甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アルティメットパートナーハイランダーをやってみたよ

どうもどうもな風情で
昨日の公約通り今日は九州温泉合宿の夜の隠し(?)イベント
アルティメットパートナーハイランダーの様子をお届けですよ。

改めてルール詳細はこんな感じ

「アルティメットパートナーハイランダー UPH(仮名)」

【構築ルール】
デッキは90枚。
サガ1~現行までのすべてのカード(PR含む)を使用可能な
ハイランダー(すべてのカードがデッキ1枚制限)での構築です。

「パートナー」として90枚のデッキとは別に
ネームレベルを持つブレイクカードを1枚、
もしくはテキストに【“~”のみブレイク可能】という記述のあるカードに限り
同一ネームの名称違いで2枚まで用意します。
※パートナーにデッキ内のカードの色やアイコン、ネームを縛られることはありません。

構築に関する禁止カードはいまのことろありませんので
チャーム、ファラオ、キャラウルド、五雷法、着せ替えメイド、後攻メイドなんでもどうぞ。
もちろんハイランダーですので90枚デッキで1積みですよ。
エラッタはもちろん適用後のテキストでお願いします。

【ゲームルール】
1組4~6名で行うカジュアルなマルチ対戦です。
相談や対戦相手との交渉は可能です。

ゲームを開始する前に各々のプレイヤーは「パートナー置き場」に
自身のパートナーをそのカード名を宣言してセットします。

ダメージによる敗北条件は15枚です。

パートナーがパートナー置き場にある場合、
通常の手札と同様にそれを使用宣言可能です。

パートナーが何らかの効果で手札か山札、もしくはゲーム外に移動する場合、
それをただちにパートナー置き場に置きます。

パートナーが捨て札置き場、またはダメージ置き場に置かれている際、
そのオーナーは自身のプロジェクトタイミングで3コストを支払うことで
それをパートナー置き場に置くことが可能です。
この効果は1ターンに1度しか行うことができません。

パートナーは対戦相手の場に出ているの同一ネームのキャラクターを目標に
セット宣言を行うことができます。
この際、そのキャラクターにセットされているパワーカードの枚数だけ
通常のブレイクコストに追加してパワーカードを支払ってください。
※追加コストはBCB不可



さてさて、そんな内容で行われた「UPH」
今回の九州温泉合宿での参加者は6名での対戦。
参加者敬称略とそのパートナーカードは以下

歩行町人 マジカルシェリフ“ウラン・M・ライホルド”
ヒデ@スナフキン ビナー“ヘイゼル・ローエングリン” 
めがねん 委員長“相良美由紀”
きらぽ ブライトパーム“一色真澄”
0’s ミストストーム“クレメンティーナ・キュリヴナ”
キケまる ヴァンパイア・ハイブリット“夜羽子・アシュレイ”

いまサガ2以前のカードの正式名称調べようと思ったら意外と大変なのね。

ちょっとここで甚平のおいちゃんによるマルチ対戦講座。
アクエリでは結構珍しいマルチ対戦形式ですが、3人以上の対戦となると、
通常のタイマンでの対戦とは「強いカード」の定義が随分変わってきます。

例えば、テルくん(仮名)、ツヨシくん(仮名)、エイジくん(仮名)の3人対戦で
単体除去「死の刻印」をツヨシくんがエイジくんのメインキャラに使用したとします。
2人対戦であれば「死の刻印」4枚のリソースに対して
エイジくん(仮名)が失ったリソースの差額分だけツヨシくんが有利なわけですが、
3人対戦ですと何も失っていないテルくんだけが大きく得をしてしまいます。

つまりマルチ対戦では単体除去や個人妨害カードはあまり強くなく
通常アルティメット対戦だと脅威となり得る
「キネティックショット」や「ファラオの呪い」などの最序盤の除去カードなども
「UPH」に於いては最終的な勝ちには繋がりにくいということです。

