甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CC出場者さんへエールを贈る「PULさん」「ぽちさん」

今夜もやってまいりました。
CCトトカルチョのお時間ですっ!

きらたんは九州在住の地方プレイヤーなので、
面識のあまりない方ならどちらかと言うと
首都圏のプレイヤーさんより地方のプレイヤーさんを贔屓しちゃいます。

今夜紹介するおふたりは過去CCにも出場実績のある地方の強豪プレイヤーさん。
殆ど面識がない(お話したことあるのに忘れてただけだったらゴメンナサイ!)方なので
オフィシャルに載った権利獲得デッキの傾向などで予測を立てているだけです。
本当は一緒に飲み会にでも行ってお話でも出来ると良いのですけどね。

そんな風情で、紹介文に大きな間違いがあったりしたら
こっそり教えてくれると嬉しいかもしれません。

ではいってみましょう。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

【ネーム】
PUL

【活動地域】
信越

【権利】
サバト

【人物】
実際に交流があったわけではないので委細不明。
サバトでコンスタントに上位まで残る信越長野勢の古参のひとりで、
過去にはGPなどでの優勝実績もあり
個人戦でも出場すればソツなく上位まで食い込んでいる。
チーム戦でもパワータイプのポイントゲッターとして活躍しているのだろう。

この地域のプレイヤーは、個人としての強さも安定しているが
メタの分析等は常にチーム単位で行っており
例年のサバトでは皆同一コンセプトのデッキを選択していることから
個人の得手不得手などはある程度解消していることも伺える。

【構築とプレイング】
デッキの選択傾向を見るに、的確なメタ読みのスキルを持っているか
優秀なブレインがいるかのどちらかだろう。
信越長野勢の特徴として、関東を中心としたメタゲームの波紋状伝播の影響が
最も色濃く反映されているという地域であるという点がある。
選択するデッキは、関東の有名プレイヤー等が高く評価したデッキを
1~2週間ほど追いかけている状態であることが多く、
その辺りのデッキを想定しておくのが手堅い。

プレイングの傾向も、彼自身にメタ読みのスキルがあるのなら
関東方面の特性であるタテ寄りの理知的な戦術が想定されるし、
周囲のブレインに構築を任せているなら
その実績から予測してかなりのパワープレイヤーなのではないだろうか。

【攻略法】
まずは対戦相手のことを知ろう。
情報認識範囲「地域」なんて大技はオカルトの領域と思われがちだが
実際に過去の実績から地域毎の好みや特性を読むことは可能なわけで
事前に出場者の過去実績を調べる時間というのは決して無駄にならない。
デッキレシピと会話できるスキル(何それキモイw)を磨けば
はじめて当たった強い人でも予測は出来るので安心、という話。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

【ネーム】
ぽち

【活動地域】
北海道

【権利】
BT北海道

【人物】
実際に交流があったわけではないので委細不明。
過去にCC出場の経験もある北海道の強豪プレイヤー。
WEBでのレポートなど見るに、
きちんとした練習の土壌があるチームに所属しており、
大会だけでなく平日レベルの練習量も確保できているのではないだろうか。
その為、地区レベルの大会では、毎年コンスタントに上位を勝ち取っている。

ちなみに、以前CCなどでご一緒した北海道プレイヤーさんは
直前に慌しくデッキ選択などすることなどなく
的確なメタ読みと地道な練習量が伺える堅実なプレイングを行っていた。

【構築とプレイング】
例年、北海道BTの権利獲得デッキは使い込んでいたという奇抜なデッキで、
今年も日照りデッキに地脈などの独特なチョイスは見られる。
だが、基本的に上位トーナメントであるCCでは
北海道のプレイヤーさんがあまりメタから外れた
デッキを使った前例は少なく、無難な選択であることが多い。

北海道地域の構築というのは九州同様、
メタゲームの波紋状伝播からは外れており、
ネット上の質のいい情報を素直に受け入れていることが多いのではないだろうか。

【攻略法】
プレイング精度=練習量で圧倒するのは当然の前提だが
面識のない人とはまず、大会前の交流で人物像を把握しておくのが重要。
対戦相手の性格を把握できてるだけで対戦時の精神的余裕が違ってくる。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


はい。

そんな風情で過去CC出場実績のある
お2人の地方プレイヤーさんへの応援エールでした。

CCに例年出場するようなプレイヤーさんというのは
その地域のアクエリを盛り上げている代表者でもあると思ってます。
是非ともCCでは地元の応援に応えるべく頑張って欲しいですよね。

、、、って。
会ったこともないのに偉そうに好き勝手言ってすいません!

スポンサーサイト

戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<CC出場者さんへエールを贈る「mei.A 大先生」「陵さん」 | HOME | CC出場者さんへエールを贈る「えるます」「のののきゅん」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。