甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

1週間遅れたエクストリーム制限改定の話

はい、なんだかエクストリームで新制限が出たようですね。
先週書きかけの記事を今頃になってUPするプレイング。
(夏休み前なのでアレなんですっ!ごめんなさい)

ブロック前に調整入るならもっと早く告知されるものと思ってましたよ~。
プレイヤー個人としては、与えられた環境で遊ぶだけなのですが(いつもの定型文)
一応想定される環境の変化など。

○BCBキャラ禁止
序盤のパワー采配の難易度が若干高くなって、
ついでにハンデス系カードが相対的に強くなったというのは
ゲーム速度が若干抑えられたという意味で良調整。

また、BCBキャラが存在するので無理にデッキに入れる必要のなかった
BCB能力付加持ちのカードなども採用圏内になっていくと思われます。

、、、ってもうみんな言ってますね。

あとこれは個人的な見解なのですが、
BCBキャラというのは初出の修行者の段階での評価は
当時環境で突出していたレイチェルへの解答、というものでした。
(コストバックで動けばコスト増とブレイク剥がしに対する損失が少ない)
なので、そのレイチェルを準拠にしているアルカードはもちろん
緑のドレイン系(ブレイク剥がし)のカード全般も、
BCBキャラが落ちたことで相対的に強くなっているカード群との認識です。

昨年度CCのメタゲームも、大分から参加した方々の認識は
BCBキャラへの対策と脱却がテーマだったそうですけど
(詳しくはもふー屋さんに聞いてみてくださいね♪)
今後のメタゲームの推移がひじょうに興味深いところです。

○ベルゼバブ禁止
実はこの禁止改定が入る前日にアイアコスベルゼとかがっつり回してたのですけど
エクストリームで3ターン目にちゃんとアイアコスが着地して
3.5~4ターン目にベルゼバブがきっちり通る状況って、アイアコス経由しなくても
同一ターン中のぶっ放しの火力は充分致死ダメージなわけですよ。
なんで自分や某CC屋さんはエクストリームの緑デッキからアイアコスを抜きました。
(その直後にこの改定を知りましたw)
とはいえ、BCBが落ちたことで緑のドレイン系カード、
茨の枷によるハンデスなどが強化されたという認識で見れば、
安易なエンドカードがそのまま残っているのは確かに良くないのかもしれません。

○お風呂鈴の湯気と泡
やっぱアレか。中学生のまっぱはさすがにやばかったとかその辺の自主規制か。
湯気と泡で隠してたんだからいいじゃん、
こんどお風呂系カード出すときは湯気や泡にダークネス希望。
俺はこのカード(まっぱだから)大好きだったのにぃぃぃ! みたいな戯言はさておき。

圧縮しても2ターン24点ペネトレイトなんかは結構高難度な上に
後手の際に相手に妨害されるリスクも半端ないのであまり問題ないのですが、
圧縮とかしなくても2ターン目にキネシュ妨害orマインドアサシン安全確認からの
3ターン目24点以上のペネトレイトは
割と安定して出来るというのはある程度実証済みです。
花使いなどを経由しなくても
単純に地球のトラストマインドが明音鈴とかなりのシナジーカードとなるのもポイント。
圧縮してそれしか出来ないデッキとかなら
カードプールがこれだけある現状対策はいくらでも取れるし、
昨年度CC4位の素晴らしい圧縮デッキが4位だったのは
その辺が理由と思ってるのですが
お風呂鈴はその域を超えている、との判断なのかもしれません。

良く似た立ち位置にある登校準備真由美も2ターン目に妨害アクションからの
3ターン目にジーン真由美登場は割と安定するのですが
相手を殴り倒すのは4ターン目以降だから
後攻の相手も3ターンはゲームが出来る(笑)
ひょっとして基準は3ターン目にゲームを終わらせるかどうかとかそんな感じ?
その理屈で納得できる人はアクエリでは少数派だと思います。

なんにしろ補給、妨害、BCBキャラを必要としないフィニッシャーと3拍子が
強力なラインナップで揃っている白は今後よく見かけることになりそうです。
これに緑がどの程度対抗できるかで、その他の色の分布割合が決まっていきそうなので
その辺はブロックトーナメントでのメタゲームがたいへん楽しみですね。



で、ちょっと追記で販売側の視点で話をします。
プレイヤーとしてはたいして面白い話でもないので興味のある方だけどうぞ。



こうやって制限改定が更新されるのは環境に変化ができて良いことなのですが
これをやってるなら単純なエキスパンション落ちには何の意味があったのでしょうか。

再販しないから新規プレイヤーがカード入手が困難というなら
もはや現時点でエクストリームの主要カードはかなり入手困難ですし、
それは地球以降のスタイル住み分けで解決できる問題かと思います。
ですが、やはりイラストやコレクション要素をある程度以上に売りにしてるアクエリで
ゲーム的に何の罪も犯していないキャラクターが使えなくなることは
引退者を増やすだけで、ショップとしてもプレイヤーとしても
なにひとつメリットを感じませんでした。

常々思うのですが、カードゲームのこういう禁止制限コンバート諸々は
販売営業と開発がちゃんと連携しとかないとなかなかに難しい。
(大抵の会社では営業と開発とか犬猿の仲なのかもしれませんけど)

ゲーム環境になんら悪影響を与えていないカード群をまとめてコンバートとか
人気高騰カードを構築済み再録した翌週に禁止カード指定とか、
そういったチグハグはやはり各所の信用を失ってしまうものです。
今回の件で言えば、風呂鈴を落として登校準備中を残すのなら、営業の方々は

「世界のSPBOXがまだ消化できてないから過去カードを訴求してくれ」

とか逆に

「ウチは今回の制限改定で登校準備中のシングルで一儲けしてやろう」

などと考えているショップを、どの程度把握出来ているかが肝になると思います。
みなさんは全国のアクエリ取り扱いショップの何割くらいが
上記のようなことを考えてアクエリという商品と接していると思いますか?
それが把握もできていないのに最新弾の目玉カードなので落とすわけにはいかない、
とかメーカーの都合で言ってると、
ユーザーの反発を買ってしまっても仕方ない部分もあるでしょう。

こういった現場の状況や流れを販売や営業が見極めた上で、
それを商品開発や販売、制限改定などのスケジュールに
しっかりと連携して、落とし込んで欲しいと思う次第です。

そんな久々にてんちょー視点からの提言でした。
スポンサーサイト
アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今年もやるよ! 第2回九州温泉合宿in別府告知 | HOME | 冥烙カードレビュー黄、黒>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。