甚平野朗の戯言帖

アクエリアンエイジというカードゲームの廃人による 気ままな独り言及びTCGに関する戯言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「青ニモマケズ」 ~キャラ組成でみたカウンターデッキの優位性?~

今日の戯言

青ニモマケズ
黒ニモマケズ
焼キニモキャラビートニモマケヌ
丈夫ナ耐久力トカウンターヲモチ
貫通力ハナク
決シテキャラハ殴ラズ
イツモメインブレイクガデルマデヒキコモッテヰル
一ターンニ四枚程度ノドロート
少シノチャージヲタベ
プロジェクトファストヲ
補給ヲカンジョウニイレテパーミッション
手札ヲノゾキミワカルケド
ソンナカードハツカワナイ
環境ノ隅ノデュエルスペースノ
小サナコミュニティニヰテ
東ニファッティガ調子ニ乗レバ
霊鋒結界デ突破シ
西ニミーナガハイドロプレッシャースレバ
カウンターシテトゥクノンノニ縦挿シ
南ニライトニングストームデ更地ニナリソウナラバ
孔雀経法デドヤ顔
北ニキャラビートガ速攻スレバ
三ターン身延カラノ煉気術
チャルチエフェクトデ対戦相手ハナミダヲナガシ
エクストリームノ頃ハアルカードニ怯エ
ダレカニ巫女オワタトヨバレ
結果モダセナカッタケド
水嶺カラハ絶好調
サウイフ最強勢力ニ
赤単ハナリタイ


8割が夢想と妄想からお届けな戯言ですが、そもそもこれ
冒頭の青ニモマケズ、の一文からして妄想な気がしてきました、きらです。
元ネタはかの有名な赤ニモマケルなんですが
できるだけ「雨ニモマケズ」の
原文に近付けるよう推敲しました(超どうでもいいわ

ここのところは
グランドクロストーナメント予選真っ最中だったり
ウェルカムパーティ真っ最中だったり(当店は5月6日!遊びに来てね!)
新弾が発表されたりと、こんな隔週から月刊の更新なブログだと
いつでもどこでもアクエリの話題は事欠かないわけですが、
今日は最近(?)なにかと話題だった
ギャラクシー水嶺環境の赤単を解説しようと思い立ったわけですよ。

で、それに伴って推敲に時間かけたのは上記の戯言、
以下の解説文はほぼ書いたまんまという辺りたいへんアレですが。
こんなんばっかですいません。やってる本人は人生楽しいです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


「チャルち」

4 水の女神“チャルチウィクトリエ”(身延とレジストで鉄壁)
4 験巫女“身延茉莉也”(3~4ターン目迄に必ず出したいので4積み)
3 式神月式(レジスト青チャージ、身延の友達)
4 琉球巫女(チャージ軽量 なんで布都巫女じゃないのか後述)

4 霊鋒結界(これファストタイミングで使ってると勝てません)
4 煉気術(耐久+2 何気に万能ファスト)
3 十字祓(丈夫ナカウンターヲモチ)

4 羅盤師(霊能者ドロー)
4 未亡人(ギャラクシー版絵:事前 エクストリーム版絵:事後)
4 娘仙(サガ1版の可愛さは惚れるが基本は素体)
4 尼法師(横取りされるデッキに当たる確立に対する強さを計算しようのコーナー)
2 地獄温泉巫女(基本4ターン目以降の支配キャラ、レジスト青が身延の友達)

2 サイボーグマッサージャー(▼012チャージ、割と安定)
4 ファーマシスト(青ドロー、メインアタッカー)
2 山子(001チャージ 割と安定)
4 清め巫女(4月11日より使用可能な霊能者ドロー)
4 カメレオンメイド(阿那婆達多ちゃんブラフ、アタッカー)


