甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

調和の杯カードレビュー 赤

次は赤いくよ~

●龍踊り少女
ドラグーンとマシンの004セプチャ。
今回の竜拳道師範デッキで使うと便利な耐久+4コンバットトリック。
とか言うと、とても強そう。

●お祭り竜児
ドラグーン♂とワータイガー♂の004セプチャ。
ドラグーン♂って上の龍踊り少女がどうでもよく思える案牌っぷりに感涙。

●書庫巫女
霊能者、スカラー、ワーウルフ持ちのシールド3色プロテクト。
しょこみこ、ってひらがなで書くとかわいい。
ワーウルフアイコンがとってもちゃーみんぐなので活用してあげたいね。

●観光カップル
タレントとワーカー♂だけど赤ブレイクならアイコン無視。
バカップルサイクル? 共通サイクル参照。

●幽霊の弟子
ゴーストとアスリートのBCBキャラ。
ゴーストBCBは既にルサルカがいるけど、忍者装束でサーチ出来て
チャイナメイドのコストバック素体で赤のゴーストは強カード満載。
今回の弾で既存のデッキにポン付けなら最強クラスのカードだと思います。

●幽霊師範
ゴーストとアスリートの本来0コスト上昇サイクル。
幽霊の弟子と対? 共通サイクル参照。

●御庭番
アスリート♂のドロー。再録枠。
♂のドローキャラは何かと便利なので資産ない間は活用してあげましょう。

●式神メイド・従式
赤の新規クリーチャードローでなんと分類式神付き。
式神までメイドさんとか半端ないよアクエリアンエイジ。

●ヨガ少年
アスリート♂とスカラー♂の▼放置時1点UP
2積みくらいしといてフェッチすると強いんじゃないかな。

●看病娘
サーチスキル持ちでタレントとスカラー。
場に出てしまったときの耐久1がネックではあるものの、
赤相手にはキネシュー等1点焼きを
早々にパワーに埋めてくれたりする相手もいるかもしれません。

●龍角巫女
ドラグーンと霊能者持ちで本来0コスト上昇キャラ大型サイクル。
赤では貴重な222サイズで採用できるデッキタイプも実に多いのですが。
多すぎて勢力に放置するにはちょっと勇気がいる?

●シテ方
タレントと鬼で他ファクターゲット。赤で緑ファクター加速。
緑は2ターン目に2ファクターで行動したい、使いたいカードが多いので、
割と採用圏内のキャラなのでは。

●千早巫女
幣巫女ドロー版。エクストリーム用。
ファクター加速が必要ないデッキなら富貴符でいい気もするけど
葛洪が2段だけしか入ってないような高ファクター要求のデッキはあった方が。

●山の隠者
緑ファクターを持ったスカラー、ゴースト持ちチャージブレイク。
ここから幽体剥離でも撃ってキュベレイ滅殺しますかね?
この弾でゴーストの足回りがかなり強化されているのでワンチャンスあるかも。

●玄武館門弟
2F0CのECBチャージブレイク。♂アスリート。
玄武館って北辰一刀流でしたっけ?
ぐぐったら『世界忍法武芸連盟』とか出てきて吹いたんですけど。

●操り忍者
シールドチャージ2の中堅ブレイク。
共通サイクル参照。

●荒神
オフェンシブイニシアチブの545。しかも3ファクター2コスト。
ブードラではかなりのキラーカードになると予想。
構築戦では赤単で面のアタックしたい偏執狂さん向け。

●東海青竜王“敖広”
キャラクターカードとブレイクカード1枚づつ計2枚で構成されてるキャラからは
バトルによるダメージを受けないそうです。多段ブレイクで挑みましょう。
ペネトレイトもついてて結構強いのですけど、単体性能では沖田きゅんに三歩劣るので
ドラグーンを活かして龍拳道さんと組んでみたら、
きっと延々ブン投げられて場に出てくることは滅多にないであろう可哀想な人。
ある意味さっさと終わらせてくれます。

●夢幻能シテ方“塩津清良”
精神攻撃キャラを完全否定するデュアルブレイク。
こっちがしっかりチャージ2の補給持ちなのに対して
デュアル先は維持コスト要求する脳筋アタッカーなのでこちらが通常形態っぽい。
単体で見れば精神攻撃否定とか赤だと他にも強いカードが掃いて捨てる程あるのですが
精神攻撃を苦手とする(?)緑とデュアルできる点でオンリーワンなカードなので、
いろんな構築のバリエーションが出来そうですね。

●助霊巫女“スイレン・オクリーブ”
金髪の巫女さん。
ダメージ置き場のブレイクカードすべてのスキルを任意のキャラクターに付与。
基本的にはチャージ重複でたくさん補給できる人、みたいな感じですが。
ダメージ置き場に不動明王と龍拳道の2段目が両方落ちてたら
ダブルインフィニティガントレッドもびっくりするほど、多彩な錯覚。
デュアル先はドロー能力が高い上に
ダメージ置き場に任意のカードを積み込めるようになるので
婉曲的に言うと結構難易度高め(無茶振り)なコンボも出来るかも。かも?

