甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冥約の少女サンプルデッキ青「ヴァルトラウテ」

今日の戯言
「今日こんなデッキ組んできたんやけど。どや」
「あら、何故こんなところにゴミが?」
「そだね。もふーだね」
「やだこれへちょい」
    新しいデッキのお披露目会 ~俺の店にバール(のようなもの)はなかった~

とまぁ、ただのアクエリフレーバーネタかと思いきや
「バールがないなんてまったく用意の悪い店です」とか一部地元民にしか通じないであろう
内輪な戯言を振り撒きつつ。

超どうでもいーですが、上記のフレーバーで地元での一番人気は

「そだね。もふーだね」(byるっつ)

話を聞き流したいときや、リアクションに困ったときに取りあえず言っておくと
無難かつ円滑にコミュニケーションが進む魔法の言葉です。
みなさんも是非一度お試しあれ。(但し良い子は真似すんなよ)

さて、まぁそんな戯言はさておき。

レビューの続き、青、赤、白が残ってるわけですが
流石に冥約発売1ヶ月が過ぎて悠長にレビューとかアレすぎるのと、
せっかくエクストリームが新制限に変更されましたので
この3色は「冥約のカードを出来るだけ使ったテーマデッキ」を紹介したいと思います。

本日紹介するのは青メインの「ヴァルトラウテ」で。
新制限EXで、出来るだけ冥約のカードを使ってみるのが今回の構築ルールです。
あと、ここで紹介するサンプルにしては珍しく混色コンセプト。

「戦乙女転生」(世界樹ヴァルトラウテって言うよりカッコイイし!)

4 死乙女“ヴァルトラウテ”
4 戦乙女“ヴァルトラウテ”
3 救世転生“天草四郎時貞”
2 聖少女“ニコル・クラウス”(補給がいっぱい必要なデッキなので)
4 黒騎士(デッキ破棄で0コストシールドドロー軽量♂ウォリアー)

4 イースター(ヴァルトラウテでメインフェイズ中にパワーカード増えるとかすごい)
4 蘇生(天草で投げたり相手に焼かれたキャラをファストで復活!)
3 世界樹の葉(ヴァルトラウテがこれで復活するとチート)

4 魔法のローブ
3 エンジェルメリー(青キャラサーチ→初手のキャラ支配を安定化→蘇生)
3 デュエリスト(♂ウォリアードロー)
3 ゴーストメイド 
2 フラッグナイト(♂ウォリアーシールドチャージ022)
2 インビジブルガール(ゴーストのシールドチャージ2(2)1)
1 ティーチャーエルフ(初手でチューターor蘇生で復活させたいチャージ2)
1 鳥人ホムンクルス(▼022セプチャ)
1 奉仕お嬢様(ミスティックBCB)

4 幽霊ウェイトレス
4 悪魔の尖兵(赤メタと見せかけ黒騎士素体)
4 ルサルカ(ゴーストBCB)

“ヴァルトラウテ”がバトルで相打ちになったり除去されたら
世界樹の葉で復活、ヴァルトラウテアビリティと世界樹の葉の効果で
復活した際にパワーカードがいきなり2枚セットされるので
そのまま殴ったり盤面を維持したりして天草と絡めてアタックコントロールを仕掛けます。

コンセプトとしてはそんな感じですが、他にも

青キャラがバトルで相打ちになったりキネシュで焼かれたり補給が欲しかったり
緑ファクターが足りない時は「蘇生」で欲しいキャラを引っ張りましょう。
単純に初手のサーチで使用したエンジェルメリーを
2ターン目にチャージ兼ファクターにするだけでもそこそこ。

軽量ブレイクは捨て札生成が出来る塔のシールドドローサイクル黒騎士を採用。
イースターや蘇生とシナジーしてるし展開も速いので便利です。

いろいろシナジーが面白く繋がるこのデッキですが
このレシピですと相手の盤面に触れるカードは入っていない為、
アタックコントロールのみで相手の行動を制限していく必要があったりして、
勝ちにいくための難易度は結構ハードだと思います。
ただプレイングの練習にはもってこいですし、
とってもゲームやってる気分になれるので、単体のカードパワーよりも
デッキ全体で戦う感じがお好みの方にはお勧めです。

赤いトゥシューズやチャリオット“アンネローゼ”とか採用すると
割とイージーモードかもしれません。


というわけで採用新カード解説!?

