甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「血盟リチュアル」~皇帝の威光への美しいシナジー~

今日の戯言「今回の敗因はアンタひとりでメタゲーム進めすぎ」
     「他メンバーも廃人の脳内とそれ以外の周りの環境とのバランス感覚磨けよ」
                           地元大反省会にて

いやはや、これでもしばらく落ち込んでたんですよ。

九州BTが終わったら、戦車環境の新デッキをいろいろ解説したいと
以前から言っていたので、しばらくデッキ解説モードに入ろうと思います。

特に、BT前半戦で実績を出した上位デッキを見るに
絶神の戦車には実際に環境を変えるカードがない、というのが
現状の一般的な認識だと思うのですが、私はまったくそうは思ってません。

その辺をこないだの九州BTで証明できなかったのが残念でならないのですが
大分育ちの上京プレイヤーさんや大先輩のOBさんから
上記の「今日の戯言」に書いてるような注意を受けて納得したので、
気を取り直してこちらのブログでは戯れていくことにしましょう。

そういう風情で、環境新デッキを語る前に
今回はまず「血盟リチュアル」について解説してみようと思います。

このデッキ、優勝実績が早い段階からあって
しかも有名プレイヤーが使ってたわけですから、
自分なんかはもう少し早い段階でその強さが認知され研究されてるかと思ってたのですが、
実際のところBT予選の時期ですらまだ一般的にその強さが認知されてなかったらしく、
「血盟リチュアルってコンボデッキだからグッドスタッフの方が良くね?」
みたいなことを言われてたようです。
以前のフランチェスカの時の「ひみつ☆でっき」とか
血盟リチュアルを使ってるちゃんぴょんさまのただのパロディだったのですけど。

それはともあれ、このデッキの強さを知らないことには、
現戦車環境で新しくデッキを作るにしてもピンボケになってしまうので、
今回はじっくり攻略していきましょう。


さて。

極星強化エキスパンション、皇帝の宝冠で得た黄の最強カードは
皇帝の威光であるというのは、殆どの方が納得できる話だと思います。

カウンターカード単体としての性能は送り雛より若干劣るものの、
ダメージ置き場を活用する黄の強カードと各種シナジーを形成する点と
そもそもこのカード自体がダメージ置き場から使用出来る為、
「威光連鎖」と呼ばれる皇帝の威光が皇帝の威光自体に対して
相互シナジーを持つという変な現象まで発生します。
これにより、カウンターカードがたった4枚でも、
デッキに赤単並みのカウンター性能を実装できてしまう点が
他のカードと一線を画しています。

では血盟リチュアルに採用されているカードが、皇帝の威光に対して
具体的にどういったシナジーを持っているか、ちょっと解説してみましょう。

まずはブレイクから

○ゼファー 優先度 必須
ダメージ置き場が増えることによってチャージとブースト強化。
補給線という最もアクエリの基盤になる構築要素において、
皇帝の威光とシナジーを形成しています。
ひとりでチャージ3越えるのはチート性能だってば。
また、補給線でありながらブレイクスルーとブーストで貫通能力が高く、
リチュアルでブレイクを焼いたり、血盟でバトル無双+大ダメージなど
デッキの核としての働きをします。まず4積みのレベルだと思います。

○エラキス 優先度 高
カウンターデッキはコントロールに強く、ビートダウンに弱い
というのが一般的なアクエリの一般的なメタゲームじゃんけんですが
その法則を無視する為のカード選択。
皇帝の威光でダメージを自己生成してしまうと
細かいアタックコントロールに対して無防備になるのですが、
このカードで守りを固めることにより中途半端な攻撃はすべてシャットダウンします。
デッキの持つカウンター要素の弱点を補っているという点で
皇帝の威光とシナジーのあるカードと言えるでしょう。
更にブレイクスルーとオート補給能力がある為
ゼファー同様、アタッカースロットと補給スロットを兼用出来てしまいます。

○アンカ 優先度 中
ダメージ置き場から出せるという皇帝の威光のダメージ生成とのシナジー。
しかもダメージ置き場からのプレイはコストバックのオマケが付いているので
これまた補給スロットを削って入れても問題ない、ことがあります。
また、ゼファー、エラキス、アンカといったブレイクスルーを並べて
カースリチュアルやアブソリュートヴァニッシュでブレイクを焼いて殴る、
というコンセプトが単純かつ強力、というのも忘れてはいけません。
シナジーを別にしても、カード性能が単体で最強クラスなので
扱いの簡単なデッキの構築を目指すなら投入すべきカードでしょう。

○ジャンヌ 優先度 低
ミラーマッチや対青ヨハンナ戦を優位に運べるメタカード。
このデッキとほぼ同等のポテンシャルを持つヨハンナデッキや、
めんどくさいミラーマッチで優位に立つのは重要なので
採用しているデッキも多いです。
ヨハンナブレイクをこいつで妨害出来れば、まず負けることはないでしょう。
また、ダメージ置き場に落ちるとECBキャラの強化が出来るので
一応皇帝の威光とのシナジーを持っていると言えます。
ブレイクスルーで先に述べた焼いて殴る、に特化出来るのも魅力です。

