甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

九州BTれぽぽ

さて、ようやく落ち着いたので九州BTの簡易レポをお届けです。

今回は真面目なレポがお店のブログに掲載予定なのですが、
ここは戯言帖なので文字通り戯れてみたいと思います。
、、、というかこっちが原文なんですが。

当日予選。

1回戦 明音鈴構築済み×小石川デッキ
対戦相手の方は7月に開催された体験会でアクエリをはじめて、
今回大会に初参加という方でした。
後攻。
後攻有利カードが初手になかったので引き直しを行ったところ、
こんどはキャラクターカードが楽士1枚になるダメダメなスタート。
いきなり冷や汗ものでした。
後ろでえびちゃんやスナフキン野朗がニヤニヤしながら見物しています。
相手は普通に1ターン目から動いていますので楽士を勢力エリアに放置してのエンド。
ただこちらも2ターン目にはちゃんとグラビアメイドの素体キャラにアクセスできたものの、
パフォーマーだったのでキネシューを握られていたら詰んでいたという。
しかし通ったので後は理容実習生などを横取りから展開して
一色真純など初心者殺しなえげつない動きになってしまいつつも
「いや~、引きが良かったですよ」などとさわやかにサクっと殴って終了。
勝ち。

2回戦 黒単スノウデッキ
先ほど1回戦で対戦した方のお友達で、やはり大会参加は初ということでした。
後攻。
引き直しをしましたが後攻カードはなく、
相手は2ターン目に軽量ブレイクからジャマー・アンドロイドにブレイク。
ちなみに私は1ターン目に少年ラッパーとパフォーマー支配のスタートしてるので
手札補充手段がいきなりロックされてしまったわけですが、
まぁいつものことですので慌てず騒がずキャラだけ戻して対処。
相手の展開もゆっくりになったことから
こちらもBCBで他パーツを回収しながらエンジェリック・アイドル“ミコト”に繋げて
バインド1のスキルでバトルの相打ちを回避しつつ殴りきりました。
勝ち。

と、ここで当日予選終了。2勝ですので他の全勝者共々決勝進出です。

九州ブロックとか毎年見知った顔ぶれではあるのですが、
今年は併設されていた初心者講習会も盛況でしたし、
この予選でも大会参加が初という方が結構いらっしゃいました。
新規のプレイヤーさんがこうして大会参加してくれるのは嬉しいですね。




ではいよいよ本戦。

別府っぽい(?)温泉ステラのTシャツに甚平という
いつもの戦闘スタイル(要約すると痛いコスプレ)に着替えて参戦。

使用デッキの解説は先日の日記参照。
実は地元の身内メンバーにも殆ど公開していなかったひみつ☆デッキでしたとさ。

1回戦 ぽちレイチェル(ぽっちぇる?)デッキ
対戦相手は福岡のらっきぃすたぁさん。
オフィシャルユーザーブログなども運営されている方ですね。
あと、この1回戦では「にゃーさん×ノームさん」という
過去のチャンピオンカーニバル上位者同士の素敵なマッチングが行われていました。
楽しそうだな混ぜてくれw
後攻。
相手は先攻から小悪魔ウェイトレスにパワーを1枚だけセットして放置エンドし、
2ターン目にキャラ2体を呼び出してクリムゾンメイドブレイク。
ドローキャラとトラップデビルを支配するなかなか強い展開。
相手方のメインフェイズ、トラップデビルのECBにパイモンが戻りそうになったので
悪夢の騎士で妨害するも、そのターンしっかり素引きされてて出てくるパイモン。
はい、強いですね。
その攻防の返しのターンにメディアとアシッドクラウドのコンボが揃ったので発動。
相手の場のパイモン以外の緑キャラをすべて捨て札し優位に立ちます。
その後雪乃やパフォーマー、003セプチャなど出され少々面倒な場になり
相手はこちらのアタックに対するガード順番など適切だったのでいろいろ大変でしたが
2枚目のアシッドクラウドとデッキ差を詰めるプレイで攻めきって勝利。
勝ち。
デッキ、プレイング共によく練りこんでいるので、ネットだけじゃなく
リアルのコミュニケーションでいろいろ学べばもっと強くなれると思うよ。

2回戦 緑単ビートダウン
対戦相手は熊本のトリーズナーさん。
先程は隣の席でしたので、和気藹々と。
後攻。
じゃんけんには負けて後攻でしたので手札を確認してみると、
キャラクターカードがありませんでした。
キャラ36枚(相当)のデッキでこういうことがあるとか恐い。
でも逆にこういう試合で後攻取れるとか流れが来てるのかもしれません。
引き直したら順当な手札になったので、相手が出してきた台風鬼とか気にせず
コスト1になった茨の枷で相手の動きを抑え、
パイモンが出た返しにコンボを発動します。
後はゆっくり茨の枷を裏表両方のターンに使用しつつコンバットトリックを封じて
ヨコの有利で殴りきりました。
勝ち。
ちなみに今回後攻有利カードは1枚も入っていませんが、
コンボデッキなので引き直しが有効なのと、
ぽちや小石川の採用率が高いこの環境では
後攻側が自信満々で「引き直しません」と言った場合、
先攻側は何もせずにターンエンドを行うのが定石となるので
手札8枚の先攻としてスタートできる可能性がひじょうに高く、
じゃんけんに勝ったら後攻を選択しています。

