甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

きらたんによるロケット☆ランチャー徹底攻略

今日の戯言は、先日のサバトで優勝チームが選択して話題になった
ロケットランチャーのバグ技の簡単な解説と攻略でも。

CC権利持ってる人は誰もやりそうにないので
ここはひとつ傍観者の視点からやってみようとかそんな風情。
           

で、ロケットランチャーです。

カード単体の使用法に関しては、他所のレポートや考察できっちり記されており
ココをわざわざ見に来るようなアクエリ狂なら知ってると思うので割愛。

、、、解説する気がないのかとw

強いて言うなら勢力放置キャラの▼判定にトリガーさせる用法を基本化させてないと
自キャラ潰した上に手札を大量消費しているようでは
きっちりその他のコントロールが決まってる場合や初見のワカラン殺し以外では
案外簡単に対処、巻き返しされるという点があるので念の為。

今回、サバトのチームが優勝した要因として挙げられるのは
ロケットランチャーのバグ用法に関する気付きも、もちろん大きいのですが、
そのロケットランチャーを理想的に運用するデッキの基礎部分、
特にマモンハロウィン世界樹の選択が秀逸だったという点があると思います。

通常、今回のロケラン用法のような特殊なコンボ、用法を思い付いた場合
真っ先に最速起動ルートの確保にデッキ構築の方向性を持って行きそうなものですが、
マモンハロウィンというループコンボで時間を稼いでいる間に場と手札を揃え
手札を大量消費する全体除去で締め、という一連の流れが
デッキ構築の時点で綺麗にハマっていた点がすごいなぁ、と。
手放しにデッキ作った人をリスペクトしたくなります。

当然、自分もデッキビルダーの端くれとなのでサバト後に
「3、4ターン目にロケラン起動を狙う圧縮デッキ」なども組んでみましたが
デッキの安定性のなさと、
ロケラン起動後の相手のリカバリーの速さ(現環境の補給線の秀逸さ)に断念しています

つまり、ロケットランチャーというのは
手札とパワーカードの消費量多く、
除去性能に対して「分相応かちょっと効率がいい」程度なので、
今回の優勝チームのようなデッキ基盤でないと使い辛いという一面がありますよ、と。
更地にしたいならスクロールからのエディスルーンの方が早くて楽で対策少ないです。






ロケラン単体であれば「パーマネント」であり同時に「エフェクト」なので
対処法は相当たくさんあるのですが、
上記の考察を踏まえた場合、
「ロケランを対策するならデッキレベルで対策を立てる必要がある」
という結論に達します。

カード単体のパーマネント対策である
○魔女の夜宴
○アシッド・クラウド
などはロケラン起動自体は防げても
デッキポテンシャルで攻めるプレイングに切り替えられたり
そもそもメタを外すとパーマネントが入っていないデッキも多い為、脆いです。
ただし、上記の理由付けをしてデッキに入っていないと思っている人も多い為、
狙い撃ちできれば奇襲効果が高く確実です。

ただしカード単体での対策として最も確実なのは
○エクソシズム
これが最強です。
同系にホーリーライトがありますが、現環境では間違いなくマモンや世界樹、
何よりハロウィンナイトをカウンターできるこのカードの方が優先順位が高いです。

まぁ、パーマネントとして対策するより
エフェクトとして対処していった方がデッキポテンシャル面では優勢です。
○アイスウォール
○次元迷宮
○呪縛
などは比較的使い勝手もよく、優良対策カードと言えます。
○ミリアム
などは、既存のPDソフィーなどに対策カードとして積んでしまうと
デッキポテンシャルを落とすだけなのですが
(つかPDデッキに積むという発想が俺はなかったけど)
きっちり「ミリアムデッキ」として組むとその限りではありません。
、、、ってサバトの会場で言ったらいろんな人に怪訝な顔をされたので
次回あたりはこいつのデッキでも晒して名誉挽回しようと思いましたw

ではデッキレベルで話をするとどうなるかというと
焼かれる前に焼くのが一番確実で、
対処法も何も皆初見だったサバト時にロケランデッキに勝った人が
殆どスクロール焼きだった点からもこれは明らかです。
特に赤に対する中途半端な勝ち筋を残すより、
緑殲滅、ポテンシャル重視の青単を推奨します。

またECBキャラが隆盛を誇っているとはいえ
このデッキシステム上、名古屋ドロー構築(※1 になりがちなので
パイモン前のサンダーストーム、エクリプスからの横取りなども比較的有効です。

ロケランが手札が増えやすいデッキ構成であることを利用して
「ミューズ日照り」といったデッキタイプもかなり有効です。
緑同士の対戦はフィニッシュ手段が何であろうが、
先に確実なパワコンでテンポを取った方が勝つ為、
パワコン総数が多いミューズ側の方が有利(※2 だからです。
特にECBキャラが現状の主要補給線として採用されているのならば
このデッキタイプ自体環境的には追い風です。
つか、個人的にはこの「ミューズ日照り」の強さが最も認知されてる地域のプレイヤーが
今回のロケラン作って持ち込んだのがすごいと思ってます。





ついでに明らかなバグ用法なので当然エラッタ云々の話があるわけですが
一応私見を記しておきます。
ロケットランチャーは同じデザイン意図を持っているであろう
クロスバーストとのテキストの整合性がありません。
これがどういう意味かと言うと
恐らくデザインチームは今回の用法に関してはクロスバーストデザイン時、
つまりサバトより前に既に気付いてた上でエラッタを出さず放置していた、と。
、、、推測できてしまいます。
ユーザーからのアクションがない限り今後も自発的なエラッタはなさそうな気がしてます。

きらたん的には面白いデッキ、用法だと思いますし、
「緑に全体除去がある」ことでそこまで環境の悪影響があるとは思ってないので
相変わらず(w エラッタの必要性をあまり感じてないです。
強いて言うならループコンボで対戦相手をカカシにしてしまう
マモンの契約とハロウィンナイトの方が危険度高そう。

まぁ、当然ロケランもトーナメントシーンとは関係ない縁側アクエリには推奨できませんし、
何より手に入らない絶版カードを高騰させて
「シングルやトレードで手に入れれば?」とかいう姿勢は
パックを販売してる身としてはどうかと思う部分もありますよ、と。

そんな風情。


※1 サガ1時代からの地域特性? ドローキャラがその時代の構築法より2枚くらい多い
※2 ミューズはシルマリルのパワーカードも対象に取れる為、先出しされて詰みに嵌ることはない
スポンサーサイト

アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<無駄に痛い対戦レポート | HOME | 月並みなサバトの使用デッキ解説とレポ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。