ほい、ひとこと解説をカード名の横に書くのが好評だったのでやってみたら、
カード単体の解説事項がなくなってしまったでござるの巻。

出来る限り3ターン目に鉄壁(但しぱんつは除く)の身延を出して
相手のキャラビートや勢力フェイズのダメージはシャットアウトしつつ、
それで溜まった豊富なコストで
ファーマシストやカメレオンメイドが煉気術握り締めてアタックします。
赤単が引き籠り勢力とかいうのは古臭い固定概念でしかないので、
それはもうファーマシストでキャラビートよろしく殴りかかります。
式神月式なんかも、耐久3とレジスト青って
こんなに強いアタッカーだったんだって感動できるかもしれません。

相手のブレイクがタテの有利云々言ってきたら
霊鋒結界で縛ってやっぱりファーマシストやカメレオンメイドで殴ります。
実はだいたいそれで勝てます(迫真)

また、煉気術はバトル時のコンバットトリックだけでなく、
ダメージ除去への0コストカウンターとしても優秀です。
例えばライトニングストームに対して
ドローキャラ1体とそのパワーカードを守るだけでも
前回の記事で紹介した計算式から、大幅に有利が取れるのがわかるかと思います。

余裕があればチャルちでも出してキャラで殴った後にエフェクトで流したり、
チャルちで相手の大型にマーメイドを与えてインターセプトで引き籠ったり
自ターンに相手大型を霊鋒結界で縛ってあれやこれしたりするわけですが
この辺の勝ち筋は上手にコスト管理しないと
あんまし無計画に動いたら、コスト不足かデッキ不足で負けますので要注意です。

あ、ゴースト10枚しか入ってないけど
▼と豊富なドローをちゃんと機能させれば引けると思います。
12枚はないと気持ち悪いとかいう諸兄も多いかもですが
ゴーストの素体増やしてもそれでデッキにアクセスするカードを削ると
かえって事故率が上がることもないこともないやも。
(ゴーストのキャラって現状▼攻撃力などのデッキアクセス能力低いので)


○チャージブレイクのみの採用でドローキャラ20枚な構築とカウンター

それでは本日メインでお話してみたいのはこの部分。
軽量ブレイクを出す際のパワーカード采配を考察ですよ。

2ターン目などの序盤にチャージブレイクを出して
精神2のドローキャラを支配するのは基本的にテンポが良いと言われます。
これはドローブレイクを出しての精神2のキャラを支配するテンポより
そのパワーカードフェイズに補給点1点分→手札1枚得をしているからです。
具体的には2ターン目にドローブレイク→ドローキャラを支配した場合
チャージブレイク→ドローキャラを支配の展開に比べて1枚多く手札を消費します。

赤単など従来タテ寄りの勢力は序盤に引いた重いカードも
ある程度手札に温存する必要があり
この展開時に切ってしまったカードを後々まで引けなかったりして
タテ寄りのデッキを使うと勝てない、使いこなせないという話もよく耳にしますよね。

なので、ドローブレイクを使用して
チャージブレイク→ドローキャラ支配のテンポと同質な展開をしたい場合
ドローブレイク→精神1のチャージキャラ支配、という流れが
手札温存の観点からの解答となるでしょう。
昨今、ライトニングストームのような強力な▼除去が環境に存在する関係で、
基本的にはドローブレイク→キャパシティ-1チャージ支配の展開が一般的になっており、
例えばユーザーサイトに紹介されいているレシピや
トトカルチョなどのデッキ投稿でもその傾向が伺えます。

さて、ここで少し話が変わりますが、
何故キャラビートは強いのかを補給点数で考えてみましょう。
キャラビートというのは勢力エリアに▼キャラを放置し、
常に精神0チャージとドローキャラを1ターンに複数支配、
支配したキャラがすべて相打ち上等で殴りかかる為、
ファクター温存しなければならない対戦側が
不利な交換で対処を強いられる、というものです。

