甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

冥約の少女サンプルデッキ白「ブレイブ単」

今日の戯言「話を聞き流された回数をMP(もふーぽいんと)に換算します」
                 MP高い賢者は空気読めないらしい

さて、なのは参戦とかぱーぴちゅあるぴりおど特典カード再録とか
もういくつ寝るとサバトなんだけどそんなデッキで大丈夫か?とか
ウィンターコロシアムやらないの?とか
帰省してきたノームちゃんぴょんはたまには地元の公認大会くらい参加しろとか
最近のアクエリアンエイジはまったくもって話題が尽きないわけですが。

本日はきのうの予告通り、戯言帖ゴーイングマイウェイ。
まったり漢のブレイブ単でも紹介したいと思います。

「マシン単(笑)冥約焼きブレイブ」

3 超融合機神“G-ブレイブカイザー”(合体アタックはジャス子だけ?)
4 戦闘攻撃空母“ブレイブベース”(ほぼカイザーブレードサーチ専用)
2 正義のヒロイン“ジャスティス☆ハート”(レジスト共有、ブレイブの中の人)
4 マシン・ドルフィン

4 超絶絶断剣 ネオカイザーブレード
3 ブレイブハート
3 解雇通告
3 マインドアサシン
1 超融合戦闘機“ブレイブジェット”
1 超融合メカ“ブレイブライガー”
4 セーラースーツ

4 収穫アンドロイド(期待の精神2ECB)
4 スペースクリーナー(サーチキャラ)
3 ミニパト
2 地球防衛組
1 執事喫茶店員
1 トラビキニ少女(マシンドルフィンの素体になる004)
1 ロボット三等兵(シールドチャージ003、ロッソイオPに耐える?)

4 竜の門番
4 AIOS
4 AIOS・TYPE-M

みんな大好きブレイブデッキですが、その実態はカイザーブレードデッキ。
しっかりブレイブカイザー出してジャスティスハートと合体しつつ
ブレイブベースからチューターしたカイザーブレードを
2、3回プレイヤーに叩き込むだけの簡単なお仕事です。

なのでこんなキャラが弱くてリスキーなマシン単にする必要性など皆無で
どっかの大先生の公開レシピよろしく食卓エキストラ軽量構築の方が強いのですが、
それはそれ。あくまでサンプルデッキとはこういったもの。

一応ポン付けしてるだけに見える冥約カードも
マインドアサシンで相手のキーカードをハンデスしてから
解雇通告で相手のドローキャラを減らして遅らせていき、
こちらはブレイブハートで展開差をつけていくとか言うと、
それっぽく纏まってる気がしませんか。


そんな風情で採用カード解説。

●ブレイブハート
マシン専用の反魂の術調整版?
ブレイブだとカウンターされない辺りすごいカード。
ブレイブカイザーを場に出さないと話にならないブレイブデッキが
捨て札やダメージに落ちたブレイブネームをきちんと拾えるのは強力です。
これによりブレイブベースでブレイブカイザーをチューターしてくる必要性が薄れた為
1ゲーム中でカイザーブレードを使用できる回数が増えました。

、、、で、こないだデッキに眠るカイザーブレードの
最後の1枚を引けば勝てる!という状況でこれを引いたので、
ダメージ置き場にあったブレイブベースをこのカードでセットしたら、
2枚デッキ破棄でカイザーブレードが流れて負けたわけですけど。
そんなアンラックは滅多にないと信じたい。

●解雇通告
哀愁漂うイラストが時代背景を物語る1枚。
おおむねドローキャラを焼く、というテキストで
アクエリにおけるこういったヨコへの除去はランデスに相当する為、
早いターンに使用可能になるこのカードの評価は私は高いです。
また、アクエリの場合他ゲームと違って毎ターン複数ドローなので
コストが軽いこのカードは複数枚を同一ターン中に固め撃ちしやすく、
無理ゲーを発生させる類のカードだと認識しています。

とはいえ、先に展開さえしてしまえばランデスの類はそう脅威ではないので
軽量ブレイクが後攻メイド一択という状況でもないのなら
キネティックシュートの方が賞味期限が長い分強いんじゃないでしょーか。
個人的には白焼き組むならキネシュ解雇両方積みたいですね。

●マインドアサシン
そのターン使われたら最も困るカードを宣言して手札確認できるハンデス。
対戦をこなしてる上級者になればなる程このカードの精度が上がってくるし
そもそもゲームエンドになるルートだけこれで封じればいいし、
前方を安全確認してから行動することの意義は大きいので、
これも個人的には相当評価高いカードです。
ただ、精度が低かったり相手の手札に対して自分がどう行動すべきかを選択できない
デッキ、プレイングだとこのカードを選択する旨みはない辺り、人を選ぶカードかも。
一応、BCBはコストバックが発生するのが宣言時なので、
相手の戻ったカードを確認してからレスポンスでその名称を指定すると
絶対に外すことはありません。当てる自信のない人は覚えておくと便利です。

また、このカードの強みは対象《 》にプレイヤーを一切括っていない点。
茨の枷などと違い、このカードは冥約より大幅に増えた
プレイヤーアンタッチャプルサイクルに引っかからず使用できます。
自分で派遣社員を出していてもマインドアサシンは使えるということです。



そんなわけでブレイブデッキ。
これもカイザーブレードが出てきた辺りからガチで戦える
ちゃんと実績のある強デッキですから、
ブレイブとかネタとかもふーだねとか言ってないで実際使ってみると、
いろいろなものが見えてくるかもしれません。

ではそんな風情でまた来世。
スポンサーサイト

アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サバトも終わりまして雑感 | HOME | 冥約の少女サンプルデッキ赤「ひふみ神言」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。