甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月並みなサバトの使用デッキ解説とレポ

今日の戯言
「えるます、オマエ、頭いいなぁ」
             台湾にて きら

さて、では旅行記だけではアレなので
サバトの使用デッキとレポでも戯れにUPしておきます。
CC出場者向けに今年もトトカルチョとか、、、やるにはちとMPが足りませんが、
せっかく地元から出場する人もいるのでいろいろ活動はしていきたいところ。

ではデッキから

4 現巫女“厳島美鈴”
4 陰陽博士
2 捧巫女“狭野うらら”
1 竜王“娑羯羅”
3 仲居
3 幣巫女

3 呪縛
2 奇門遁甲八陣
3 反魂の術
3 鳴弦の儀

4 羅盤師
4 純喫茶店員
4 法力少女
2 陰陽生
2 盃巫女
2 眼巫女
4 星降学園バンド D&C担当

2 ファーマシスト
4 パフォーマー
4 ファインメイド

ノンカウンターの鳴弦美鈴デッキ。
メタを踏み外すとポテンシャルは並以下なので良い子は真似しないでくださいw

中3色に比重が置かれている今回の環境で
青焼きは陰陽博士立てるまでがゲームなので鉄板、
赤ミラーも鳴弦と軽中ブレイク枚数分展開力で優位、
緑はシルマリル以外は呪縛突破、シルマリルも貫通手段を軽視しているなら
多彩な精神攻撃でデッキ枚数とプレイング差に持ち込む、
という意図で製作されたデッキです。

外3色とは極論展開力勝負なので、
大抵うららの+αの補給力や反魂分の展開優位で戦える上、
美鈴を立ててしまえば万が一天才デッキに当たっても
ワカラン殺しは回避できるだろ、という布陣。
マナシは緑の温羅多そうだったのと
耐久2以上の補給線が多そうだったので採用は見合わせています。

以下カード単体で解説。
しかし美鈴や陰陽博士、反魂などの強カードを語っても今更感しかないので
あまり他のデッキでは採用されてないカードの解説をば。

○仲居
ついに登場した赤いワーカー軽量ブレイク。
鳴弦とセットで使用するとパフォーマーが横取りできるというキモチ悪さを買って採用。
初見の赤相手だと余裕でワーカーを勢力放置してる人、多かったですね。

○うらら
驚異的な強さの100円レアです。
一応能力は4(3)4 チャージ3 リムーブ1 シールド インターセプト
チャージ3リムーブ1で、実質チャージ2、という見方をされていますが
現環境では特に陰陽博士や法力少女などの強力ECBキャラを
主要な手札補充手段として採用している為、
昔と違いチャージで挿したカードも手札に加えることができるという点があります。
手札の不要なカードや反魂の素材をリムーブコストにし、
チャージとECBでデッキアクセスを高めるプレイングを行うのならば、
このキャラのチャージは「実質2」などではなく限りなく「3」に近い数値になるわけです。
特にミラーなどでは美鈴の先出しがゲームを決めるのですから
補給力とデッキアクセスを重視すれば自然と採用されてくるハズなのですが。
また、精神攻撃とインターセプト、シールドという各種能力も重要で
パイモン、鉢被りクラスのビートダウン、美鈴が出る前のジリアン一点突破、などなど
赤の序盤~中盤までの負けパターンを殆ど回避できるのも評価の理由です。

そんな超カードなのですが、流石に今回はハロウィンナイトがメタの中心と踏んだ為、
2積みに抑えて相手のドローアウトを誘い易い娑羯羅の枠を1枚確保しました。

○竜王“娑羯羅”
まぁよく使われてるカードだと思うのですが一応。
狛獅子積んでないビートダウンを足止めして相手のデッキ消費を2倍にするカードです。
最後の詰めに使うならエフェクトも消せる呪縛の方が数倍強いので
まぁビートダウン相手に序盤に運よく引いたら出す、
必要なら反魂で釣ってくる、程度の保険で採用しています。

○呪縛
娑羯羅だけでは緑や黄色に勝てません。
美鈴をサイズで上回る大型は大半が精神力が5以下なのと、
D&Cやバインドシンクロを従えて、
一方的にこちらのうららを殺しにかかるシルマリルやラグエルに我慢できず採用しましたw
1C呪縛でうっかりシルマリルを殺せるゲームが魅力です。
対PDソフィーもインターセプトPD無限ブロックを突破する為に必須ですし
エフェクトも無効化できるのを利用してコストバックされたキーカードを落としたり
厄介な先出し羽生、アシュレイエフェクトをカウンターしたりと応用範囲が広いのが魅力です。
コストは重いカードですが前述したうららと陰陽博士のダブルエンジンならば、
美鈴を出した後でも無理なく高コスト呪縛に繋がるのが魅力です。

○奇門遁甲八陣
温羅、ラグエル、真由美、張飛、あたりは呪縛で越えればいいので
せいぜいフルスィング怖いときの時間稼ぎ程度にしかこのカードは使わないのですが
呪縛で突破できないロビンや各務椿、
精神力が上がったりする厄介な重パーマネント対策に採用しています。
まぁこのカードを想定しないパワー采配が甘い相手には
バウンスではなく除去として機能するのが魅力ですね。

○鳴弦の儀
スクロールを撃たせてしまうとどうせカウンターなんて握ってないので
スクロールをそもそも撃たせない方が自分のスタイルに合ってます、みたいなw
ギリギリのコストでやりくりする青焼きは一回テンポを奪えば美鈴降臨が圏内に届く為
今回カウンターではなくこのカードを採用しました。
軽量、中級しっかり枚数積んでる上に中居まで採用してますから
赤ミラーは外道カードですね。
送り雛でカウンターしてくれるならまぁ仕方がないでしょう。

