甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

祝! 魔力の水嶺発売な風情

今日の戯言「ワイバーンよりはやーい」
                   そにぶ
           
↑PT少女(SP)のフレーバー見て思わずおじさん
「(昔の彼氏の自転車の後ろで)ねぇ、ギュってしていい?」みたいな
懐古ゲームのNTRストーリー思い出しちゃったよ。



はい、どうもどうもな風情です。
魔力の水嶺も発売されましたね。
みなさん新しいデッキなんかは組んでみたでありましょーか。


こっちの方では最近はじめた高校生プレイヤーが
元気にデッキ構築してるの見て、私もいろいろ触発されましたので、
今回はスタートダッシュで随分たくさんデッキを作ってしまいました。


ちなみに水嶺での私の今回のイチオシカード「護鬼“八瀬童子”」。
なんとSP版はちくびが見えてる仕様です!なんたるブヒィ!
おっぱいさいこーだぜひゃっはー!!
(って言ったら養豚場のブタでも見るかのような目で冷笑されました)

後は「デビル・ウィッチ」これまたSP版のフレーバーもお気に入り。

「幽体剥離の本体より胸が大きくなって微妙に嬉しそうなおねーちゃんの表情にブヒッ」
「えーそんなの変態さんじゃないですかー」 …萌え豚さん相手に

「引き悪ぃわー、2ターン目に軽量ブレイクしか引かねーわー」
「えーそんなの変態さんじゃないですかー」 …ミサワさん相手に

「ヘルメシエル効果でセフィーロがアタック宣言、オフェンシブで緊急発進回収します」
「えーそんなの変態さんじゃないですかー」 …即死したときの負け惜しみに

何気にアクエリ日常会話に於いて(どんなだ)とても汎用性高いのが良いですね。


とりあえず真面目に考察すると
水嶺で個人的に評価の高いカードトップ3は

ライトニングストーム>メテオバースト≧ヴァイタルドレイン って感じです。

黄と黒の全体除去は特に地球環境までのデッキに影響力が半端ないという意味で。
少なくともスタートダッシュでは無視できない破壊力なんじゃないでしょうか。
ヴァイタルドレインに関しては先攻側が後攻2ターン目の
軽量ブレイクへのカウンター(使用宣言中のブレイク)に使える辺りがマジ外道。
コストパフォーマンスが半端ないので
エクストリームどころかアンチェインまで採用圏内かも。

個人的トップ3に惜しくも入らなかった中臣祓詞は
ソニックブレードなど手数が重要なファストカードには強いのですが
上記のような軽コスト全体除去プロジェクトを防ぎきれないので
まだシーズンではなさそうな感。
2コスト追加といってもリソース差で見れば等価交換ですし。


そんな風情で今夜はさっそく水嶺環境でさっそく作成してみたデッキを紹介ですよ。
まずは発売日の夜に真っ先に組んでみた構築済みベースの黄単焼きです。

「フォルナの3分クッキング」

3 ソードファイター“フォルナ・スウェーデンボルグ”(トークン付きデュアルサンダー)
3 ダークサイドウォッチャー(レジスト黒&チャージ 2F→3Fに加速)
3 フォーチュンドロワー(トライ&霊能者のドロー軽量)
4 マジカルクッキングウォリアー(黄ではド安定のチャージ軽量)

4 ライトニングストーム(全体除去)
2 デュアルサンダー(単体除去ドロー焼き)

4 ソニックブレード(なんでも解決コンバットトリック)
3 孔雀経法(火力カウンター兼ライトニングストームとの凶コンボ)

4 戦士(ドロー)
4 トライメイド(ドロー)
3 ムーリアン(トライのシールドチャージ)
3 三つ目戦士(▼あるけどすべてのブレイクの素体となるので採用)
2 ブロワー(001チャージ ▼がないのでストームに巻き込まれない補給)
2 飛刀族(訓練されてる黒相手にはこれだけじゃ勝てない)

4 メイド侍(構築済み再録赤ウォリアードロー)
4 壷振り(001チャージ ▼がないのでストームに巻き込まれない補給)
4 バチカン衛兵(構築済み再録青ウォリアードロー)
2 山子(001チャージ ▼がないのでストームに巻き込まれない補給)
2 スタートランスポーター(001チャージ ▼がないので略)


