすぎるとのことなのでw
↑みたいなのが今後も必要だったら言ってください。

んでばそんな風情でまた来世。
アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:2 | トラックバック:0 |

ちょっと遅れたCC簡易レポですよ

CC参加されたみなさまお疲れさまでした。
ちょっと遅くなりましたが、みなさんお待ちかね(?)
きらたんのCCレポートをお送りします。

スタンダード
4回戦スイスドロー
使用デッキ「仙術書レイチェル」

1回戦 ぽちレイチェル(いぬもさん) 
TCGは試合前の会話を楽しむスタンスの自分が
緊張で口数が少なくなる程度にはいきなり一回戦からクライマックス。
まぁCCではいつものことです、と開き直ってしまうのは何故か思い返してみたら
過去参戦したCCの1回戦の歴代対戦相手は
03年エフマス、05年ののきゅん、06年にゃーたん、10年いぬもさん←NEW!!
、、、でした。何気にくじ運ぱにゃい?
後攻
ディスカード合戦は行わずこちらネラプシ展開で手札8枚先手スタートするも
相手はきっちりクリムゾンからの2ターン雪乃。
その後互いにレイチェルを出されないよう雪乃の支配権を奪い合うも
相手の方が先にきっちりレイチェルに繋げて、そのまま押しつぶされました。
負け。
互いに雪乃を横取りされたターンはレイチェル引いてなかったのですが、
引かれてない前提で動くにはちょっとアレな対戦相手ですよね、お互い。

2回戦 小石川フュージョン(伯爵さま) 
天下のメイド伯さまメイド伯っていうくらいだから白だよね?
小石川ならカウンター構えれば勝てるけど、ミコトは嫌だなぁ、、、
やっぱりデッキにメイド長さんは入ってるのかしらん、とか考えつつ。
後攻。
相手が後攻有利カードで展開したわけではなかったので
2ターン雪乃からハーフロックを決めつつ優位に。
レイチェルはマインドアサシンされたので
毎ターン、キャラとクリムゾンと雪乃で殴って(必死だな)
勢力ダメージも期待値に入れつつ相手ドローアウトまでせこせこ戦ってました。
勝ち。
スタンダードってもう少しサクっと決まるゲームだった気が、、、

3回戦 イレイザークラス占拠(新堂紘さん)
試合前の戦績予想(トトカルチョ)が行われた人気者新堂さん。
後攻。
仙術書を引かなかった&引いたときには3コストになってたのもあったので
BCBからのレイチェルを繰り返して相手にファスト除去を使わせ補給差を確保。
しかし自分が余計な計算アドゲーに終始しすぎたせいで
時間切れ間際のコールに気付かず
勢力にベルゼバブを撃てば終わりというところでタイムアップ。
引き分け
練習の際に制限時間を考慮に入れてなかった自分のミスです。CCなのにね。
これを取ってれば決勝進出の目があったミスだけにそれなりにショックでしたよ。
ついでにトトカルチョもこれで勝てばいぬもさんと一緒にピタリ賞(?)に出来たのにね。

4回戦 赤単霊能者(はるかさん)
巫女服コスプレと甚平コスプレの素敵な赤使い対決?
や、こっちはレイチェルですけど。ほら仙術書とか入ってますし。
先攻。
じゃんけんに負けて先攻を取らされるも、
この人は絶対幣巫女系の赤単(かの有名なはるかんバリアー)に違いない!
ということでターンエンドはせずそのまま先攻スタート。
正解で相手は2ターン程赤キャラ支配のみで推移。
こっちはデッキアウトを考慮に入れて
ネラプシをきっちり1コスト支払って出すようなプレイングで雪乃を立てるも
レイチェルを引かないのでそのまま殴りかかりデッキを削りに。
魔絶ちと仙術書でカウンター合戦をするも負けてちょっと面倒になりましたが
後のターンにレイチェル重ねブレイクで一気に持っていって、
ダメージに狛獅子が2枚落ちる前にベルゼバブが通って抜けたのでなんとか。
勝ち。
せっかくならエクストリームで赤ミラーしてみたかった相手だったのですが
まぁ先攻ゲーでしょうか。


