甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

祝!約束の世界発売な風情

今日の戯言「ありがとウランっ! さよなライホルドっ!」
       魔法のことばで更地が増えるね たのしい▼(なかま)がぽぽぽぽ~ん?


なんか最近マイブームな戯言です。
ゲームの勝敗はさておいて焼いてれば幸せという、うぃずだむ屋さんの諸兄は是非。

、、、

世の中ではアルカナシリーズを締め括るエキスパンション
「約束の世界」も発売されましたね。
今回は気になるカードが多すぎて困っちゃう仕様で
1枚のカードでブログ記事1回分いけそうです。
まっとうにレビューしてたら終わりそうにない。

今回も某チャットで朝まではしゃいでたらおおむね満足しましたので(ぉ
本日はおなじみ「共通サイクル考察」から
後日「環境に影響を与えそうなカードランキング&考察」みたいな流れでいきましょう。
その後「ワールドのイケメンデッキでこの夏の流行を先取りしちゃえ☆ミ」みたいな
末期的な企画が立ち上がったら、
きっときらたんはアクエリ出来なくて欲求不満なんだなぁ、
と冷ややかにブログを楽しんで頂ければ幸いです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


その前に、ちょっと話が逸れますが。

○めがねんさんの同人誌の話
いろんな方の為になる記事が満載の同人誌でしたね。
アクエリ三十六計とかいうのを真面目に読んでくれた方、
どうもありがとうございます。
兵法というか主にゲーム外の強さの追求ですから、
アクエリ強くなる記事とはちょっと違ったかもしれません。

個人的には昔からジョニーさん偏頭痛記事のファンでして、
そちらなど楽しく読ませて頂きました。
偏頭痛記事は主にフレーバーの話だったわけですが、
私の一番好きなアクエリフレーバーは

「性懲りもなくまた来たわね!このヘンタイ!」です。

あ、別にきらたんはマゾ(だけ)じゃないよ。

んで世界ではネームのフレーバーはBOX特典の勢力マーカーに記載されてるわけですが
たいへん面白いものが多かったですね。
“スヴェア・ノルシュトーム”とか思わず噴出しちゃいましたし、
“ファイラ”&“クリオラ”に至ってはどうみてもアレでした、ごちそうさまでした(ぇ

アクエリはキャラゲーとしての側面も大事だと思いますので
今後もこのようになんらかのカタチで楽しいフレーバーは残していって欲しいものです。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


では本日のカードレビュー共通サイクル編。

最近ではレビューされる方もちゃんと共通サイクル、
キャラレベルまで考察されてる方が多いので、
単体の運用だけでなく相性のいいカードまで模索していけるといいな。


【キャラクター共通サイクル】

●0/0/3 チャージ1 同色ネームがいる場合チャージ2シールド
白…サイボーグ/悪魔
赤…鬼/ドラグーン
青…アスリート/マーメイド
緑…ゴースト/サイボーグ
黄…アンデット/スカラー
黒…トライ/アスリート
精神0の♀アイコンでメイン色での採用を避けたいところではありますが
その見返りはネームが出ればチャージ2とシールドと大変魅力的。
特に白は元々現環境のメジャーアイコンではないのと、
1F域にエクストラ系のネームが豊富で他勢力と一線を画しています。
1ターン目にサイバネティックデビルと他勢力キャラ支配、
2ターン目に雛森まゆやスマイル☆シューターの2点補給を
コスプレ売り子からBCB、という流れは狙う価値のあるものなんじゃないでしょうか。
また、これらのキャラを採用するデッキは、
黒に限らず、時限式爆弾を採用または警戒させておくと有効かもしれません。