ここで重要なのが、
キャラビート側がアタック宣言しているのはドローキャラという点。
ドローキャラというのは支配した次の自分のメインフェイズには

「既に補給点数1点分の仕事をした後に相打ち上等でアタック宣言可能」

という点がチャージキャラに比べて大変強力なところになります。
どういうことかわかりにくいようなら、試しにお手持ちのキャラビートデッキがあれば、
それのドローキャラをライトニングストーム対策でもなんでもいいので
全部同サイズのシールドチャージキャラに変更して
対戦してみると一目瞭然ではないしょうか。
1ターン目に支配したエンジェルメイドが2ターン目に相手のキャラと相打ちになっても
殆どの場合後続のアタッカーを用意できるでしょうが、
1ターン目に支配したアルケーが2ターン目に相手のキャラと相打ちになると
後続が伸びずジリ貧になることが多いと思います。
なので相打ちが予想される盤面でのアタック宣言が出来ず、動きが1ターン分遅くなります。

また、こんどはゲーム理論(※1)的に立場を入れ替えて考えてみましょう。
自分がキャラビートなりアタックコントロールをされる側に立たされた際、
現環境ではソニックブレードなどのブレイクスルーをケアする必要がある為、
黄2Fある状態でパワー2挿し以上の相打ちアタッカーをガード宣言する場合
確実さを求めるなら軽量ブレイクでのキャッチが望ましいとされます。
ここで、同じ先のターンに出した軽量ブレイクなら
ドローブレイクでガードするのかチャージブレイクでガードするのか。
チャージブレイクが先のターンのパワーカードフェイズに補給点1点を獲得しているのに対し、
ドローブレイクが補給点を獲得するのは次の自ターンのドローフェイズ。
まだドローしていない(補給点を獲得していない)ドローブレイクでガードするのは
ひじょうに美味しくない状況、と言えますね。

アタックコントロールをする側にしても、
相手ドローブレイクと自身のドローキャラの相打ちは狙っていきたいところですが
チャージブレイクとの相打ちはファクターと
リソース交換を秤にかける必要があり面倒です。

以上の理屈がチャージブレイク→ドローキャラ支配の展開は強いよというお話で、
地球環境などでも実際にこの理論のデッキが猛威を振るったわけですが
サガ2初期(※2)にしろ現水嶺環境にしろ、
だからこそサンダーストームやライトニングストームが強いという背景があります。

それならば、
その足回りを狙う除去に対するカウンターを用意できるデッキは
チャージブレイク採用で前向きな足回り、
それらの解答を用意できない、採用しないデッキは
ドローブレイク採用で環境チョイスな足回り、と使い分けるといいんじゃないかな
とかそんなことを長々と考察してみました。

ちなみにこの理論を応用すると最初の戯言が文字通り戯言となってしまう辺り
証明しようと思ったら文章量がとてもアレだったので
誰か代わりに証明たついでに解説してくれると泣いて喜ぶかもしれません。



※1)ゲーマーなら楽しめる理論が多いので一度ひととおり目を通しとくのをオススメ
※2)チャージブレイクの優位性自体はサガ2初期くらいからある構築理論ですよ
アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:2 | トラックバック:0 |

祝! 魔力の水嶺発売な風情

今日の戯言「ワイバーンよりはやーい」
                   そにぶ
           
↑PT少女(SP)のフレーバー見て思わずおじさん
「(昔の彼氏の自転車の後ろで)ねぇ、ギュってしていい?」みたいな
懐古ゲームのNTRストーリー思い出しちゃったよ。



はい、どうもどうもな風情です。
魔力の水嶺も発売されましたね。
みなさん新しいデッキなんかは組んでみたでありましょーか。


こっちの方では最近はじめた高校生プレイヤーが
元気にデッキ構築してるの見て、私もいろいろ触発されましたので、
今回はスタートダッシュで随分たくさんデッキを作ってしまいました。


ちなみに水嶺での私の今回のイチオシカード「護鬼“八瀬童子”」。
なんとSP版はちくびが見えてる仕様です!なんたるブヒィ!
おっぱいさいこーだぜひゃっはー!!
(って言ったら養豚場のブタでも見るかのような目で冷笑されました)

