甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CC出場者さんへエールを贈る「えるます」「のののきゅん」

さて、CCトトカルチョのお時間です!

今夜は優勝候補としても鉄板人気! の
おふたりの有名プレイヤーさんを紹介、エールを贈りたいと思いますっ!

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

【ネーム】
えるます

【活動地域】
関東(世界!?) 

【権利】
BT東北

【人物】
かつて世界最強と言われたアクエリプレイヤー。
驚異的な勝負強さと社交能力でアクエリ界に君臨し続けている。

よくぶっぱした発言が問題になることはあるが、
アレは自分を負けられない崖っぷちに追い込む精神的な背水の陣。
元々そんなに面倒見がいいわけでもないだろうに飲み会の幹事をしてたり
そこで常に周囲に気を配ってたりと
彼自身はトッププレイヤーたろうとする努力を怠っていない。
そしてそれがわかってる人たちには信頼され応援されている。
更にそこで培った社交能力や人への観察眼を
きちんとプレイングに反映させている点が彼を最強たらしめる理由のひとつ。

【構築とプレイング】
かつては奇抜なタイミングでアドヴァンテージを取りに来る
エルマス独自の構築とプレイング概念が存在したが、
最近はどちらかと言えばタテ寄りな安定思考で落ち着いている。

プレイング面では勝負を仕掛けるタイミングを絶対に見逃さない上に、
基礎を踏まえた上でタテ寄りの構築を更に特化させており、
高確率で劣勢を対処するカードを手札に握り込んでいるので
プレッシャーに負けてぶっぱすると狩られる。

【攻略】
人物評価でも述べたように
情報認識範囲がゲーム外に及んでいてアクエリプレイヤーの中では桁違いなので
同程度のレベルに達していないならえるますの土俵で戦おうとは考えない方が無難。
また、相手のレベルを見切って、ミスまで見越したプレイングを行ってくることもあるので、
一手一手に「なぜ」を追求しない方が良い。
あくまで堅実に、自分のペースでミスせず戦っていくことが重要になるだろう。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


【ネーム】
ののの

【活動地域】
中部 

【権利】
BT関東

【人物】
全国優勝実績が2桁越えの天才プレイヤー。
数々の全国大会実績があり他TCGも何をやっても強くて
頭の回転が早く空気も読める、もちろんメタも読める。
天才肌なのに地道な努力は惜しまない。
更にはイケメンで礼儀正しくてオシャレ、まさに無敵の好青年。
アクエリアンエイジの主人公と言っても過言ではないだろう。
今年も前評判ではいぬもちゃんぷやえるますを凌駕して
CCでも優勝候補の筆頭となっている。

ちなみにそんな彼も、戦国トーナメントではじめてご一緒した際に、
初対面の挨拶が「あぼーん」だった。印象深い思い出である。

【構築とプレイング】
補給と手札へのアクセスを第一として
ヨコ寄りの概念を重視してデッキを構築する名古屋構築の祖。
昔はアタックコントロールを駆使する正統派デッキの使用が主だったが
ここ数年は天才デッキと呼ばれる特殊コンボ、
メタの合間を抜ける奇抜なデッキ選択にも定評がある。

プレイング面では慎重かつ精密。
知りうる限り、アクエリ界でもっともプレイング精度が高い。
ただその為か、堅実なアドヴァンテージ確保に走り、
リスクを嫌いすぎる傾向もある。
また、えるますと違い盤面以外の情報は切り離していることが多いので、
ラフなプレイに弱いという指摘もあるようだ。

【攻略】
堅実に詰めが絡むような盤面になると、殆どの人がプレイヤー性能で勝てない。
コントロール合戦などのアドヴァンテージの取り合いは
彼より頭がいいか右手に圧倒的な自信があるならどうぞ。
デッキ性能にものを言わせて先攻ゲーでプレイングの余地なく圧倒したい相手だが
最近は天才的なカード選択で逆にワカラン殺しされる可能性もある。

とはいえ、環境が煮詰まっている状態で1本制という今年のCCルールでは
彼にとって不利な要素が多いのかもしれない。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


はい。

そんな風情でのののきゅんとえるますへの応援エールでした。

2人が直接対決するときっとこうなるとか
今年のCCルールだとどうかとか、その辺を妄想するのも楽しいのですけど、
あまりにも好き勝手やっちゃうとヒットマンに狙われそうなので自重します。



ではでは今夜はここまで。
CCまでに何人公開できるでしょうかね~?
半分の8名くらいは紹介したいものです。

そんな風情。
スポンサーサイト

戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<CC出場者さんへエールを贈る「PULさん」「ぽちさん」 | HOME | CC出場者さんへエールを贈る 「いぬもさん」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。