●“ヴァルトラウテ”
青で久々にメインを張れるアタッカー能力、
「ネームからバトルによるダメージを受けない」を引っさげた上
CIPでパワーカードがセットされるが故にイースター系のカードで
盤面のパワーカードが増えてしまう困ったちゃん。
ただ、2ターン目に16点とか、一応上記のデッキでも出来るのですが
それだけを狙っていくデッキにするならアムビエルが同程度の条件枚数で
2ターン目に22点出せたはずなので、そっち使うといいはず。

●救世転生“天草四郎時貞”
デュアルで復活した天草さん。
なにせサガ2時代のアルティメットで通用したブレイクが弱いわけがない。
、、、と黄色のコピペ。
デュアルじゃなくても同ネームを重ねればパワーセットされるので
盤面と手札状況次第では場のパワーカードすべてが
天草のアタックコスト→手札に変換、なんてこともあってとても楽しげ。
青の場合、精神攻撃によりキャラクターレベルから立派なアタッカーなので
このカードで出来ることは個人的には大変評価が高いですね。

●聖少女“ニコル・クラウス”
みんなにチャージ2をプレゼント!
たった1コストでチャージ2を自分から先に使っていけるとか素敵。
先に盤面の有利を取って積極的にアタックしていきたいデッキ(イオP?)など
マストで採用してしまいたくなりますね。
ただし純正焼きデッキなど、相手の盤面を遅らせる系のデッキで採用した場合、
チャージ2が相手のリカバーを助けてしまうので
きっちり継続的なコントロールを行うかリカバー不能な全体除去に繋げる必要が有り
無条件で強いカードというわけではなくなってしまう点は注意。

●蘇生
個人的には冥約最強アンコモンはこれ。
ファストタイミングでキャラが支配エリアに復活なので
純粋な展開力強化だけでなく焼きによるファクターの損失を補填できる点が、
現在の青デッキのキャラレベルの生存能力の低さという問題点を補っています。
また、上記デッキのようにタッチ色のキャラクターも呼び出せることから、
昔懐かしい青絡みの混色デッキにも陽の目があたるかもしれません。

0コスト上昇系サイクルで対処されるのが難ですが、
例えば「茨の枷環境」ならば茨の枷を直接対処できるカードをデッキに採用して、
積極的に0コストカードを使用して展開していった方が茨の枷の対策になるわけです。
(中部BT辺りの上位デッキを考察すると読み取れますよね)
0コストカードを使う側に回る選択肢をきちんとつくっておくのも
今後の環境次第では重要なのでは、と思います。

●世界樹の葉
除去されたヴァルトラウテが0コストで復活して
パワーが2枚刺さるとかなにがなんだか。
他にも黒のヨコ面ビートの脅威に晒されつつ、
アルゲルドさんが0コストで復活してセプチャを1体屠って殴ってくるとか。
ちょっと冗談のようなカードパワーなので、
わざわざタッチ緑にしてみました。みたいな緑レビューの文章改変。

どうでもいいですがこのカード、世界樹って略すと
エキストラなのか山札全快するプロジェクトなのかよくわかりませんし、
葉って略すと「ヴァルトラウテが葉っぱ使ってトんでるよ!」とか
誤解を招きそうな感じです。
誰か良い略称教えて。


そんな風情で青デッキ紹介でした!
次回は冥約赤デッキを紹介しますよ~

でも神鳴りこだま(変換できない)とかきっとみんな組んでるでしょうから、
もっと面白いデッキがいいよね?
スポンサーサイト

アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<冥約の少女サンプルデッキ赤「ひふみ神言」 | HOME | EX新制限改定話と冥約の少女カードレビュー ~緑~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。