甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

九州BT使用デッキ2種解説

はい、九州BT参加された方々、お疲れさまでした。

ちょいと、最近なかなか時間が取れませんので
本日の更新は九州BTで自分が使用したデッキの紹介などを。



当日予選使用デッキはあっさり薄味ノンスペルの黒単イレイザー。
レシピと簡単な解説は以下。

「ザラキ屋さん」

2 オファニムの長“オファニエル”
4 死天使“ザラキエル”
4 人造天使実験体“code-301655723”(自身をサクって4Cブレイクを召喚、割と問題児)
3 ガルガリン“メルキセデク”
3 雷鳴の舞姫“ライカ”(ファスト1点火力、BCBしながら相手BCBキャラを潰そう)
4 アネラ
3 シールドエンジェル
3 バーゲン天使

4 エンジェリックウィング
4 感天使
4 瞳天使
2 ブースターエンジェル
2 ミルキニアン (103シールドチャージ)
2 レイニーブルー天使
2 ひな祭り天使
1 節分サイボーグ (2枚目以降のザラキエルなどチューター)
1 ツインタワーボーグ

2 人造実験体(ECB)
3 導師
3 ムーンライトバディ
4 エンジェルスレイブ

今更ながら超絶普通の黒単イレイザー。
導師やムーンライトバディからコストを支払って
アネラやライカをファストタイミングでブレイクしていき、補給点数を稼ぐ
いわゆるFD(ファストドロー)構築なので、
初手支配や展開の仕方が通常のデッキと若干勝手が違う点に注意です。

3ターン目にcode‐ながいのからのザラキエルやオファニエル、
もしくはメルキセデクからのひな祭り天使及びライカで
3.5ターン目のファストタイミングBCBブレイクを狙います。

エンジェルインパクトやその他スペル、パーマネントは
あれば適所で引いたときに楽できますが、ザラキエル&ライカの除去や
オファニエルのエフェクトや補給力、メルキセデクの攻撃力UPがあれば
おおむねなくても勝てる、オーバーキルなので採用しませんでした。
その分を軽量ブレイク増量して2~3ターン目の動きの最適化を目指します。

軽量増量により、序盤からアタックを仕掛けやすくなり
ダメージやヨコの物量差により青龍巫女やヴァイオラのバインド系能力を使用しづらくします。
また上記バインド系能力持ちにはザラキエル重ねを狙って盤面を維持していきます。

他にも、ノンスペルということで今回は相手のデッキに入っている
動く石像、手札のカウンターカード等を空振りさせるという効果も期待していました。




では本戦。

使用デッキはオフィシャルにも紹介された姐己パワコン。
レシピと簡単な解説は以下。

「元ネラプシ型雪乃レイチェル」
CC使用時のネラプシ型雪乃レイチェルを
雪乃→姐己、レイチェル→アルカード、クリムゾンメイド→ベン・シーなど
エクストリームパーツで代用しても実はそう劣化してないじゃない?
、、、という妄想からはじまり小此木デッキから小此木抜いてしまった系。

4 ダークネスブラッド“レイ・アルカード” (出したターンに殴る)
2 水の女神“サラスヴァティ” (ECB2点補給)
4 傾国の妖狐“蘇姐己” 
4 ベン・シー
4 ネラプシ (宝船デッキに採用されるパワコンの天敵ノーブルオウルを狩る)

4 レヴィヤタンの嫉妬
2 ベルゼバブの渇望
3 魔人転生
2 エッジデモン (元々小此木が入っていたスロット)

4 ビッグフットスーツ
4 墓参り猫
4 ブラックドッグガール (孔明されない姐己の素体なので4積み)
3 ムーンライトバディ
3 ルサルカ
2 ヴァンパイア・ドクター (自分は姐己の影響を受けたくないので2積み)
1 オケアニス (103プロジェクトアンタッチャプル)
1 ソーン・デビル (022シールドチャージ、結果論だけど失敗だった)
1 ダウジング犬

4 導師
4 チャージオペレーター (緑からの▼連鎖狙いも兼)

調整ベースは女神アルカードではなく、スタンダードのレイチェルデッキ。
2ターン姐己、3ターンレヴィヤタン、4ターン殴るorアルカードみたいな
意外とまっすぐな動きを狙う構成。

仮想敵は多数派として扱いの簡単な鈴シュートと女神アルカード、
東側で実績を出した黄単アンデットとリューケンドーは熊本や福岡の上位常連が使用。
霊能者タイプの赤はキュベレイが入った女神アルカードが予選時期から満載だった為少数。
ついでに他地区の大分読みはこちらは戯言帖にサンプルが載っていない(笑)ヴァイオラなどの
黒デッキ辺りが想定されている、という読み。

と、なると黄単アンデットと黒単イレイザー(ザラキ)を含む
おおむねすべてのデッキに姐己とレヴィヤタンの嫉妬がクリティカル。
ついでに女神アルカードに対しても、アルカードを先に出すという点に於いて
軽量ブレイク枚数や魔人転生などで後攻からでも巻き返せる優位性を確保。

小此木を抜いてエッジデモンにしたのは、
仮想敵がおおむねセプチャなしでも補給が潤沢なデッキばかりで
相手のデッキを削るアビリティがパワコンスペル前提なのと
シルマリルなどエフェクト耐性が高いデッキがそれなりに多いことが予想され、
小此木がただの攻撃力6バインド持ちのアタッカーで終わってしまうことが多い為です。
それならばアルカードを耐久7にして、多数派である黒の攻撃力6の上から
テンポを失わずアタックしてデッキを削れるエッジデモンの方が有用となります。

一応、アルカードブレイクに対してオクタヘドロンや
ファストタイミングで出て効果無効を狙うシルマリルデッキが面倒ですが
まずオクタヘドロンはエクストリームに於いて
ホーリーライト並みにピンポイントカードである為無視。
シルマリルは、東側の結果から黄ミラーを想定せねばならず
対戦相手多大なアドを与えてしまうインペリアルオーダーを採用できない為、
このデッキの速度とサイズに補給的な問題も含めてついて来れないのが調整で実証済み。
ルサルカ、ベンシーに補給を頼りきりというわけでもないので
孔明も充分ケアしながら展開することが可能です。





そんな風情で使用デッキ2種の解説でした。
簡易レポや雑感などはまた後日UPになります。

スポンサーサイト

アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2011年九州BTレポですよ | HOME | もういくつ寝ると九州BTですよ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。