後は「デビル・ウィッチ」これまたSP版のフレーバーもお気に入り。

「幽体剥離の本体より胸が大きくなって微妙に嬉しそうなおねーちゃんの表情にブヒッ」
「えーそんなの変態さんじゃないですかー」 …萌え豚さん相手に

「引き悪ぃわー、2ターン目に軽量ブレイクしか引かねーわー」
「えーそんなの変態さんじゃないですかー」 …ミサワさん相手に

「ヘルメシエル効果でセフィーロがアタック宣言、オフェンシブで緊急発進回収します」
「えーそんなの変態さんじゃないですかー」 …即死したときの負け惜しみに

何気にアクエリ日常会話に於いて(どんなだ)とても汎用性高いのが良いですね。


とりあえず真面目に考察すると
水嶺で個人的に評価の高いカードトップ3は

ライトニングストーム>メテオバースト≧ヴァイタルドレイン って感じです。

黄と黒の全体除去は特に地球環境までのデッキに影響力が半端ないという意味で。
少なくともスタートダッシュでは無視できない破壊力なんじゃないでしょうか。
ヴァイタルドレインに関しては先攻側が後攻2ターン目の
軽量ブレイクへのカウンター(使用宣言中のブレイク)に使える辺りがマジ外道。
コストパフォーマンスが半端ないので
エクストリームどころかアンチェインまで採用圏内かも。

個人的トップ3に惜しくも入らなかった中臣祓詞は
ソニックブレードなど手数が重要なファストカードには強いのですが
上記のような軽コスト全体除去プロジェクトを防ぎきれないので
まだシーズンではなさそうな感。
2コスト追加といってもリソース差で見れば等価交換ですし。


そんな風情で今夜はさっそく水嶺環境でさっそく作成してみたデッキを紹介ですよ。
まずは発売日の夜に真っ先に組んでみた構築済みベースの黄単焼きです。

「フォルナの3分クッキング」

3 ソードファイター“フォルナ・スウェーデンボルグ”(トークン付きデュアルサンダー)
3 ダークサイドウォッチャー(レジスト黒&チャージ 2F→3Fに加速)
3 フォーチュンドロワー(トライ&霊能者のドロー軽量)
4 マジカルクッキングウォリアー(黄ではド安定のチャージ軽量)

4 ライトニングストーム(全体除去)
2 デュアルサンダー(単体除去ドロー焼き)

4 ソニックブレード(なんでも解決コンバットトリック)
3 孔雀経法(火力カウンター兼ライトニングストームとの凶コンボ)

4 戦士(ドロー)
4 トライメイド(ドロー)
3 ムーリアン(トライのシールドチャージ)
3 三つ目戦士(▼あるけどすべてのブレイクの素体となるので採用)
2 ブロワー(001チャージ ▼がないのでストームに巻き込まれない補給)
2 飛刀族(訓練されてる黒相手にはこれだけじゃ勝てない)

4 メイド侍(構築済み再録赤ウォリアードロー)
4 壷振り(001チャージ ▼がないのでストームに巻き込まれない補給)
4 バチカン衛兵(構築済み再録青ウォリアードロー)
2 山子(001チャージ ▼がないのでストームに巻き込まれない補給)
2 スタートランスポーター(001チャージ ▼がないので略)


ギャラクシーなので簡単。
相手のドローをライトニングストーム、デュアルサンダー、フォルナで潰して
適当にヨコの有利を得たところでソニックブレードをちらつかせながらキャラで殴るだけ!
デッキのコンセプトは「ドローキャラを支配するのは俺だけでいい」です。

恐らくサガ1、サガ2時代の人達だったらこのデッキに解説とか必要ないんでしょうけど
全体除去(ライトニングストームやメテオバースト)を
どういうタイミングで撃ったらいいかわからない、という声を
最近はじめたプレイヤーさんなどからデュエルスペースで質問頂いたのでそこら辺を少し。