エクストリーム
4回戦スイスドロー
使用デッキ「ちゃいなっ」

1回戦 焼きネフティス(鬼更木弧龍さん)
試合前のトークでフールテキストの幼刀村正で瞬殺される程度の年齢差が判明。
いや、このCCは勢いのあるプレイヤーさんが多くて良かった。
先攻。
後手の相手からの3ターン目サンダーストームはきっちり魔絶ちでカウンター。
その後はバニッシュだけケアして中途半端に殴ったりせず
青龍、美鈴大、万里、紗綾とガッチガチに固めて
呪縛+軍巫女祝詞+紗綾エフェクト→ネフティスというオーバーキルで〆。
勝ち。
この試合後のトークで「今回は中部勢のメタゲームに読み勝ったか!?」などと
密かに思ってたかどうかは定かではありませんが、
エクストリームの赤単採用に手応えを感じていました。

2回戦 四巫女宝船(春紫苑さん)
約10年ぶりの対決!!
こういう対戦って、やっぱワクワクしちゃいますよね。
ついでにここまで6回戦、すべて対戦相手が中部勢(元中部の伯爵さま含む)!
後攻。
まさかの赤ミラーで後攻、相手は2ターン葛洪、3ターン宝船。
ここからの勝ち筋がこだま神鳴り程度ならどうということはないので
こちらも3ターンBCB青龍&うららで追いかけるも、
相手が超補給で出してきたのはよりによって他の3巫女。
こちらの青龍と合わせてハイパー4巫女が成立して
攻撃力13のインフニティペネトレイト精神攻撃無効とかいう
意味不明生物と化した朱雀にサクっと殴られ終了。
負け。
先攻3ターン宝船って五雷法(笑)レベルの
環境最強クラスの強さだと思ってますし最後まで投入を検討してたんですが、
アイコンをそっちに寄せる必要がある割に、宝船引かないゲームが酷いから
使う側には回りたくなかったんですよね。人造天使も面倒でしたし。
パイモンしかいなかった頃の緑単みたいな大爆発orもっさりな具合がアレ。
しかし赤が強いと認知された後のメタゲームでの宝船は
一方的なゲームが成立し易いという意味で青龍より危険な匂いががが。
という負けDOG的な何か。

3回戦 青単フレイヤ(Ri;zさん)
決勝進出の為にはここから負けられない戦い。
後攻。
2ターン青龍出来ない手札だったので引き直したら
こんどは2ターンBCB青龍に1枚だけ足りない手札に。
引くと信じてドローするも2ターン青龍出来ず、
よりによって相手が3ターンデスルーン。
残念ながらカウンターはなかったので半更地。
負け。
青には赤有利とか言うけど、青って除去勢力&精神攻撃なんだから
極端なメタカードをしっかり引けないと青側圧倒的有利だと思うわけです。
そんなチートな青スキーさんと普段調整している赤使い(?)の戯言。

4回戦 黄単焼き(てふGさん)
さて、ここに来て対戦相手はてふゴットさんですよ。
相手は4勝3敗、自分が3勝3敗1分けですがざっと回りを見渡すと、
スタンで対戦した相手とは当たらない変則スイスドローの為、
(昔のCCで同じ対戦相手とばかり当たる方式だったのはクレームを付けた)
この時点でのエクストリーム全勝者が3敗ラインなどとマッチングされてまして、
ひょっとしてここでてふGさんを斬って、
この日は無双状態のいぬもさんが3敗のののきゅんを斬ったりすれば
実はまだ目があるんじゃないかな、とかそんなこんな。
後攻。
わお、2ターン目にイキてるてふGさん相手に後攻ですってよ奥さん。
確定で死んだかなと思ったのですが
相手は2ターン目にキャラ支配エンドに対しこちらは2ターン青龍。
そうなってしまえば相手が全力で前を向いてるデッキだけに
こちらは全キャラ青龍で防御可能という圧倒的有利、
ついでに青龍のパワーカード葦原中国と忍者装束いうオマケ付なので
おおむね攻防はここで終了。
勢力に殴られ続けてる相手はバニッシュで1チャンスあったけれど
ケアして動ける程度の補給差はあったし
そもそもそれすら引かれなかったので軍巫女祝詞+呪縛で〆。
勝ち。
その後てふGさんとはいっぱい対戦して夜も語り合いましたとさ。

というわけで、ののきゅんが全力で勝ちをもぎ取ったので
ここできらたんのCCは終了。
決勝トーナメントに残るにはやはりちょっとだけ足りない部分があるようです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


夜はブロッコリーの招待で会食。
中華のコースで、社員さんなど交えアクエリトーク。
最近のアクエリの展開はてんちょーとしての自分からはあまり言うことはないので、
(昨年度のアクエリは好調でした。今年もこの勢いを伸ばせる企画、展開を期待してます)
プレイヤーとしての談義に華を咲かせていました。