○カファルジドマ 優先度 低
皇帝の威光とのシナジーは皆無ですが、
そのサポートカードである血盟とシナジーがあるカード。
ペネトレイトをX点パンプして血盟効果での捨て札をバインドで回避とかすごい。
しかし決してリムーブの維持コストは安くないので
出したターンに相手を仕留めてしまいたいところです。
なので、しっかりした補給の地盤があるデッキで使いたいですね。
個人的にはこいつ採用するならゼファー4積みした後に姫将軍も欲しいです。

○ラュー 優先度 低
対抗デッキであるあざかやヨハンナに対する回答で
かつ相手のECBを封じるだけでも採用する価値のある一枚。
皇帝の威光を消す厄介なエフェクトを無効化するという点でシナジーもあり、
単体での強さは以前皇帝の宝冠スタートダッシュデッキ解説時にも語ったので、
アイコン合わせて投入する価値はありますよ、と。

○キャラと軽量ブレイク
カウンターで相手のコントロールをカット出来るという思考から
キャラ選択は前向き(補給性能重視でアンタッチャプル能力低い)な
ECBやドローキャラ、セプチャが優先されます。
皇帝の威光にアクセスし易くなれば、それだけキャラの生存能力も上がるので
そういった意味ではキャラ選択でも威光とのシナジーを形成出来ると言えます。

また、血盟リチュアルは盤面のヨコの有利を取らなくても
補給兼アタッカーであるゼファーやエラキスで容易にタテの有利を取れますし
盤面が劣勢である程度殴られた方が、むしろ血盟のパンプ量やゼファーのチャージ力、
威光やアンカへのアクセスが強化され都合がいいくらいです。
無理に軽量ブレイクをしっかり積まなくてもデッキとして機能するという点が
このデッキの強さであると言っても良いでしょう。

ただし、その構築思想をウィークポイントとして突いているのが
関東優勝の超天才キャラ日照りだったりします。
軽量ブレイクを経由しないとブレイクスルーが最速の最大打点で来ることなく
ゆっくり4ターン目を迎えられますからね。
まぁ、それ以外にもいろいろあって、
個人的には軽量ブレイク積まないという選択肢はありませんw
 
ではプロジェクトとファストをば。

○皇帝の威光 優先度 必須
何はともあれ超必須カード。
血盟+リチュアルなんてコンボ自体は皇帝環境以前から存在したものなので
それがここまで昇華され強くなっているのはこのカードのおかげです。
威光連鎖は自分が使うと気持ちいいですけど、
相手に連鎖されると殺意が芽生えますねw

○アブソリュートヴァニッシュ 優先度 高
実はデッキ必須クラスの単体除去。
これがないと美鈴が出ただけで詰みに嵌るゲームがある為です。
カウンターされない不安定除去、という立場なら別に必須カードではないのですが
このカード、皇帝の威光で目標に取ることは出来る為、威力の水増しが出来ます。
つまりダメージ3の状況でこのカードを使用したとしても、
皇帝の威光をヴァニッシュに対して自分自身で使用宣言、
コストで3ダメージ受ければ美鈴を殺せる6ダメージまで稼げます。
実際、このアクションが研究された為美鈴デッキが駆逐され
代わりとなる諏訪あざかというデッキが出てきたという背景があるくらいです。

○カースリチュアル 優先度 高
どちらかというと血盟とのコンボで本体超打点、という用法が注目されがちですが、
実際には、自分のキャラや軽量ブレイクを投げて相手のブレイクを焼いてから
こちらはブレイクスルーのゼファーやエラキスで殴る、という用法が一般的です。
一時は美鈴の台頭で消えたカードなのですが
バニッシュによる美鈴除去が研究されてからは
小回りの利く優秀カードとして採用されています。
血盟+リチュアルでの本体超打点など、あくまでその副産物に過ぎません。

○血盟 優先度 中
どちらかというとリチュアルとのコンボで本体超打点、という用法が注目されがちですが、
実際には、ある程度ブレイクスルーで殴った後に最後の打点を致死ダメージにしたり、
真由美やヨルムンガンドのようなスーパーサイズのアタッカーを
キャラや軽量ブレイクで討ち取ったりする、という用法が一般的です。
ダメージ置き場を自己生成する威光とのシナジーで、
緑の金棒を上回るバトル性能とコストパフォーマンスを誇るのが魅力です。
カファルジドマのような相性の良いカードを採用しているなら4積みも有りでしょう。
ただし血盟+リチュアルの本体超打点を狙いすぎて
アタックチャンスを見逃すようなプレイング精度の人にはあまりオススメしません。

○次元迷宮 優先度 低
単体では超カード級の性能なのですが、皇帝の威光とのシナジーがそれほどない為
(相手のカウンターを威光でカットできるという点で一応シナジーはあります)
採用圏外にあることが多いカード。
1トップの最速アクションを狙ってくる白や緑に有効なのですが
元々血盟リチュアルというコンセプト自体が白や緑に強いのと
厄介なミラーや対青戦を意識するとジャンヌが優先されるのでこのカードが入ってきません。
それでも単体で最強クラスのカードなので、
カードパワーを優先した構築を狙うなら採用を検討すべきです。