そんな基礎を踏まえて、以下の甚平さんの暴挙をどうぞ。

使用デッキはサガ1~サガ3迄の白タレントデッキのパーツを寄せ集め
ブライトパーム“一色真澄”をパートナーに据えた、パームリーパーw
上記のマルチ対戦の基礎を踏まえキネショキネシュマインドアサシンなど不採用なものの
デッキ90枚なので、サーチ、チューター系カードは全て搭載。

他の人たちが懐かしいキャラを並べてきゃっきゃ楽しんでいるところに
4番手1ターン目の行動が
スペースクリーナーサーチメイドチューター
メイドセット1ドロー学園祭メイドセット黒ECBキャラセット支配でヒャッハー。
2ターン目の行動が
勢力放置だったメイドをグラビアメイド(後攻メイド)でブレイクした後
他人の勢力放置だったワーカーを社長ブレイク、コスプレ売り子(BCBキャラ)チューター
BCBパームで初手から埋めたテレパシーとタイムジャンパー回収でヒャッハー。
3ターン目の行動が
パームで飛んだパワーカードを補充したみなさんに笑顔でエクリプスX=2でひゃっはー。
この辺でヘイト(※ がMAX振り切って対戦者だけでなく
観戦してるメンバーまで全員K(きら)B(ぶっころそうぜ)状態になったので
4ターン目の行動が
レイチェル握ってる緑かビナーが構えてる青、どちらをうぃっしゅあぽなすたーで焼くか一考、
青側がヒデさんは更地に出来るが歩行町人さんの場にほぼ被害がないのと
緑はかなり綺麗に一掃できることから対象指定ダークロアで。
次ターンにブライトウィングからのデジタルフュージョンなリーパー戦闘機で全殺♪ を構えてたら
ビナーからマジカルステージのエレメンタルファイアEGOで綺麗に更地にされました。

学園祭メイドと後攻メイドに社長からのリーパー戦闘機とか
まさに夢の饗宴って感じで楽しかったんですが
禁止カードのオンパレードだからって調子に乗ってぽんぽん展開してると
ヘイト稼ぎまくってあっという間に瞬殺される悪い例でしたとさw


その後地獄の窯からのパニッシュメント(4F4C)とか
チャーム積んでるの? じゃあ旧ルールでいいよ、とか
誰かのデッキが90枚眼鏡カードのみで構成されているとか
実に高度な応酬が繰り広げられましたが、
最後まで勝ち残って1位上がりを果たしたのは
序盤まったく動かずステルスしてた歩行町人さんでした。
たぶんマルチ対戦ではもっとも確実な方法でしょうね。
歩行町人さんには「萌える大人の学習帳」が進呈されたとかなんとか。

6人対戦で2時間半くらいかかったのですが、
懐かしいカードが楽しめるのでたまにお祭りイベントでやるにはすっごく面白いと思います。
みなさんも懐かしいアクエリメンバーで集まったときにやってみては?

そんな風情のアルティメットパートナーハイランダーでした~。

※プレイヤーの嫌われ具合のパラメータ たくさん溜めると集中攻撃されます
スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:2 | トラックバック:0 |

第2回九州温泉合宿in別府 1日目れぽぽ

やーめっちゃお久しぶりです。
毎年恒例のBTなんかには出場できずぐったりしてましたが
今日もしぶとく生きてます、甚平さんです。

本日は10月20日、21日にかけておこなわれました
「九州温泉合宿in別府」のうち20日のイベントをれぽれぽですよ。
以下お店にも転用する文章なので割と真面目さん。

九州温泉合宿in別府、
初日となる20日(土)は、レアルトマト別府店にて
ギャラクシーのスイスドロー形式大会です。
優勝者には「サマーガール“朝比奈ほたる”」狗神煌先生の箔押しサイン入りに加え、
ブロッコリーさんのご好意で頂いた温泉ローズマリーのマイクロファイバータオル、
その他、参加頂いたみなさんが持ち寄ったおみやげ等がそのまま大会賞品となり、
数々のトップレアや豪華な賞品にみなさん気合が入ります。