全体除去プロジェクトは
A そのプロジェクトの使用リソース(ライトニングストームなら手札1枚+2コストで3)
B その全体除去が効果を発揮した際に自分が捨て札するカードの枚数
C その全体除去が効果を発揮した際に対戦相手が捨て札するカードの枚数
D 次の相手メインフェイズ開始時までで見た補給点数(つまりドロー)を減らした数
これらをざっと計算してみまして、A+B<C+Dになる状況なら迷わず撃ちましょう。
撃つタイミングがわからないという方はDを計算に入れず
A+B>Cだから微妙なのかなと躊躇してるんじゃないでしょうか。
ライトニングストームに関して言えば、上記の計算式で、
同じ盤面にパニッシュメントアサルトを撃つよりリソース差で上回ることすらあります。

補給点数差を考慮に入れるとプレイングに幅が出ますので是非一度試してみてくださいな。

慣れてきたらそのターンに自分が支配できるキャラとの兼ね合いとか
次の自分ターンパワーカードフェイズくらいまでの補給点で見た得失差まで
計算していけるようになるかと思います。
ここまでできるようになると全体除去が強楽しくてクセになるかもしれません。

そんなこんながありまして
できる限りキャラ組成も自身のライトニングストームでは被害が少なくなるよう構築しました。
特に精神0チャージは、ドローキャラ同様デッキの補給の要となるので
ここは今回の▼012チャージでなく従来の001チャージを使うというのが重要です。

また、上記の構築によりメテオバーストの全体1点火力で
チャージが壊滅する恐れがあることから「孔雀経法」を採用しました。
何気に自分の支配キャラだけにしか効果を発揮しないことから
相手に使用された全体除去で相手だけ勝手に壊滅してるとか
そんな文字通りカウンター的に機能しちゃうのがこのカードのすごいところ。

自身の使用したライトニングストームにレスポンスすることで
あらびっくり先程の計算式の「自分が捨て札するカード」が孔雀経法1枚だけになります。
3、4ターン目までに決まればおおむね勝ち確定のリソース差が発生しますから、
それを狙って動けるように軽量ブレイクの枚数なども選定しています。
火力の入ってないデッキ相手に空振るからカードパワー低い=弱いという方も多いのですが、
こういった自身の火力系全体除去と組み合わせて
相手にだけ火力を飛ばす用法もあるのですから私はかなり高く評価してますね。
というか孔雀経法が環境で見てトップアンコモン。

余談ですが、全体除去といえばサガ1時代に
「パニッシュ黒を撃てて一人前の黒使い」という格言がありましたが
ヨコの有利を5点以上持っているにも関わらず
パニ黒してドヤ顔してたりすると「ふーん」って言われるので注意しましょう。
(先程の算数ですとA+B>C+Dになっててそのコスト差で殴った方が早い)
いや笑い話っぽいですけど、そういう自称一人前さんって意外と多かったという昔話。


基本的には相手のファクターを焼いていってメインが出る前にどうにかしたいのですが
後攻のときなどはそうもいかないので、出てしまった大型はフォルナで相打ちを狙いましょう。
なのでサンプルらしいデッキにするなら2積みのデュアルサンダー辺りを
赤や青のイニシアチブな大型対策に
ミラーヴィジョンかワイバーンなんかを採用しとくのが無難なんでしょうが
これは自分で使ってるデッキなので前向いてます。

周りの人達やちゃんかーさんは
ヒデさんが前向き構築で綺羅たんは後ろ向き構築スキーとか思ってる人多いですけど
別段そんなわけでもないで念のため。



纏めるでもなく徒然と語ってたら長くなったので今日はこの辺でまた来世。
アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |

九州温泉合宿前にデッキを晒すプレイング そのに!

今日の戯言
「先生、なし(どうして)アクエリやとお風呂や温泉で真っ裸やとカウンターなん?」
「きっとおっぱいが湯気や泡や光でシャットアウトされるからやないかな」
                    もうすぐ、みんなで温泉!