この際に話のタネで出た「独りで出来るTCGデッキ調整法」でもひとつ。

・自分のお気に入りの最強デッキを用意します。(今回は60枚と仮定します)
・それをよくシャッフルして7枚の束8つと4枚の束1つに分けます。
・7枚の束で初手采配を行い、4枚の束から2ターン目のドローフェイズまで行います。

上記を繰り返し8つの束の中から「事故、もっさり展開と感じる手札」が
2つ3つ以上出てくるようだとデッキは要調整です。
本番では事故ったことがなかったり、バランス完璧脳内最強デッキでも
この事象を繰り返すと意外と8つの束からダメな初手が1個は出てくるものですが
逆に3回繰り返してダメ手札が64回中1回もなければ、
そのデッキは無事故セーフティな優良デッキっぽい仕上がりです。
足回りに傾倒しすぎていないか、フィニッシュパターンは環境に適しているかどうか、
という点だけ再考してみて大丈夫ならかなり強力デッキの調整完了です。

3回デッキをシャッフルするだけの手間で64回の初手采配を確認できるので
毎回デッキをせこせこシャッフルして3ターン目までやってみる、とかより
少ない時間で効果を上げる練習法だと言えます。
調整時間の確保が難しい社会人などにはオススメ。

例えば軽量ブレイクは7枚あれば2ターン目までに理論値では1枚引けるんだけど
綺羅デッキやmei.A デッキでは毎回8枚相当入ってる理由はその辺の調整成果。


で、解散してからのホテルではてふGさんと夜食のラーメン食べに行ってみたり
ののきゅんの調整に顔出して赤単使って予定通り小此木にボッコされたり
いぬ×ぶるさんの調整会を強襲してイングリット占拠のノウハウ投げたりで
裏CCを満喫。
でも割と決勝トーナメントに残れなかったのが傷心(笑)だったらしく
2時半には部屋に戻って就寝。

朝はホテルのバイキング。
相変わらずmei.A が白ごはんを日本昔話盛りするのを冷ややかに眺めつつ。

BCCの会場に行くも、当日受付のジャッジさんと話をしてみたら
ニューイヤートーナメントに出るとCCの対戦中継が見られないかも、とのことで
私個人のメインの目的はCC決勝の中継をニヤニヤ眺めることだったので出場せず。
後から準決勝の様子は中継されないと聞いてがっかり。
これなら出れば良かったと思いつつ、途中で試合観戦の為ドロップとかするのは
それまで勝ってた場合に対戦相手に失礼なのでまぁいっか。とかそんな風情。

途中暇になったので勝ち上がってるげそPさん辺りに遊んで貰いつつ。

3位決定戦
F.Tさん VS いぬもさん

スタンダード ぽっちぇる×葛洪万里

F.Tさんが後攻ブレイクを出すでもなく2ターンキャラ支配で推移しているところを
2ターンBCBうらら、3ターンBCB水樹鏡花、その後も美鈴、葛洪と順当に展開。
いぬもさんが優勢な状況でアタックしていき勢力込みでダメージも9まで。
桜吹雪も回収したのが見えたので、こりゃーいぬもさん勝ったかな、とか思ってました。
F.Tさんがぽち2段からレイチェルに繋げ、CIPで青龍剥がし。
そこは先に葛洪剥がさないと万里回収されて詰んじゃうよね、などと
解説の春紫苑さんとmei.A さん(!?)
案の定いぬもさんが葛洪で万里回収してセット。
6FあるのでF.Tさんのアタッカーが全員止まりました。
しかしF.Tさんはデッキの構築段階からスペルがほば投入されておらず、
それに気付いたいぬもさんがドロー処理にパワー采配を移行したところを狙っての
エリスの黄金林檎トップ。
美鈴にも水樹鏡花にもパワーがセットされていなかった為通ってF.Tさんの逆転勝利。
マウント取ってるいぬもさんを捲るとか見てる方が驚いたってば。

エクストリーム メディアアシッド×FDアンデット

こんどはいぬもさんがまったりキャラ支配でエンドで推移し、
F.Tさんが速攻でメディアを立てるゲーム展開。
ECBがいない(相手勢力中に手札が増えない)のに相手ターン中に
メディアアシッドコンボを繰り返し、いぬもさんの場が沈黙。
ドローフェイズにいぬもさんが何か引いてればなんとでもなっているだけに、
あのアシッドクラウドは自分のメインフェイズ中に使った方が云々とか
そういうレベルじゃなく残念。


