甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

調和の杯カードレビュー 黒

やっと黒ですよ。
遅くなってごめんなさいね。

●拷問アンドロイド
アンドロイドと悪魔の004セプチャ。
悪魔もエクストリームだと割と横取りされないのでアンドロイドデッキなら。
それにしてもこれはひどい拷問ですね。

●レイニーブルー天使
イレイザー♂とタレント♂の004セプチャ。
タレント♂がミコト的な意味で重要。
レイニーブルーでひびき玲音先生で黒髪ロングだけどこれ♂なんですよね。

●バードウォッチメイド
イレイザー、ワーカー、トライ持ちのシールド3色プロテクト。
固有名詞の後ろにメイドさんシリーズでアイコン的には理解できるのですが
絵的にはどの辺がバードウォッチなのかよくわかりませんでした。

●ヴァーチャルゲームカップル
ウォリアー♂と霊能者だけど黒ブレイクならアイコン無視。
世の中ネトゲで知り合ったカップルは多いというネット情報は見かけるのですが、
何故かリアルでそんな人を見たことがありません。田舎だからでしょうか?

●ボルケーノロイド
アンドロイドとドラグーンのBCBキャラ。
ドラグーンもアンドロイドも今回の弾で大幅強化されているので使いやすいですね。

●ドラゴンポーン
ドラグーンとモンスターの本来0コスト上昇サイクル。
両分類共に0コストの軽量ブレイクが強かったアイコンなのですが、、、

●潜入工作員
イレイザー♂のドロー。再録枠。
エクストリームのオファニエルデッキなどに必須だった割に
最近のプレイヤーさんは持ってなかったドローだったりしたので再録されて安心。

●スペースアスリート
アスリートのドロー。
赤の忍者デッキや竜拳道デッキみたいなアスリート軸の勢力放置要員として。
ぶるま、というかやっぱりケツに気合が入ってる気がしますよ?

●男子竜学生
スチューデント♂とドラグーン♂の▼放置時1点UP
攻撃力4の勢力放置は一歩間違うとアッー っという間に昇天してしまうことも。
でも黒使うならこれくらいスーサイドでもいいですよね。

●スノーボーグ
サーチスキル持ちでサイボーグとスキャナー。
アイコン的にラプンツェル辺りが絡むなら。
逆にそれ以外だと現状はただの圧縮カードでしかないのが難点。

●感天使
トライとイレイザーの0コスト上昇。
イレイザーアイコンは軽量ブレイクなどに元々コストがかかるので採用圏内。
それにしても、なぜにスイカ?

●変異種ドラグーン
ドラグーンとスカラーの他勢力ファクター加速。
青ファクターゲット。
ィリールアさんはいじめられっ子だったのでしょうか?

●ライボーグ
トランスレイタードロー版。エクストリーム用っていうか再録。
トランスレイターのフレーバーが面白すぎたのでこっちが地味に感じちゃう。
 
●太極拳トライ
赤ファクターを持ったトライ、アスリート持ちチャージブレイク。
タッチ赤といえばカウンター。中臣祓や送り雛くらいなら。
そういうデッキにこのアイコンが入るかどうかは別問題ですが。ロャックビート?

●花男天使
2F0CのECBチャージブレイク。♂イレイザー
とりあえず2ターン目に出てくるとそこそこ。
オファニエルも大喜びな花男さんたちです。

●スパッツ天使
シールドチャージ2の中堅ブレイク。
最近のイレイザーのアイコン強化っぷりは妥協ないので、
これまたただのチャージ2中堅とか思ってたら痛い目を見そうな。
2ターンスパッツ(観艦式)3ターン祈りの翼でガッとすれば
ちょーえきさいてぃーんぐw 

●ティンダロスの猟犬
アタック時ステルス付きの3F2Cな464。
、、、とだけ書くとどんな壊れカード? という話ですが
リムーブ2のデメリット付きなのでまぁ適正ではある感じ。
しっかりスノウのアーティフィカルムーンで強化できたりするので
ブレイク即アタックできっちり仕留めるデッキに仕上げたいところ。

●デュアル・スレイヤー“アーロン・クロウ”
場に同じアイコンがいなければ15/17/15インフィニティとか
既知外もいいところ。とりあえず除去がないと殴り合いは話になりません。
アイコン無視でブレイク可能キャラなど活用すればテーマデッキとしても組めますし、
ここまで既知外サイズならアルシノエやぽちでまったく別方向から呼び出すのも有り。
対策を考えるなら、セプチャなどに
♂クリーチャーや♂スチューデントを採用しておくのも良いかもしれません。
出てきたらそのセプチャを全力で守る別ゲームのはじまりです。