ギャラクシーなので簡単。
相手のドローをライトニングストーム、デュアルサンダー、フォルナで潰して
適当にヨコの有利を得たところでソニックブレードをちらつかせながらキャラで殴るだけ!
デッキのコンセプトは「ドローキャラを支配するのは俺だけでいい」です。

恐らくサガ1、サガ2時代の人達だったらこのデッキに解説とか必要ないんでしょうけど
全体除去(ライトニングストームやメテオバースト)を
どういうタイミングで撃ったらいいかわからない、という声を
最近はじめたプレイヤーさんなどからデュエルスペースで質問頂いたのでそこら辺を少し。

全体除去プロジェクトは
A そのプロジェクトの使用リソース(ライトニングストームなら手札1枚+2コストで3)
B その全体除去が効果を発揮した際に自分が捨て札するカードの枚数
C その全体除去が効果を発揮した際に対戦相手が捨て札するカードの枚数
D 次の相手メインフェイズ開始時までで見た補給点数(つまりドロー)を減らした数
これらをざっと計算してみまして、A+B<C+Dになる状況なら迷わず撃ちましょう。
撃つタイミングがわからないという方はDを計算に入れず
A+B>Cだから微妙なのかなと躊躇してるんじゃないでしょうか。
ライトニングストームに関して言えば、上記の計算式で、
同じ盤面にパニッシュメントアサルトを撃つよりリソース差で上回ることすらあります。

補給点数差を考慮に入れるとプレイングに幅が出ますので是非一度試してみてくださいな。

慣れてきたらそのターンに自分が支配できるキャラとの兼ね合いとか
次の自分ターンパワーカードフェイズくらいまでの補給点で見た得失差まで
計算していけるようになるかと思います。
ここまでできるようになると全体除去が強楽しくてクセになるかもしれません。

そんなこんながありまして
できる限りキャラ組成も自身のライトニングストームでは被害が少なくなるよう構築しました。
特に精神0チャージは、ドローキャラ同様デッキの補給の要となるので
ここは今回の▼012チャージでなく従来の001チャージを使うというのが重要です。

また、上記の構築によりメテオバーストの全体1点火力で
チャージが壊滅する恐れがあることから「孔雀経法」を採用しました。
何気に自分の支配キャラだけにしか効果を発揮しないことから
相手に使用された全体除去で相手だけ勝手に壊滅してるとか
そんな文字通りカウンター的に機能しちゃうのがこのカードのすごいところ。

自身の使用したライトニングストームにレスポンスすることで
あらびっくり先程の計算式の「自分が捨て札するカード」が孔雀経法1枚だけになります。
3、4ターン目までに決まればおおむね勝ち確定のリソース差が発生しますから、
それを狙って動けるように軽量ブレイクの枚数なども選定しています。
火力の入ってないデッキ相手に空振るからカードパワー低い=弱いという方も多いのですが、
こういった自身の火力系全体除去と組み合わせて
相手にだけ火力を飛ばす用法もあるのですから私はかなり高く評価してますね。
というか孔雀経法が環境で見てトップアンコモン。

余談ですが、全体除去といえばサガ1時代に
「パニッシュ黒を撃てて一人前の黒使い」という格言がありましたが
ヨコの有利を5点以上持っているにも関わらず
パニ黒してドヤ顔してたりすると「ふーん」って言われるので注意しましょう。
(先程の算数ですとA+B>C+Dになっててそのコスト差で殴った方が早い)
いや笑い話っぽいですけど、そういう自称一人前さんって意外と多かったという昔話。


基本的には相手のファクターを焼いていってメインが出る前にどうにかしたいのですが
後攻のときなどはそうもいかないので、出てしまった大型はフォルナで相打ちを狙いましょう。
なのでサンプルらしいデッキにするなら2積みのデュアルサンダー辺りを
赤や青のイニシアチブな大型対策に
ミラーヴィジョンかワイバーンなんかを採用しとくのが無難なんでしょうが
これは自分で使ってるデッキなので前向いてます。

周りの人達やちゃんかーさんは
ヒデさんが前向き構築で綺羅たんは後ろ向き構築スキーとか思ってる人多いですけど
別段そんなわけでもないで念のため。



纏めるでもなく徒然と語ってたら長くなったので今日はこの辺でまた来世。
スポンサーサイト

アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アクエリでギャラクシー100本勝負してみた話 | HOME | CC終わったようですのでネット復帰?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。