決勝戦
のののさん VS くうふくさん

こっちは中継を直接見た人も多いでしょうから割愛です。

個人的には安全確実なルートでプレイングすると思っていたののきゅんが
マインドアサシンなしのキネシューガン積みで前のめりだったり
青龍ラストパンチみたいなハイリスクハイリターンなプレイングで動いてたのは
私個人のひみつ☆のぉと的には予想外。
若手強豪相手に構えちゃいけないのは確かにセオリーですからね。
くうふくさんはラストターンまで折れずに的確に対処していたので、
CC決勝に相応しい見応えある対戦でした。

こういう対戦動画はネット配信した方が絶対良いと思うので
来年からは是非やってもらいたいところです。


そんなこんなでCCは終了。
優勝されたのののさんは本当、おめでとうございます。
10年前の戦国で一緒になってからというもの
年に1回程度しか会えない中、天才プレイヤーだのなんだの呼んではますが、
今回は最も努力した人がチャンピオンになったことを私も嬉しく思います。
是非ともチャンピオンとして今年のアクエリを盛り上げていってくださいね。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


実は閉会後にののきゅん祝勝会という名の
超メンバーによる「裏の裏CC?」が行われました。
関東と名古屋のコミュニティの話とか、いまのTCGの有り方とか
いろいろ楽しくみんなとお話できて嬉しかったです。
幹事を引き受けてくれたえるます、総帥に他の参加してくれた皆さんにも超感謝。
飲み会後はかの有名なてふます邸に泊めて頂いて、朝まできゃっきゃしてました。
ありがとう!!


う~ん、やっぱり久々に参加したCC楽しすぎて
優勝するまでは引退とかできそうにないです。

やばいね、アクエリ。
アクエリ(雑感その他) | コメント:2 | トラックバック:0 |

2010年CC本選使用デッキ解説

さて。
ただいま。

ここ見に来る方はもうご存知かと思いますが、
今年もCCは5位でギリギリ決勝トーナメントに残れずしょんぼりしてました。
前回も前々回もこんなだったということはそういうキャラなのかね、俺。
反省は自分の中でいっぱいあるのですが、それはさておき。

CCの使用デッキだけは賞味期限というものが存在するので
採用デッキを先に解説しちゃいますよ。

CCスタンダード使用デッキ

「仙術レイチェル」

4 ゴシックヴァンパイア“レイチェル・ルノヴァーラ”
4 雪女“雪乃”
2 鉢かぶり姫
4 クリムゾンメイド
4 ネラプシ

2 ベルゼバブの飢餓
4 茨の枷
4 仙術書

4 ビックフットスーツ
4 ヴァンパイア・ドクター
4 白海蛇
2 トラップデビル
2 観覧車ヴァンパイア
1 ブラックドックガール(チャージ2、雪乃ルートでは支配したい)
1 ソーン・デビル

4 更龍(ネラプシ素体の003セプチャ)
4 学生破戒僧(愚者ステラステージをメタから切る決断が出来ず)
2 パフォーマー(その辺のダメージカードより数倍点数高いので)
4 アルビノお嬢様(BCB 補給薄めなのをこれでカバー)

スタン選択デッキは軽量ブレイク8枚体制のまっすぐレイチェル。

○デッキの狙い
2ターン雪乃や3ターンレイチェルというスタンの最短距離アクションを
ファストタイミングで阻害してくるマインドアサシンやキネティックシュートを
仙術書で対応するというのがコンセプト。
茨の枷で相手のメインフェイズ中の行動は減速させ、
こちらのメインフェイズ中は仙術書でのびのび行動する、というのが狙いです。

○メタ読み
最大勢力は塔二段、中でも「ぽちレイチェル(以下ぽっちぇる)」読み。
このネラプシタイプは構築の組成上、デッキの最大パワーはぽっちぇるタイプより低く
ミコトデッキへの除去耐性などが落ちている反面
相手より先にレイチェルを出す、という点に於いてはぽっちぇるタイプより安定し、
塔二段に対しても有効な選択になります。
CCのメタゲームはミコト<塔二段(ぽち、小石川)という読みだったし
実際にやってみたところこれは正解だったとの解釈。

あとスタンはマインドアサシンや茨の枷の有用性がエクストリームより高いので
0コスト上昇を対策するより使う方に回る方が強いという読み。

ただ「このデッキに勝てるように」ミューズ日照り(+仙術書)までやった
同郷のmei.A は残念ながらミューズが空振った感が否めませんでした(※1

○変遷
当初は「ぽっちぇる仙術書」的な構成だったのですが、
ぽっちぇるがあまりにもスタンでメタの中心すぎて
ぽちの先出しの為に行うディスカード合戦を私が極端に嫌ったのと、
ぽちを経由する手間を軽量ブレイクで繋げてレイチェルを早く出すスタイルの方が
自分の性に合ってた為、ネームの少ないネラプシ鉢被り構築となっています。