あと、フレーバーがあまりにちゅーに病っぽくてやばい。

●竜参謀“ィリールァ”
ドラグーン種族強化、サイズUPと全体ペネトレイト付与。
一見すると3F3Cの333とはいえ、実質場に出た時点で444ですし
こいつの隣にいるドラグーンチャンピオンは353ペネトレイト、
ロッソになると464ペネトレイト、2枚以上重ねたら理解不能の領域です。
対になってる青はCIP除去にコントロール能力内臓なわけですから、
今弾のデュアル持ちの中ではトップクラスの性能なんじゃないでしょーか。

デッキとして組むと補給に割と悩まされるので
このカードのチャージ1はかなりありがたいですね。
ヒートドラグーンと観艦式のあるスタンダードだと楽ですが、
果たしてデュアルはスタンダードでも通用するコンセプトなのか要研究です。

●鋼殻の黒狼“ミリィ・チノア”
萌えカッコイイ系わんわんデュアル担当。
デュアルが両方スキルや能力的に被ってるので無理して重ねる必要性はあまりない感じ?
単体でも貫通能力が高く、これまたアーティフィカルムーンで強化できるので、
スノウデッキのアクセントなんかでも充分活躍できそうです。

●アンドロイド・タイプZ“ドロシー”
ご主人さまのメイドから恋人まで、どんな役でもこなしちゃうっぽいアンドロイド。
造型はオ○エント工業製?
♂分類までケアしてるあたり、あらゆるご主人さまのニーズにばっちり対応。

全ての分類を持つので、アイコンメタ除去などはすべて直撃する代わりに、
今回の+2+2シリーズやオフェニエルの恩恵を受けたりと
何か面白いことが出来そうな予感。

●アンドロイド・タイプF“スノウ”
萌えカッコイイ系わんわん多段ブレイク担当。
あと、多段シリーズの中では割とおっぱいも担当(?)
353ペネトレイトという破格の能力に加え、
場に出たターンはイニシアチブ持ちなので即アタックに行きたいところですが、
2段目がサーチ持ちでしかもアタッカーとして破格の能力なので、
この形態で過ごす状況は少なそうですね。

●アンドロイド・タイプF“スノウ”ムーンフェイズ
バインドとペネトレイト、ちょっとだけ育成すればイニシアチブと
バトルスキルの3すくみじゃんけん全部出しできるスーパーアタッカー。
出してちょっと育成して殴れば大抵勝てます。
ブーストと相性の良い能力なので
今回の黒水着やロャックあたりと組みたくなりますが、
別にそこまで気にしなくても充分単体で戦えます。
最近の多段ブレイクまじすごい。

ところで最近の犬キャラは
「ぽこぽこ生んじゃうわん(しつこい)」ってデザイン多いですね。
ワーウルフアイコンの分類特性でしょうか。
あと、このイラストを見て『くぱぁ』とか言ってる人、天才ですか?

「(アーテフィカルムーンを)『くぱぁ』してぽこぽこ生んじゃうわん♪」

、、、こんなこと、デュエルスペースで叫んだら、病院だよぉ、、、

●神天使“イスエル”と“ラフィエル”
キャラすべてにシンクロを与える代わりに、
1人のキャラクターのみからのバトルダメージを受けない2人組ブレイク。
“レニ”と“ルッツ”のような今弾の2人組ブレイクからもダメージを受けないのが
ちょっと違和感ありますけど、まー仕方がない。

●パワードグローブ
ブードラで頑張って欲しいレジストパーマネントシリーズ。
下家に白を流しまくってレジスト白パーマネントをガメるとか基本ですよ。
、、、とか言いつつ、うっかりメカィアーリスまで流して、
黒ファクターを焼かれて詰んだりするのがブードラの醍醐味です(駄目だろ、、、

ところでフレーバーはこのカードテキストに対する皮肉でしょうかw
キャントリップドローでいつもと違うことが出来ちゃいそう! みたいな。

●黒い水着
0コストでオフェンシブとブースト2とチャージ1。
ブーストとパワー0で剥がれるテキストが噛み合ってないとはいえ、
オフェンシブとチャージ1で気になる程でもなく。

●エスケープルーム
緊急回避用パーマネント。
とりあえず貼っておけばロッソやレイチェルだってなんのその!
アビリティ回避はオンリーワンなカードなので
ファストタイミングでセット出来れば真面目に強い予感。
ただ、マテリアライズとのコンボとして考えるとスロット的に
そこまでする価値はあるかどうかは要検証。