どうもいつも元気に沸いてます。きらです。
上記の話題がリアルに行われてるとか頭大丈夫かなとかそんな風情の毎日ですが
もうすぐ九州温泉合宿in別府ですよ。

夜の宴会なんかではちょっとした出し物的なこともしますので、
いきなりネタを振られた方はふぁいと、おー、です(何?
きっと結婚式のスピーチを当日の朝にぶん投げられるより
格段に難易度低いから大丈夫(何?


近況としては。

最近ジャッジ主催のエクストラバトルに出てみました。
ノンネームとか風情のないことすんなよKB、ってジャッジに脅されたので(誇張)
スマイルシューターのブースター1BOX、
全70枚の中から60枚のカードを抜き出して
スマイル100%なデッキ(というかカードの束)で出ました。
本当に(キャラまで)白単です。ブードラデッキの方がこれより強そう?
みんなキネシューとかクラス占拠とか酷いことしてきましたが
途中で相手をアクエリ理詰めで詰みに嵌めて勝ち越しできたので満足です。まる。


あとなんだか、先週くらいに
地元のもふー屋さんがGP1st優勝したそうじゃないですか。
たいへんおめでたいことなので今度お祝いでもしようと思うのですが、
当人も「権利はレイチェルで出来ている」っていうくらい
ここ3年くらいの地元CC権利獲得デッキが緑ばかりな上に
その半分はレイチェルとか、まじレイチェル屋さんです。もふーですね。

そこで、本日はスタンの調整相手になっていた
「構造的に雪乃レイチェルを狩ることを目的に作成した」デッキの紹介。
ホーリーライトのようなピンポイントカードは使っていないにも関わらず、
GP1st前にレイチェル屋さんの心を折りにかかってたとかなんとか。


ほぼエクストリームなデッキですので、すぐにエクストリーム換装できます。

「快速メルキグラビトン」(スタンダード)

3 死天使ザラキエル
4 ガルガリン“メルキセデク”(レイチェルのコスト増にはCBで対抗すればよい)
3 雷鳴の舞姫“ライカ”(ファストタイミングで1点焼き)
2 増援部隊指揮官“ゾフィエル”(ファストタイミングでモンスターをブレイク)
2 人造天使実験体code-301655723(コードザラキはあまり狙わない)

4 アネラ
3 天使メイド(まさかの3積みですってよ奥さん、NMP?)
3 バーゲン天使(茨の枷だけでなく悪魔の瘢痕も無効化)
2 グラビトン(仙術書やベンシーでカウンターされるのであまり過信しない枚数に)

4 エンジェリックウィング

4 瞳天使(BCB、ブレイク24枚入ってますし)
4 感天使(マインドアサシン、茨の枷、悪魔の瘢痕、仙術書みんなコスト上昇)
2 カラーヒヨコ(雪乃ゲーでも2点補給) 
2 鳥天使
2 ひな祭り天使(ファストザラキ2枚重ねもメルキのBCBからならスタンで実働可能) 
2 レイニーブルー天使
1 ツインタワーボーグ

3 導師
3 ノーブル・オウル(別に他のカードでも良いけど、ネラプシされないと超簡単)
3 ムーンライトバディ
4 エンジェルスレイブ

足回りはスタンではおなじみ後攻メイド+FD(ファストドロー)に寄る
後でも先でもどちらから動いても安心の構築。
これやってないと2ターン雪乃を捲るの無理なんじゃないかな
という個人的感想はさておき。

採用してるカードは殆ど以前紹介した「ザラキ屋さん」と変わらないのですが、
あちらが“code-ながいの”→“ザラキエル”への繋ぎを第一に据えた枚数バランスなのに対し
こちらは“メルキセデク”→ファストタイミングブレイクへの繋ぎを第一に据えています。
このファストタイミングブレイクによってグラビトンに繋がればフィーバー。
戻った手札を代替コストとして更に追撃を仕掛けることが出来るので、是非狙いましょう。