3回戦 枷レイチェルデッキ
熊本の古参強豪、各務梔さんが対戦相手です。
なおこの時点で全勝者6名のうち熊本4名大分2名。熊本勢強いですね。
後攻。
こちらは順当に2ターンメディアをルサルカからブレイクし、
しっかり茨の枷を構える順当な滑り出しでしたが、
黄ファクターがまだ2ファクターない相手方3ターン目、
相手は緑ファクター3の状態でビックフットスーツをパーマネントとして使用。
一気に4ファクターまで伸ばしてレイチェルをブレイク。
茨の枷効果で相手の手札もすべて捨て札しましたが、こちらもメディアを捨て札され、
そのまま2回アタックも受けたのでダメージも溜まり一気に劣勢になります。
さすがに相手は茨の枷を無視して動いたので補給がカツカツで、
こちらは精神攻撃持ちの女海賊を返しで支配できた為、
次ターンはレイチェルはアタックには来れません。
相手方パワーを補給してこちらのターンの勢力フェイズ、
こちらのダメージは8でしたので黄のドローキャラの▼アタックを
珊瑚礁マーメイドで2コストガード宣言。
レスポンスでベルゼバブを相手MAXの3コストで使用宣言され
▼の攻撃力が8点となりペネトレイト。
相手はビックフットスーツでファクターを伸ばしていたので
レスポンスでアシッドクラウドを使用し、ビックフットスーツを捨て札したから大丈夫。
、、、とか思ってたらちゃんとファクターが4つ残ってました。

1分間くらい思考がフリーズしました。

うしろで見てたぷちを先生やギャラリーの冷たい視線を浴びつつ、
我に返りダメージ判定を行ったところ5点中ダメージが1枚しか落ちず生き残り、
無事メインフェイズを迎えられたのでパワー1挿しのルサルカをメディアブレイク。
1コストエフェクトでレイチェルにサイボーグアイコンを与え
もう1枚のアシッドクラウドを使用してレイチェルが消滅。
メディアのエフェクトコストが0に戻ったので残った手札で場を壊滅させて逆転しました。
勝ち。
ちなみにメディアはダメージ置き場に2枚落ちていたので再ブレイクしたのはラスト1枚。
盛大なプレイミスまでしてるというのに。
各務梔さんにしてみればさぞ理不尽な対戦相手だったことでしょうね。

4回戦 ミコトデッキ
ここで全勝対決、大分のmei.A 大先生。
九州大会の前日に開催された中四国ブロックトーナメントで豪腕したようで
後攻。
2ターン目に茨の枷がライフセイバーで封じられてドヤ顔された。許せない。
ドラゴンボートを勢力に放置してトラビキニでも支配してればいいのに。
相手は先攻2ターン目に軽量ブレイク2枚出してるのに対し
こっちは先攻キネシュを立て続けに食らう程キャラの引きが弱かったり
ブレイクが1枚も出てない場で一色真澄の直撃を受けたり
手札にミコトとか持ってない相手に対して(後から確認した内容ですよ)、
場のミコトのデュアルのスキルを悪夢の騎士で消してから
メディアブレイクして無理やりコンボ発動したりとどこまでも必死ゲームな流れ。
コンボ発動時にアシッドクラウドが2枚あったので両方使用して
ミコトや一色真澄など相手のアタッカーをまとめて処理したため、
相手は攻める手段を失い、細かいキャラのアタックはなんとか捌いて逃げ切りました。
勝ち。
いや、途中でなんども心が折れかけましたけどね。
この時点で隣の階段卓が引き分けとなり、試合終了。
全勝が私ひとりになり、優勝となりました。



そんなこんなで数年ぶりにチャンピオンカーニバルの出場権を獲得しました!!
表彰式で拍手よりブーイングの方が多かったのはみんなツンデレさんだからだよねっ!!

今回の勝因は

1、ワカラン殺しが成立した
対戦相手はメディアアシッドのコンボの存在自体は認知していたものの
デッキを組んだり試したりした人は殆どおらずその挙動が理解されていませんでした。
認知されている状態だともう少し前のめりに動かれ対処されてしまうハズ。

2、全試合後攻だった
じゃんけん全勝というわけではないのですが、6戦すべて後攻。
手札事故がほぼない状態でスタートできたのが幸いでした。
相手に2ターン雪乃とか2ターンエンジェリックのアクセンチュアル構え、
とかされませんでしたし。

3、To○OVEるの連載が再開された
あまりの嬉しさに単行本を全巻読み直したら
ヤミちゃんのマーメイドモードが可愛いかったわけですよ。
早くモモと楽園をつくりたいよね、ドゥフヒュッ。

、、、そんな風情でしょうか。


その後はザッキーさんや夜魔さんなどと祝勝会という名のもつ鍋にて
ぷちを先生のありがたいお話を聞いたり
mei.A 大先生とCCにおける名古屋勢攻略ひみつ☆のぉとを更新(?)したり
アシッドクラウドで相手キャラの服だけ溶かすプレイングについて語り合ったり
とても楽しく過ごせました。
昨年のお通夜みたいな反省会にならなくて良かったです。

じゃあ今年は私もCCに向けて頑張りますよ~。
まずは冥約レビューかな?
スポンサーサイト

アクエリ(雑感その他) | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<冥約の少女カードレビュー ~黒~ | HOME | 九州BT使用デッキ「メディア・アシッドクラウド」>>

この記事のコメント

優勝おめでとうございます♪
同世代ががんばるとおじいちゃんも
うれしいかぎりです。

>数年ぶりにチャンピオンカーニバル
がんばってください!
影ながら応援してます。
2010-10-13 Wed 21:33 | URL | 通りすがりの伯爵 #mQop/nM.[ 編集]
>伯爵さま
ありがとうございます♪
お互いにCCに向けて頑張っていきましょう!!
2010-10-14 Thu 13:26 | URL | きら #mQop/nM.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。