甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

祝・望刻の塔発売な風情

やー。塔とブレイブルーが発売されましたね。

毎度新弾出たときのカードレビューとか
「いぬも先代ちゃんぷのコピペでいいじゃん」とか言って
丸投げした挙句、美味しい新環境デッキだけUPしてる当ブログですが
たまには本気出してカードレビューやってみようと思います。
や、結局向こうより遅い上に今回は環境考察まで先にされちゃいましたが。

でもまー、せっかくなので気合入れて全カードやりますよっ!
塔だけはきらたん頑張る!
でも考察とかほどほどな簡易レビューで、
どっちかというとカードの魅力を【主観と偏見で】語ることに重点を置きたいなと。
なので点数評価とかつけません。
せっかくの新弾です。
強いカードも弱いカードもいろいろ使ってみた方が楽しいと思いますし。

あと、カードテキストのコピペは長くなりするので
オフィシャルのエクセルファイルでも隣に開いて
確認しながら見てやってください。
もうみんな先行情報からほぼ暗記してますよね。

ではまず共通サイクルから。
アクエリの基本は足回りですからね。


●0/(1)/1 ▼セプチャ
昔懐かしいベトウィンにチャージが付いた系。
ガード出来れば精神攻撃アドバンテージが取れるのは魅力なので
低い耐久力と除去耐性をケアできる勢力、環境なら採用します?
ドラフトならメイン勢力以外のこのサイクルを極力取っとくといいのかも。

●0/0/2 ▼セプチャ 対抗勢力プロジェクトファストコスト増加
横取りされづらい♂セプチャでかつ対抗勢力のコスト増加。
環境的にも小回りの利くスペル系のコンボデッキが流行れば
その対抗色にあたるこのサイクル採用は検討できると思います。
しれっと▼があるのがどう転ぶか。

●0/3/3 ▼シールドインターセプト
ブレイクされたときに、デッキ3枚破棄とか
結構とんでもないデメリットがついてます。
一応リアニメイト(捨て札利用)が前提のカードと併用すると
胡散臭い動きをすることもありますが、現状ではやはりデメリット。
誰かすごいデッキ組んでみてください。

●1/1/1 ▼シールドチャージ 本来0コストのカードのコスト上昇
ちゃんとキャラとしての最低限のスペック維持しつつ
1ターン目に2体くらい並べるとスタンダードの基本サイクルは軒並み被害甚大。
対抗色コスト上昇セプチャと併用すると新環境っぽいデッキで良いかもしれません。

●小型キャラ パワー0だとドロー持ちチャージ。
この手の大型キャラサイクル、いままであまり採用率は高くなかったのですが、
理由はアイコンが「狩ってください」と言ってるようなものだったのと、
同じ2点補給でもキャパ-2チャージ2のキャラサイクルとの優先順位競争に負けていたから。
今回は精神1でしかも(既存のデッキには)横取りされづらい♂ときた。
これは今後注目しておきたい足回りサイクルですね。

●大型キャラ ▼シールドチャージ
使えるかどうかは勢力によるので、、、
個人的な妄想を吐くならこういう枠で過去のデッキ採用レベルのサイクルキャラの
再録とかも兼ねて欲しいかも。かも。

●大型キャラ ▼オフェンシブチャージ
クィーンズブレイドからの再録枠ですね。
ブレイブルーもこんな感じで再録されるに違いありません。
恐らくブードラのアタッカー。

●大型キャラ ドロー
中には未来に生きてる人たちもいますが、
おおむね現状のデッキ強化にも使用出来そうです。

●大型キャラ 0コストのブレイクカードとして使える
サガ1の頃のファクター加速キャラと同じ要領で使えて
ダメージスロットを圧迫しない。
分類も複数で軒並み使える上に横取り可能。
チャージがないとはいえ、フェッチパーマネントと併用も出きるので
案外新しい足回りのサイクルが研究できるかもしれません。

●1F0C ドロー軽量ブレイク
全アイコン出してあげたら? とか以前言った気がしますが
こいつら緑以外半端なく未来に生きてて思わず笑ってしまいました。

●1F1C シールドドロー軽量ブレイク デッキ3枚破棄
たかがシールドドローで3枚破棄は重いかなと。
これがシールドチャージならあひゃあひゃ言いながら3枚破棄するんですけど。
リアニメイトと組み合わせてマジカルマモンからの反魂リザレクション祭りとか
どっちかというとスタンの明るく楽しいソリティア向け。
そんなに強くないですよ。

●1F1C キャパシティ-1ドロー軽量キャントリップブレイク
後攻の1ターン目限定でファクターコスト無視でチューターとかすごい。
今回のテーマは「後攻不利の是正」でしょうか。
思わずじゃんけんに勝ったら後攻選びそうですが、
実際に使うとこのブレイク、ワーカー持ってるのに後攻1ターン目は横取りできず、
全デッキに採用される可能性がある為絶対にパワーカード挿す必要があります。
使い込んでいくとワーカーがデメリットに思えてくるような気も。
ちゃんとキャラバランス(支配するメイン勢力キャラの精神力)考えないと、
普通にキャラ展開するよりもっさりしますので要注意。
つまり何が言いたいかって言うと、そんなに心配しなくても、
アクエリの先攻有利は結構根が深いので大丈夫ってことです(大丈夫じゃないのかな?

●2F2C チャージ2中堅ブレイク 後攻1F1C
後攻だとチャージ2が1F1Cはすごい。
しかもみんな♂ワーカーとか結構半端ない。
ただ、あんまし後攻が強いからってこの手のカードデッキに入れまくると
じゃんけん負けて先攻取らされたときに死んじゃうかもしれません。
みんな♂も使ってあげてね、みたいな。

●2段ブレイクサイクル
今回の2段ブレイク1段目は後攻1ターン目ファクターコスト無視。
俺の嫁は1ターン目から場に出るぜ!
最初から最後までずっと一緒に戦うんだ、みたいな。まさに嫁キャラ。 
いきなり後攻1ターン目にチャージが出来くるので
思わず1段目だけ採用したくなりますが、しっかり後半アビリティで
2段目をファストタイミング=0.5ターン早く出せる上に
どの勢力の2段目も既存のデッキ相手ならゲームエンド級の性能なので
2段目を採用しない理由を探す方が大変です。
「後攻不利すぎ勝てない」「2段ブレイク弱すぎなんとかして」といった
よく挙げられるユーザーの声をまとめてみました的な
今回のエキスパンションの目玉と思うのですがどうでしょうか。

●ガラスパーマネント
使い捨てパーマネント。使い捨てなのでファストカード感覚で使うのでしょうが
同程度のファクターコストのファストカードよりも若干強め、に見えます。
パーマネントなのでファストカードより対策が現環境的には緩いのですが、
カウンターが採用されるような環境になると
パーマネント対策というのは結構どキツいカードが多いので要注意です。
こっそり使いましょう。

●アイコン指定除去
用途が狭い代わりにコストパフォーマンスに優れ効果テキメン! 
みたいなピンポイント除去。
ファストタイミング使用はバインド持ちのブレイクレスポンスや
ネームなしの皇帝の威光をケアしつつ使えますが、ちょっとだけ重い?
アシッドクラウドみたく付加価値があるわけではないので
ホーリーライトのような環境が偏った際の救済措置っぽく見えますが
パイモンや各種ECBキャラ、0コストチャージブレイクのような
無条件採用カードを抑制出来る、かもしれないのはGOOD。

スポンサーサイト

アクエリ(雑感その他) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<けふのアクエリな風情 | HOME | 塔レビュー 白>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。