●0/0/2 インターセプトチャージ1 バトルで捨て札されたら1ドロー
白…イレイザー♂/ミスティック♂
赤…クリーチャー♂/ヴァンパイア♂
青…スチューデント♂/ウォリアー♂
緑…悪魔♂/ゴースト
黄…スキャナー♂/悪魔♂
黒…クリーチャー♂/アスリート♂
1ドロー可能(しなくてもいいよ)という辺りがなかなかに頭がいい新型セプチャ。
はじめて蛇使いで精神0のインセプ+チャージのキャラが出てきたサガ2後期に
「キャラがこんなに便利になるなんて!未来はこんなカードが登場するに違いない!」
とか【五雷法を使いながら】きらたんが妄想してたレベルのカード。
世界一周や▼高打点キャラなどで勢力エリアにバラ巻いて
自分のキャラでアタックしていきドローに変換することも出来るものの
今のところはそんなアクションはあまり効率が良くないのでなんとか。
♂アイコンなのでメイン色でも採用出来ないこともありませんが、
耐久2は今環境よりグラビトンで悲しみを背負うこともあるので
基本は他色に色を散らして採用したいところです。
よってメイン色で採用するセプチャは耐久4で良いでしょうね。

●1/1/1 ▼ブレイクコストバック
白…タレント♂/霊能者♂/ワーカー♂
赤…霊能者♂/スカラー♂/ドラグーン♂
青…クリーチャー♂/ミスティック♂/スチューデント♂
緑…悪魔♂/ヴァンパイア♂/鬼♂
黄…ミスティック♂/スキャナー♂/モンスター♂
黒…ドラグーン♂/タレント♂/イレイザー♂
みんな大好きBCBキャラサイクルが♂アイコンに。
もうさ、ドローキャラばりの基本サイクルにしちゃえばどうかなコレ(苦笑)
今回のファストタイミングブレイク可能な軽量のサイクルとアイコンが噛みあっており
しかも黄色以外は後攻執事までカバーしている点が評価高いです。
(買い物ウォリアーの一刻も早い再録が望まれるわけですが、それはさておき)
FD構築というのは元々後攻からいかにして巻き返していくかという発想から来ていますので
そこに後攻執事が加われば、昨今のエクストリームの先攻ゲーぶりが
だいぶ緩和されるのは間違いありません。
後攻から2ターン目にBCBできる後攻執事を展開した場合の
補給力と対応力は素晴らしいので、しっかりとこのサイクルを採用した場合の
足回りの枚数調整などは行っておきたいところです。

いままであまり採用圏内に入っていなかった♂の大型、超大型なども
この機会に見直すとかなり強いものが多いのですが、
元々強かったレイ・アルカードがチート級の性能になってしまったのがなんとも。

●1/1/1 支配時にアクティブキャラセット
白…タレント/スキャナー
赤…アスリート/タレント
青…クリーチャー/ドラグーン
緑…ワーウルフ/スチューデント
黄…トライ/ミスティック
黒…ヴァンパイア/アンドロイド
支配時にデッキから好きなキャラをアクティブに置けるため、
チャージを持っていなくても▼打点分の補給点数がある、と捉えることもできます。
引っ張ってこれるのが他色のキャラでも良いので、
このサイクルを出来ればファストタイミングなどにブレイク出来るデッキで
採用するのが望ましいのではないでしょうか。
ちょっとクセの強いカードではありますので、明確な理由なしで採用してしまうと
あまり強さは見えてこないサイクルかもしれません。

●1/1/1 チャージ 手札からセット時パワーカードをテリトリーから移動
白…スチューデント/アンドロイド
赤…ゴースト/スカラー
青…ミスティック/イレイザー
緑…鬼/悪魔
黄…ワータイガー/ウォリアー
黒…ワーウルフ/サイボーグ
一応、勢力エリアにセットからブレイク即アタック宣言、とか
勢力エリアの下にパワー1挿しで埋もれてしまった初手▼キャラからの移動とか
すごく地味な使い方はいくつかあるのですが
現状ではその為にこのキャラサイクルを採用しようとは思えないので
誰か上手い使い方を教えてください。