○キャラ
サバトなので32枚です。個人戦ならきっと33~4枚くらいです。
展開、アクセス重視の構築で精神0インセプチャージ非採用ですが、
うららと陰陽博士の超補給で見た目より横展開ができるので
いろいろ汎用性のあるD&Cや精神攻撃の枚数をしっかり確保、
みたいな現状の九州綺羅構築。
マナシ爆弾怖い人はもう少し耐久2を増やせばいいと思います。


では解説が想定外に長くなっちゃいましたが、
サバトレポでも

席順は
大将 カントク(温羅マリルDC)
副将 綺羅(赤単鳴弦美鈴)
中堅 もんちゃげ(温羅マリルDC)
次峰 ぷちを(温羅マリルDC)
先鋒 mei.A(青単焼き)

いやさ、なんか副将って青使いそうな理論派多そうじゃん?
そこをきっちり赤で潰して
大将と中堅はぶっぱすれば勝てるよw 、、、みたいな対応の布陣。
きらたんは大将や中堅って柄じゃないんですよね~

1回戦 不戦勝

ボーナスゲーム。
「7Cでハロウィンナイト撃てばいいじゃな~い」
とか言いながら大分の誇るゴッド、カントクちゃんを
ソニアミリアムで虐めて遊びました。

2回戦 千葉な方々

白単真由美 先攻 
、、、甚平は効果を発揮しなかったっ!
久々の全国戦の緊張を味わいつつ、先攻。
初手のキャラが羅盤師とパフォーマー2枚だけ、、、ですが引き直しも出来ないので
きっとキャラ引けるよ~と楽観的に2体支配エンド。
相手は白キャラ支配の白ドロー放置、手札の仲居が光ります。
このターンにキャラ引けば勝てるよね、とか思った2ターン目。
所詮俺は2ドローでキャラとか引けるハズもなく、、、
仲居で相手の場をブレイクするだけでパフォーマーのカードを入れ替え終了。
その後は流石にしっかりキャラ引いてきて反魂から美鈴も展開できたので、
相手の場にしっかり出てきた真由美のフルスィングを
うららで足止めした返しのターンに、呪縛から30点叩き込んで勝ち。
10-1 勝ち

で、チームを見渡してみると
中堅卓のもんちゃげ君はマナシに蹂躙されて
手打ちの金棒やハロウィンナイトが全てカウンターされてやられている様子。
次峰卓のぷちを先生は緑なのに青単相手に10-0で安定勝利してたけど、
mei.Aが黄色相手に展開力不足で普通にやられて死亡。
最後の希望、大将卓のカントクちゃんがシルマリルを先だしされた上
金棒付きの雷神にフルスィングされて瀕死、、、何これ、初戦敗退フラグ?
とか思ったらカントクちゃんがその後すさまじいトップデッキを連発、
金棒の致死ダメージを生き残り
ハロウィンナイト連打で相手の場のパイモンを飼い殺し、
相手のプレイミスに助けられつつも
残り30秒あったら勝ちという場にまで持ち込んで引き分け。
、、、流石大分のぶっぱゴッドw
でも俺ならジャッジ呼んで勝ちにしてt(以下検閲削除

チーム的には△○×○×で得失点1差という超僅差で勝利。
、、、正直、負けたと思ってました。

3回戦 愛知な方々

諏訪、スクロール、ホーリーライト入りの赤 後攻
、、、甚平は効果を発揮しなかったっ!
後攻で勢力放置は延々キャラとブレイクカード以外を叩き落としてくれたものの、
赤ミラーだったので鳴弦3回撃って陵辱ルートでした。
で、さっさと美鈴先出しして安定、とか思ってたらですね、
ダメージ置き場見て推察、想定していた唯一の負けパターン
「諏訪ブレイク、弓削ブレイク、弓削に雲竜セット、弓削フルパワーエンド!」
俺が大事に握り締めてた奇門は8ファクターですかそうですかwww
でもまぁ想定できてたことですし
前のターンまでに美鈴の攻撃回数減らしてまでファクターを用意してたので
埋めてたブレイクカードを陰陽博士で掘り返し8ファクターまで伸ばしてから
弓削には奇門でご退場願い、そのまま撲殺。
まぁ、この時、確かに埋めてた場所は覚えてたのですが
「幣巫女からエフェクトコストバック、陰陽博士を回収しま、、、ん?」
などと萌える上にぴんちなプレイミスしたのは秘密w
10-2 勝ち

ここで周りを見渡してみると
カントクちゃんは後攻で魔伏せ刹那式に返り討ちにあって死亡
もんちゃげ君は後攻で普通にスクロールに焼かれて死亡
ぷちを先生は後攻でシルマリル先出しされるもいつものハッタリで逆転勝利
mei.Aが後攻で初手にデスルーンが3枚あるから引き直すとか
贅沢抜かしてキャラ無しで緑相手に撲殺され死亡、、、

チーム的には×○×○×で敗退。
全員後攻って素敵ですねー。

とまぁ、そんな風情のサバトレポでしたっ!
スポンサーサイト

アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<きらたんによるロケット☆ランチャー徹底攻略 | HOME | サバトの旅行記>>

この記事のコメント

よく拝見しています。いつもアップ凄いです。僕も頑張ります。もう寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。また遊びに来ます。
2008-11-10 Mon 17:05 | URL | アキオ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。