それにしても段ボールハウスでロッソの灼熱ブレス回避しちゃうとかすごい。

●アンドロイド・ストライク
すごく調整しました感のある懐かしのマリオネットタイド?
サイクル的にはアイコンBCBなのにコストバックはなかったり、
ちゃっかり3ファクターだったり、いろいろ謎。
きっちりデッキを組めばXの2倍で手札を増やしてかつ
全体ペネトレイトなので、立派なエンドカードであるのは間違いありません。

今回だいぶアンドロイドは強化されていますが、
まだちょっと未来のカードといった感がありますね。

●ドラゴンチェンジ
どんな貧弱キャラも797ブレイクスルー!
9点(以上)飛ばすドラゴンブレスまで完備! 、、、みたいなドラ○ラム。
どうにも元々持ってるエフェクトやアビリティは引き継がれているようなので、
ペネトレイト持ちで更にサイズ上昇するスノウや
ステルス持ちのティンダロスの猟犬なんかが使えば即ゲームエンド。
ファクターコスト相応のエンドカードなんではないでしょうか。

あと、ドラゴンとかD0ばりにカッコ良くするといいんじゃないかな?

●レールガン
2コスト3点焼きか2コスト2枚ハンデス。
コスト効率的にはそこそこ、過去のものよりは優れていますね。
3ターン目に相手の軽量~中堅サイズを2コストで落とせるのは魅力ですし、
場がシールド等で硬い場合はハンデスに切り替え可能。
コスト的にはカウンターリスクも許容範囲内ですし、
実際使っても結構いけてる気がしたんですが、
ロッソの方が手っ取り早いとかで敬遠されてる感じでしょうか。

個人的には早いターンのロッソは自分の補給潰すので、
リカバー出来るデッキ相手だとすぐ手詰まりになっちゃうのがちょっと苦手。

●祈りの翼
黒のキャラ、軽量ブレイクが+2+2で殴ってくるのは洒落になりません。
スタンダードだと2ターン観艦式→3ターン祈りの翼、とか
レイチェル並みに簡単アクエリアンエイジ。あっと言う間に人が死にます。
速攻だけでなく、オファニエルや迦陵頻伽などでしっかり構えても強力です。
地味にシールドがフレイヤのようなビートダウン殺しの対策になったりしますしね。

今後のコントロールデッキの課題は
このクラスのビートダウンを対処することになってくると思います。
幸いステュノ・アルゴルなどしっかり対抗出来るカードは今弾にありますので、
ちゃんとメタゲームの変化を意識しておきたいですね。

●マテリアライズ
デッキの中からパーマネントをチューターして
ファストタイミングでセット宣言。カプセルウェポンにしてもそうなんですけど、
セット宣言でファクター無視できない場合、黒だとそこまでしてセットしたい
パーマネントがあまりないのが問題。
ディスポーザブル・バリアーやエスケープルームなど1チャンスあるのですが。

●フォームチェンジ
1枚で3通り美味しいシリーズ。
天音アイが491イニシアチブバインド2オフェンシブで殴るぜ! とか
ホムンクルスソアが2(2)4シールドになったぜ! とか
精神攻撃持ちにガードされたので急遽イニアシチブでまだまだ殴るぜ! とか。
、、、とりあえず、イレイザーアイコンに限って言えば
祈りの翼とD&Cで実現可能な領域だったりする気がしないでもないです。

まぁ出来ることが多いカードはきっと良いカード。





さて、そんな風情で1週間に渡って全カードレビューをお届けしました。

こんなトコまで読んで下さってる皆さんには感謝なのです。

毎度たいした内容もないくせに長文だったり、
スラング満載でカードの名称が統一されてない上に誤字脱字があったり
一見さんがドン引きするような変態っぽい内容があったり
いろいろアレな戯言帖レビューですが、
こういうレビューなんかは考察の過程を楽しんだ者勝ちだと私は思ってます。

なので、みなさんも他人の評価とかあんまし気にせずですね、
「甚平野朗はこんなこと言ってるけど、俺ならこのカードをもっと上手く使えるぜ!」
みたいな感じで新カードを使って楽しむといいんじゃないでしょーか。


では来週から新環境デッキ紹介でも。

そんな風情。
スポンサーサイト

アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<調和の杯限定デッキ紹介「ミコト跳躍コンサート」 | HOME | 調和の杯カードレビュー 黄>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。