●小型キャラ シールドチャージ
●大型キャラ シールドチャージ
●大型キャラ バインドチャージ
この辺のキャラ枠は再録がもっとあっていい、って言い続けてみます。
ベストセレクション的なものやテーマ的な再録パックを用意するのと
通常エキスパンションで一部ニーズに合ったところだけ再録するのと
きっと賛否は両論、果たしてどちらが良いかはわかりませんけれども。
少なくともキャラクターカードは絵柄さえ違えば再録に不満を持つ人は少ないのでは。

、、、と、毎回コピペしといてみましょう。
今回は白だけ少々特殊になってて面白いですね。

●ドローキャラ♂
白…スチューデント♂/スキャナー♂
赤…鬼♂
青…タレント♂
緑…スチューデント♂
黄…ミスティック♂
黒…ヴァンパイア♂

●ドローキャラ♀
白…スチューデント/タレント
赤…タレント
青…スチューデント
緑…クリーチャー
黄…ドラグーン
黒…ワータイガー
白だけ特殊スペック。ドロー+2の3/0/1は使ってみたいすさまじい能力ですが、
1回キネシュやグラビトンでパワーカード毎なぎ払われたらトラウマになること請け合い。
何気にタレントやクリーチャーは初の耐久1ではないドローキャラをゲット。
ドラグーンは確かサガ1時代には稀少種族的な設定だったと思うんですが、
ィアーリスさんが頑張ってぽこぽこ生んじゃったのかどうか知りませんが
最近では各勢力に進出しまくりです。

●大型キャラ チャージ パワーMAX時チャージ2バインド1シールド
白…アンドロイド/スキャナー
赤…霊能者/鬼
青…悪魔/スカラー
緑…ヴァンパイア/モンスター
黄…ミスティック/霊能者
黒…イレイザー/クリーチャー
環境の変化を見極めたい今回の注目サイクル。
パワーMAX時のボーナスがチャージ2と最高品質の除去耐性。
但しパワーを支払ってしまうと並のチャージキャラ。
昨今の流行はFD構築をはじめ、最序盤から積極的にコストを支払って
展開、妨害を行っていく為、このサイクルは逆風です。
ただし、逆にどっしり構えて展開は0コスト軽量とキャラ支配、
クロスファイヤハリケーンのようなエンドプロジェクトや
4F4C大型などのエンドパターンを寄り道せず最速で繰り出そうと考えた場合、
生存力と補給力を両方高いレベルで持っているこのサイクルは重要になるでしょう。

個人的な評価では、後日考察予定の2ターングラビトンや、
今後増えると予想される開幕イレイザー狩りなど回避できる初手キャラとして、
このキャラサイクルに対応した軽量ブレイク、エンドパターン選定した
世界環境での新しいタイプのデッキの基礎と成り得る可能性もあると思っています。

●大型キャラ チャージ パワーセット時ブレイクすれば1ドロー
白…マシン/霊能者
赤…クリーチャー/霊能者
青…イレイザー/悪魔
緑…モンスター/トライ
黄…ウォリアー/スチューデント
黒…タレント/マシン
基本大量ドローが可能なゲームにおいて、精神力の高いこのサイクルを
わざわざ支配してまで1ドローをしようとは思いませんので
基本的には勢力エリアにパワー1挿しでしばらく放置、ある程度キャラを呼び出して貰ったら
ブレイクして1ドロー、といった使い方が主だと思います。
となるとメイン勢力ではなくサブ勢力での採用が主。
デッキに投入する場合はアイコンをよく考える必要がありそうですね。


、、、と、今日のところはキャラのサイクルまで。
続きはまた来週な風情。
スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:2 | トラックバック:0 |

2011年九州BTレポですよ

随分遅くなりましたが九州BTレポなどを。

九州BTはホーリーワードのメンバーは何名か仕事の都合で出場できなかったのですが、
それを差し引いても大分よりなんと12名の遠征者。
その内約半数は今回がBT初参戦、昨年~今年にかけてアクエリをはじめた方です。