○使用上の注意点
デッキの最大パワーが低いということは相手の逆転の目をパワー采配などの
プレイングで回避する必要もあるので、そういうのを嫌うならば
メタゲーム云々とか気にせず語らず最大パワーの高いデッキを使った方が安心。
私個人がダイス目で1~6まである普通のデッキより
345の目しか出ないデッキが好きなだけですし。
コピーしてこれ弱いとかいう苦情は受付ませんので悪しからず(笑)




CCエクストリーム使用デッキ

「(あしはら)ちゃいなっ!」

3 現巫女“厳島美鈴”(永続的なエフェクト対策が重要)
2 陰陽家“土御門紗綾”
4 四神青龍の巫女“竜ヶ崎藍”
4 捧巫女“狭野うらら”(青龍の真の強さを発揮させるには3積~が必須かと)
3 ネイティブチーフ(♂霊能者の3枚破棄ドロー、導師を横取り可能)

2 呪縛(紗綾と相性の良いエンドパターン)
3 魔絶ちの法
3 軍巫女祝詞(うらら青龍でさっさと終わらせたいゲーム、防御使用にも気軽に)
3 葦原中国(青龍や魔絶ちでダメージ置き場に送るとリア【ニメイト手札】充【実】)
2 万里の長城

4 忍者装束
1 羅盤師
1 神職
1 凧忍者
1 節分巫女(2ターン青龍がこれ経由だと補給足りないので1積み)
3 導師
2 土着神
3 看病娘
4 辰巫女

3 霊感魔女見習い(ファクター発生ブレイク)
4 サトリメイド
4 清め巫女

九州の誇るサガ1時代からの赤使いさん(?)によるお手製デッキ。

○デッキの狙い
スタンダードの強デッキ美鈴万里の葛洪に相当する部分に
個人的に冥約では秘匿しとこうかと思う程度には強いと思ってた
葦原中国(あしはらなかつくに)を採用。
ダメージ置き場のカードをリアニメイトしながら美鈴万里でガッチリ固め、
紗綾+呪縛や軍巫女祝詞で相手のデッキの最終形態より更に上からグーでパンチ!
正統派アクエリアンエイジを狙います。

○メタ読み
仮想敵はFD構築による黄焼きやネフティス孔明と黒単全般。
相手の焼きを青龍or魔絶ちの法で回避して、
美鈴万里で詰みに嵌めるだけの簡単なお仕事です。
孔明が面倒なのでエフェクト封じは折り紙ではなく美鈴大。
ネフティスが面倒なので葛洪(小)よりうらら優先、
貫通手段も弓削の本体火力ではなく紗綾呪縛。
ミラー用に加速横取り要員ネイティブチーフ採用したし
赤とメタ外はおおむね万里で沈黙するよ、とか書くととっても無敵っぽくて素敵。

一応、キュベレイ入りの女神や小此木絡みのアルカードだけは怖いのですが、
その辺はおおむね黄焼きやザラキエルタイプの黒単のカモなので無視しました。

○変遷
バインド系能力で能動的にダメージに送れる葦原中国がとにかく強い、ので
スタンダードの富貴符織倉などに採用して研究してたのですが、
雪乃もレイチェルもいない世界で青龍うららとか幸せな鉄壁であることに気付いて
エキストリームでこのデッキを採用しようと思ったのが昨年のサバト前。
(巷?では赤単は空気とか言われててびっくりしました)
こだまとかひふみとか桜吹雪とか弓削とか途中色々経緯はありましたが、
その勝ち筋は青龍うらら構築より宝船デッキにしてしまった方がいいし、
大半がネフティスと孔明に否定される為、
紗綾呪縛という盤面上で対応を目指したのがCC2週間程前の話。

○使用上の注意点
解説ついてると隙も少ないしとっても強そう(?)ですが
あくまで正統派アクエリアンエイジなので
先攻取られてカウンターも引いてないうちに更地にされたり
先に超補給されて(うららの精神攻撃を無効、回避しながら)超サイズで
ガッってされたら普通に負けます。


そんな風情で自分のデッキ解説でしたよ。
レポートは近日中!!



※1)某所で言われた空回り?
よく考えたら堅実にヨコのプレイングする今回の名古屋勢には
ミューズはあまり効かないってちゃんと調整段階で気付かなきゃダメですわね


アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。