●斎女王“伊勢あかり”
鉄壁の巫女さんブロガー。
それなりに守りも堅くて隣に鏡花でも並ぶと発狂したくなるものの
基本的に有利な盤面を固めてるだけな気がしないでもないです。
攻撃用法はエフェクト重ねがけがきれいに決まれば、気持ちいいタイプ。
でもやっぱり現状は「たられば」の人なので未来に期待。

●竜拳使い“林龍蘭”
ドラグーン超絶強化の赤2段ブレイク1段目。
こちらの形態からシャガラやマナシといった。
ドラグーンの強ブレイクとしっかり相性が良いのですが
2段目にサーチのスキルがあるためさっさと2段目にしてしまいましょう。

始祖さんはDAで修学旅行先で見た緑の蛇はヨッちゃん(巨大化)?

●竜拳道師範“林龍蘭”
2段目になると緑や黒相手にバトル無双出来る超性能。
多段ブレイクですがサーチスキルでかなりの安定性を誇ります。
何がすごいって、過去の類似能力者、ュルョラックと違って能力参照だわスキル共有だわ、
しまいにはドラグーンであればキャラですらブン投げられるわで、もはや別次元。
宇宙怪獣、DA、ヨルムンガンドなんてただのオーバーキルだと思います。
通常のバトルではセプチャやドローキャラ、気が向いたら自分自身でも投げておいて、
チャンプブロックされたらノワールや東海竜王みたいなペネトレイト持ちで。

●雲雀城の縁“山桜桃姫”と“月影”
ボディーガードの忍者とお姫さまタッグ?
ブレイクスルーオフェンシブに加えて0コストでのアタックキャンセル。
アタッカーとしてはかなりウザ強いと思うんですけど4F4Cの脳筋ブレイクって
果たして環境には必要とされてるんでしょうか。

●結袈裟
今回のコスプレパーマネントシリーズ赤担当。
赤はフレーバーが真面目すぎて突っ込みづらいの。

●赤い水着
てっきり赤の水着はサラシとふんどしぱんつだと思ってたのですが、
普通のセクシーなビキニでした。
能力的に類似品もありますし、上位互換っぽいカードもいっぱいあります。

●神便鬼毒酒
人が飲めば漲ってくるけど、鬼が飲むとその能力を奪うお酒、らしいです。
鬼メタはとりあえず置いとくとして
赤でバトル時攻撃力増とチャージによるパワーカード確保が同時に出来るのは魅力。
葛洪さんとかでぐるぐるしてたら案外すぐ揃いそうな気がします。

●忍者集結
アスリートブレイクコストバック。
更にデッキからカード名称に「忍」を含むカードをチューター!
忍者集結で忍者集結を引いてデッキ圧縮兼毎ターンBCBとか、
忍者装束なんかがしれっと引っ張ってくることができるのが魅力。

この弾では“月影”は呼べないそうなので操り忍者で我慢しましょう。
服部忍とか赤では貴重なスキル消しを持ってるので
先出しされた鏡花や対カストルや対レイチェルでも諦めなくていいわけですから
先入観ほど弱くはない、はず。

●御霊会
一枚で2通り美味しいシリーズ。
ダメージ置き場からの復活呪文かダメージ置き場のブレイク分ファクター加速と補給。
赤は高ファクター域に強いカードが多い割に、
ファクター加速な軽量ブレイクは弱いので後者テキストは、それ用にデッキを組めば。
緑のゴーストオリンピックなんかと比べるとちょっと難しい。

●お百度参り
一枚で2通り美味しいシリーズ。
前半テキストのオフェンシブと精神攻撃無効は及第点ではありますが、
赤では間に合ってますのでデッキに入れる理由としては弱いかもしれません。
そして後半テキストを上手く活用できるデッキは難しい気がします。
誰か美味しい使い方教えて。

●軍巫女祝詞
うららや葛洪でいっぱいチャージして ガッ ってすれば簡単アクエリアンエイジ。
インターセプト追加なのでひょっとしたらレイチェルの猛攻も防げるかもしれません。
攻撃用法だけでなくちゃんと防御用法でも活用してあげましょう。

●遼丹
広範囲幽体離脱。ハンデス付き。
防御用法で使うととことんハンデスが邪魔になりそうですが、
カウンターを握らないで良い鏡花とかなら問題ないんでしょうか?
攻撃用法の奇襲ハンデスは強いんですけど、けど。

●折り紙
一枚で3通り美味しいシリーズ。折り鶴(っぽいなにか)にもなるよ!
アタックを1ターン凌いだり1回だけバトル無敵したり
スキルエフェクト無効化したりと、無難に多彩。
前者2つはコストパフォーマンスに若干の疑問があるので
スキルエフェクトの無効化が一番使う機会が多くなるんじゃないでしょうか。




そんなわけで、ポン付けする手合いのレアカードなんかは
ちょっとカードパワーが控えめな感じがする赤でした。
ただ、龍拳道や忍者集結などしっかり専用デッキを組めばかなり強い予感はありますね。
スポンサーサイト

アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<調和の杯カードレビュー 青 | HOME | 調和の杯カードレビュー 白>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。