自分なんかの世代ですとカードゲームを対戦する機会を確保するだけでも
それなりに大変でしたので、遠征も割と気軽にしていたのですが、
対戦スペースがあるカードショップが地元に当然のように存在する昨今、
交通の便の悪さに定評がある大分から他県に遠征する手間や労力を考えると
なかなか遠征計画というのは実行するのは大変なものです。
そんな中、新規プレイヤーさんなどが今回遠征で九州BT出場してくれたのは
たいへん嬉しいですね。


では簡易レポ。
当日予選にはなんとびっくり九州なのに16名参加。
2勝した4名が確実に突破となります。
地元の若手プレイヤー(なんと10代!)や熊本の強豪面子など
明らかに予選に出れなかったメンバーも多かったので、来年は予選開催店舗をもう少し増やしたいなぁ。
みんな地元のお店でちゃんと開催して貰えるように各々店長さんにお願いしとこうな。

使用デッキは先日レシピをUPした黒単イレイザー

1回戦 鈴シュート
おそらく一般的な鈴シュート。
先攻。
初手に4F4Cが集中するもっさり手札で挙句2ターン目に黒キャラが止まるも
こちらの初手支配の感天使で相手が1手遅れた為、3ターン目にシュート出来ず。
返しに引いてきた軽量ブレイクからcode‐~ →オファニエルに繋げ、
3コストエフェクトで鈴の攻撃力を上回る状態にしてザラキを構えました。
勝ち。
軽量ブレイク10枚に増やしても2ターン目に引けないんだから酷い。

2回戦 青単ゴースト
フレイヤやセクメトといったブレイクを中心に、
手持ちのカードをアイコンで纏めてデッキにしていた印象。
後攻。
今度は軽量ブレイクを順調に展開し、相手の勢力▼が振るわないところを
BCBライカでブロッカーを焼いたりしながら殴りきり。
勝ち。
こんどは対戦相手が多少事故を起こしていたから仕方ない。

そんな感じで当日予選は突破。
周りの大分、熊本の常連面子に「予選突破おめでとう 俺KKB!」っという
たいへんありがたい言葉を頂きました。


では本戦。
当日予選通過者も多かった為、昨年より増えて28名参加。
デッキ分布は全色まんべんなく。

使用デッキはオフィシャルにも紹介された姐己パワコン。

1回戦 白単ヴィヴィオ
なのはベースの白単。
対戦相手は昨年のBT2回戦で対戦したトリーズナーさん。
後攻。
相手は順調に展開していましたが、
白単らしく通常ドローキャラをしっかり支配した為姐己でコストの大半をロック。
行動が制限されている状態でアルカードまで繋がりました。
アルカードで軽ブレイクを剥がすとその素体キャラもワーカーだった為
コストの支払い箇所がなくなり、ガード不能の詰みとなったところをビート。
勝ち。
ドローキャラがコストタンクになる白単相手に姐己は外道ですね。

2回戦 鈴シュート
黒メタと精神攻撃、多彩なコンバットトリック搭載の鈴シュート。
対戦相手は昨年のBT1回戦で対戦した福岡の雄、らっきぃすたーさん。
、、、って、あれ?
後攻。
相手が事故った顔をして1ターン目動く石像支配、2ターン目動く石像支配
3ターン目に引いてきたディーラーをパワー1挿し放置と動いてきたので、
てっきりキャラ展開がヌルいシルマリル入り黄単アンデットかと思ったら、
対戦相手は鈴シュートでした。
お互いに苦笑しながら後はダッキでディーラーのガードを封じてビート。
勝ち。
一応ビート中にファストタイミング精神攻撃ブレイク+多重存在統合など
コンバットトリックの応酬などあったので、事故がなければ面白い駆け引きがあったかも。