今回も福岡、熊本といった九州のプレイヤーだけでなく、
四国からの遠征や遠くは関東からの強豪有名プレイヤーさんの参加もありました。


大会は17名参加、スイスドロー固定5回戦で実施されました。
参加者のデッキ色分布は白6%、赤18%、青29%、緑18%、黄11%、黒18%
一番人気は青で、冥烙から登場した「ヴァルキリー“ラーズグリーズ”」を使った
ヴァルキリーデッキが目立ちましたが、メインには「ヴァルキリー“スルーズ”」だけでなく
「スペルキャスター“レミリア・スェーデンボルグ”」や
「水星戦士“ミーア・アクエリアス”」など
デッキの構成はみなさんで大きく異なっていたようです。
青デッキで一貫して高い採用率を誇っていたのはファストカード「幽体剥離」でした。

次点では赤、緑、黒と続き、いずれのデッキも
「式神月式」「冥界三巨頭“アイアコス”」「メテオ・バースト」など
対青をある程度意識したカードチョイスが見られました。
黄や白は少数ではありましたが、
全体でみれば全色のデッキがきれいに分かれていたと言えそうです。

さて、そんな中最終戦を1番卓で迎えたのは
4戦3勝1分けの「めがねん」さんと3勝1敗でこれを追う「茶飯」さん。
「めがねん」さんの使用デッキは
「竜神“阿那婆達多”」をメインに据え
「初夢」をサーチだけでなく補給展開にも使用することを視野に入れた赤単。
対する「茶飯」さんの使用デッキは「デュナメイス」「アークエンジェル」などの
軽量ブレイクを大量に並べて「奏天使“ヘルメシエル”」でビートを仕掛ける黒単。
構える大型ブレイクデッキVS軽量ビートダウンデッキの構図です。

両者とも軽量ブレイクを立てて順調な展開を見せますが
やはり「茶飯」さんが「デュナメイス」で先にアタック宣言を仕掛けます。
これに対し「めがねん」さんはキャラクターでガード宣言は行わずスルー。
その後も着々と場を広げますが、「茶飯」さんが繰り返す執拗なアタックに
「めがねん」さんのダメージ置き場はとうとう9枚、リーチがかかります。

ここでついに4F溜まった「めがねん」さんは「竜神“阿那婆達多”」をブレイク。
攻撃力5のイニシアチブで「茶飯」さんの耐久力が低い黒アタッカーをすべて遮断します。
これで万事休すかと思われた「茶飯」さんが
なんと次のターンでステルスを持つキャラクター「グレイエンジェル」をトップデッキ!
これをガードできるキャラが場にいない「めがねん」さんでしたが、
返しのターンに「カメレオンメイド」をこれまたトップデッキ!
詰めでの高度なトップデッキの応酬でステルスアタックを封じた「めがねん」さんが
そのまま「竜神“阿那婆達多”」で押し切る形での勝利となりました。

この結果、温泉合宿1日目のレアルトマト公認大会では
「めがねん」さんが優勝!
賞品の箔押しサイン入りほたるやローズマリータオルに加え
各種プロモカードのセットがお渡しされました。
おめでとうございます~。

この後、ホテル清海荘に移動。
夜の会食では豊後牛のスキヤキなどに舌鼓を打ちつつ
個人企画イベントの「多人数アルティメットハイランダー」や
「チャンカー屋さんmei.A のがちがちガンスリンガー」など行われました。
みんなで入った温泉でものぼせる程熱いアクエリトークが行われたとかなんとか。

この辺りの様子は、2日目のミッションランブルの様子も含め、
是非他のみなさんのブログでのレポートもお楽しみください。

そんな風情でここではアルティメットハイランダーのレポをまた明日!?

アクエリ(雑感その他) | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。