○アイスウォール 優先度 低
九州BT優勝デッキで採用されているので念の為。
汎用性で考えればもっと他に優先すべきカードがあるのですが、
九州ではタテの有利よりヨコの有利を重視する構築が一般的で、
「2ターンラプンツェル+観艦式」や「軽量8積みナースウイッチ4積みのヨハンナ」
といった序盤に大量補給でアドヴァンテージを引き離してから勝つこと意図したデッキを、
昨年までBTを123フィニッシュしてたような大分県勢の上位陣面子が好みます。
また、福岡のトッププレイヤーもヨコのアドヴァンテージによる
アタックコントロールの精度は全国的な実績がある程度には強いです。
で、そういったデッキが一気に伸ばした補給線を1ターンアイスウォールで止めれば
大概手札を使い切っているのでロクにパワー確保もできず被害は甚大です。
そんな風情の九州構築の特性をよく理解した上で採用された地域限定メタカードなので、
こんなピンポイントカードの採用は有り得ないと断じるのではなく、
何故採用されているのか環境まで踏まえて考えた方が強くなれると思いますよ。

○アシッドクラウド 優先度 低
はぁ? こんなカード採用された実績とかないよ。
とか言わずにまぁ聞いてくださいw
確定除去のあるデッキはパーマネント対策をするより
そのパーマネントを貼るキャラクターを除去していった方が効率的です。
よってアブソリュートヴァニッシュやリチュアルを有するこのデッキでは
こんなカード必要ありません。
そんな概念を逆手に取ったのが、青単のフォーチュンスターや赤単の麒麟といった
最新鋭のパーマネントカウンター採用のデッキです。
カウンターされない除去であるはずのヴァニッシュを
ヨハンナや美鈴、やる気満々なローズマリーに撃ってから
あっさりカウンターされようものならまず勝てません。
ヴァニッシュカウンターが一般的に行われる環境なら、
パーマネントカウンター返しとして採用を検討する価値のあるカードなわけです。
また、エラキス殺しの太陽神の戦車なども相応に厄介ですし、
あまり知られていませんが、しっかり組まれたドラゴンライナーの超コントロールは
カウンターカードの存在など関係なく血盟リチュアルを更地にします。
あと、こないだ解説したバタフライタイプの黒単も
ラプンツェルを早々に始末できないと超絶危険なことになります。
巨大艦隊日照りは、、、まぁ手札にアシッドあってもなんか暖かく見守ってあげたいw
血盟リチュアルとポテンシャル面で同格に戦えるデッキに対するメタカードとして
今後採用されていくカードだと思ってBTで警戒してたのに
誰も使わなかったので、綺羅きゅんはしばらく拗ねてましたとさ。


さて、そんな風情で血盟リチュアル。
環境に合わせたカードチョイスがきちんと出来ていれば
ほぼ欠点のないデッキなのでBTで上位に常にいるのは納得です。
プレイミスと相手のブン回り&事故以外の負けはほぼないんじゃないでしょーか。
構築とプレイングの選択肢が多いデッキなので
プレイヤー能力も反映され易く、実際このデッキを使って上位にいるのは
昔から実績のある古参プレイヤーが殆どのようです。

しかしだからといって完全無敵というわけではなく
ちゃんとこのデッキを仮想的とした上で戦車環境のカードを見てみると
対策云々とかの次元でなく
ポテンシャルレベルでこのデッキと並べるデッキが結構あるように思えます。

きっと放っておくと、そんなデッキはこの血盟リチュアル同様
あと2回ほどエキスパンションを重ねた後に注目されるんでしょうけど
現環境が完全に血盟リチュアルと日照りの2トップゲームなどと
結果だけ見て思考停止しちゃう人が多いとアクエリアンエイジ的にも良くないんで
次回からまったり環境考察と合わせた
優良ポテンシャルデッキの解説でもやっていきましょう。

そんな風情。
スポンサーサイト

アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「すたば☆らいなー」~カウンターデッキとの向き合いかた~ | HOME | 九州BTレポぽ>>

この記事のコメント

なんかえらい目に逢いそうですねw
19日の公認大会にお邪魔させて頂きます。
綺羅さんはじめこのHPをご覧の皆様、相手してあげて下さい。(ぉぃ
当日は使いなれた色で臨もうかと思います。
いつも通り、当日のプレイヤーネームがヒントになってます。
久々復活なので沢山迷惑をかけるかもしれませんが宜しくお願いします。
2009-07-15 Wed 12:10 | URL | 鈴鹿@7年のブランク #-[ 編集]
>鈴鹿くん

あー見つけたかねw
いらっしゃい。

いきなりココの記事を読んでもわけわからんと思うので
まずは初心者向けサイトさんを見ておいで。
大分もみんながみんなガチというわけではないので
ある程度のことを覚えてれば普通に遊べるはず。

このブログは勝ちたいとか強くなりたいと思ったときに
昔の記事から通して読むと良いよ。
2009-07-15 Wed 22:12 | URL | きら #mQop/nM.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。