3回戦 女神アルカード
まっすぐ構築の女神アルカード。
対戦相手は昨年のBT3回戦で対戦した熊本の雄、各務梔さん。
、、、って、あのね、昨年よりトーナメント出場者の人数増えてるのに
1~3回戦の対戦相手が去年と一緒ってなんでかなっ!
ただの偶然でしょうが、相変わらずのえびちゃんマッチングにクレーム(?)を出しておきました。
ちなみに試合前の挨拶は、
綺「昨年のBTをトレースした快進撃が今、はじまる!」
梔「I(いまから)K(きら)B(ぶっころす)」
(注・年に1、2回しか会いませんが2人は仲良しです)
先攻。
ヴァンパイアドクター支配した相手に2ターン姐己。
こちらアルカードを握り締め、
相手がデメテルだけ出せるようにコスト調整してパワコンを控えるも、
それに乗ってほいほいデメテルを出してくれるような対戦相手ではなかったので
レヴィヤタンでロックしながらアルカードに繋げて殴りきり。
勝ち。
強い対戦相手に先攻が取れて良かった。
ドローキャラ支配してる相手に2ターン姐己とか雪乃さんも真っ青な強さですね。
隣の全勝卓ではリューケンドーVSスカラービートの激アツバトルが繰り広げられており、
そこが引き分けた為次の試合が最終戦に。

4回戦 女神アルカード
レシピはオフィシャル参照。意外に後ろ向きなファスト選定。 
対戦相手は普段の調整相手、九州屈指の豪腕、ヒデ(スナフキン)さん。
昨年と1~3回戦を同じ対戦相手でトレースした上で、
最終戦が大分ホーリーワードの対決なら俺の勝ちだね! とかなんとか自分を奮い立たせつつ。
デッキ組成的には後攻からでも軽量ブレイクとパワコンの枚数差で
こちらの方が若干有利、先攻ならほぼ蹂躙できるというのは調整段階で実証済み!!
後攻。
はじめの手札は軽量ブレイクなしの魔人転生2枚くらいしか見所がなかった為
引き直したらこんどはキャラと3~4Fカードのみ。
軽量8枚入れて引き直しても引けないんじゃー仕方ない。
こちら1積みのソーンデビルが初手にあったので、勢力放置用にセットしたら
こちらメインフェイズ終了レスポンスのベンシー→ルサルカブレイクのコストバックが甘えさせ悪魔。
残り2コストでソーンデビル横取り確定、、、詰んだ。
1ターン目に心折られたのは久々です。
支配予定だった導師を勢力放置して展開していくも、軽量ブレイクを引けなかった為
こちらのパワコンスペルが使用可能になる前にアルカードが降臨し、蹂躙されました。
負け。
綺「昨年のBTをトレースした快進撃が今、(略」
まぁ、こんなこと言って瞬殺ですってよ奥さん、恥ずかしいですわね。


とまぁ、そんな風情でヒデ(スナフキン)が優勝しました。
おめでとうございます。久々のCC楽しんでくださいね。

後はランブルでえびちゃんを苛めて周囲の超ブーイングを食らったり、
D0やってた頃にお世話になったツイスラさんとお話したりとまったり。

表彰式では甚平を剥ぎ取り満面のドヤ顔したスナフキン野郎の雄姿が。
覚えてろよこの野郎!!(注・2人は仲良しです)

夜の飲み会は九州各地のプレイヤー合わせ16名にて行われました。
若い世代なんかともお話できて、おじさん嬉しいです。
そのとき話題に上った別府で温泉合宿も現在企画中。近いうちに告知したいな。

では九州BT参加された方々、お疲れさまでした。
まだBT終わってない地区の方々は頑張ってくださいな。

そんな風情でまた次の世界で。
2011年九州BTレポですよ…の続きを読む
アクエリ(雑感その他) | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。