甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サバトも終わりまして雑感

今日の戯言「石恵先生のフレイヤとかどうかな?」
          ぼくの考えたちくびけん、その5

ぼくらの楽しいCC報奨妄想コーナー。
もちろんその1~その4もあるんですが、獲らぬぽんぽんのなんとやら、
来年の話とか鬼が笑って俺死にてぇのかなって感じなので戯言的なその5で。

でもこういう妄想ってCCのモチベ上がるし楽しいからいいと思うですよ?

なのできらたんのモチベーションはどの辺りなのかというと。

矢吹健太郎先生の茨の枷とか
CARNELIAN先生の呪縛とか
後藤なお先生のデジタルフュージョンとか
フミオ先生のクレメンティーナとか、そんな風情。

おおむねゑろいので、アクエリでえっちぃのは良くないと思う人は
断固阻止すればいいと思います。

あと、愚者の「自然に帰ろう」は
ルッツの手の位置にエラッタ修正が必要ですよね!!



、、、閑話休題(そだね、もふーだね)


さて。せんせーも忙しい師走ですね。
みなさんあくえりわな風情です。

サバトも終わってCC出場者も勢ぞろいしたようです(遅!

なんだか半数以上が中部の強い人たちなので
個人的な主観(ひみつ☆のぉと的な意味で)ですと
アベレージがすごく高いCCという印象です。
このメンバーだとメタゲームなんかも単純なデッキ、カード相性だけでなく
ちゃんとキャラ組成レベルで考える必要があったりしてたいへん玄人さん向け?
こういうの、私は大好物ですよ。

アレなのでてっきり今年のCCは名古屋でやるものとばかり思ってたのですが
えびちゃんからお手紙で確認したところ、ちゃんと東京でした。
それはそれは大昔、きらたんがまだ「ペネトレイトッ」だった頃(何時? は
戦国とかCCイベントなんかはブロッコリーさんの社員旅行を兼ねてたそうなので、
いずれは別府や湯布院開催とかそんな夢想をしたものです。
最近はそういうイベントは温泉合宿なのかな?
(あのバスタオル欲しいですねっ!)

、、、それはさておき、開催は来年の1月29日、30日の二日間。
大会形式概要は送られてきた書類によると以下。

○本選+決勝トーナメント
参加者16名で本選を行った後、上位4名による決勝トーナメント。
(去年みたくねこさんチームとうさぎさんチームには分かれないようです)

○本選ラウンド大会形式
スタンダード スイスドロー確定4回戦
エクストリーム スイスドロー確定4回戦
上記8戦の上位者4名が翌日に行われる決勝トーナメントに出場です。

なお、このスタンとエクストリームでは両スタイルでデッキに同名カードは4枚まで。
(同じ色を使っちゃうとフェッチパーマネントやサーチキャラが被っちゃう形式です)

○決勝トーナメント
前日の本選ラウンド上位4名による構築戦トーナメント。
試合形式は90分3本制2本先取(サイドボードなし)
1本目 スタンダード
2本目 エクストリーム
3本目 本選の成績上位者がスタイル選択(←ここポイント高いですねっ!)
こちらもスタンとエクストリームは両タイトルで同名カードが4枚まで。

ちなみに去年と違って参加賞は昨年ちゃんぴょんのプロデュースプロモのみ。
その代わり優勝~3位まで女帝の聖楔のBOXが出るようです。



そんなこんなで楽しいちゃんぴょんカーニバル、
今年は自分も出場するのでここでトトカルチョとかしませんけど、
出場者の一覧データとか、12月発売の愚者の新カードは使えるようなので
そのレビューとか、それまでにやっていけるといいな。

そんな風情。
スポンサーサイト

アクエリ(雑感その他) | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<2010年度CC出場者一覧 | HOME | 冥約の少女サンプルデッキ白「ブレイブ単」>>

この記事のコメント

先生のエロさに感動してコメントしてしまい申し訳ないです

やっぱりちくびは大事だと思います
2010-12-18 Sat 17:40 | URL | けろ #-[ 編集]
>けろさん
コメントありがとうございます~
なんでもご感想頂けるとブログの活力になります!

アレなナニばっかりで恐縮ですが
男の子の浪漫なので、頑張りますねっ!
2010-12-19 Sun 00:11 | URL | きら #mQop/nM.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。