今回のGP1st優勝デッキの強力な点が、いままで中堅補給と雪乃の
ブレイク素体が異なることで生じていた齟齬が
鬼狸狐の存在でまったくなくなってしまったところにあります。
パイモンと鬼狸狐の補給点数が1ターンの間は等価というのは
本人のブログでも解説されていますが
フェッチサーチ可能なチャーミールームメイツが雪乃鬼狸狐の両方の素体になることで
序盤の安定感が格段に良くなっています。
これに導師やブラックドックガールなどの2点補給が合わさることで
「2ターン雪乃してるのに3ターンレイチェル後に補給が余裕」といったような
悪夢のような状況が生まれたりするわけですね。
本来それを防ぐ為のファスト妨害も、仙術書でケアされている上、
グラビトンやキネシュのようなダメージ除去は
ベン・シーでレスポンスを被されてカウンターされることまで。

というわけで今回注目したのが“ゾフィエル”です。
3F構えるだけで相手の雪乃鬼狸狐の着地が困難になり、
特にチャーミールームメイツなど相手のブレイクを妨害して
こちらが3コストもコストバックできるわけですからもう堪りません。
雪乃時などはその補給を支えるブラックドックガール、
最近は緑だけでなく白のネーム構築に採用されるサイバネテッィクデビル辺りも
刈り取れば相手が大きく出遅れるので、最近の環境では追い風のカードです。

メルキセデクでブレイクでアタックコスト、ガードコスト、ブレイクコスト
すべてコストバックで行うようになる為、
レイチェルによるコスト上昇でも損失が相当小さくなります。
重ねブレイクでボーナスもありますので、余裕があれば重ねておきたいこところです。

あとは、世界環境から緑CIP持ちを採用するデッキでは
必須となった悪魔の瘢痕ですがこれはバーゲン天使のサイクルで
セット後でも無力化できるので覚えておきましょう。
対象≪あなた≫はプレイヤー効果です。

よく採用されるカードでこのデッキに入っていないものに
セラフィックフェザーやミカエルがありますが
セラフィックフェザーは人造天使やメルキセデクと相性が良くないので不採用。
ミカエルは重ねれば強いのですが
はじめの1点除去が環境耐久力に達していないので不採用、です。
この辺は環境の推移を見て有効な選択肢を取りたいところ。


、、、とまぁ、そんな風情の黒単メルキグラビトン。
レイチェル屋さんがぷぎーしてたので保証付き?
モンスター軸の雪乃レイチェルに対しては
普通に使えば勝率7割以上はいくんじゃないでしょうか。

素のデッキパワーも十二分に高く既存のエクストリームなんかでも
ダッキリコ(って言うの?)みたいなデッキに対して強いのでよく入れ替えて遊んでます。
セラフィエルとか抑止力に半端ないですしね。


ちゃんとスタンもメタは回るし個人的には独特の面白さがあると思ってるんですけど、
世の中の流れとしてはもう必要ないのかな?
アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:2 | トラックバック:1 |

九州温泉合宿の前に適当にデッキを晒すプレイング

今日の戯言「製品版SPは見えるに方にWR真由美を賭けるっ」
                  湯気と泡で隠すとかブヒィ

明日はなのはFORCEのエクストラブースターの発売日ですってよ。
なのは関連のEXパックは随分と肌色率がアレでアレでしたから、
今回はどうなることやらですね。


さて、いよいよ来月には「九州温泉合宿in別府」が開催されるわけですが、
遠方から来られる方々なんかから、

「どんなデッキで参加すればいいかわからない」
「最近の環境がわからない、大分ってめちゃくちゃガチって聞いたけど?」

との声を何件か頂きました。

後者の質問に関しては
お店のブログで上位常連のぷちをさんやmei.Aさんの
公認大会、予選等の優勝デッキでも眺めて考察して欲しいところなんですが、
ここはひとつ、いつもここでUPしてるサンプル風デッキじゃなくて
実際に私が普段お店の常連さんとまったり遊んでるエクストリームのデッキ紹介でも。

こうしとけばほら、KBしたいみんなが対策しやすいかなと思って。

先日真由美の話をしたので白デッキ辺りからやりましょう。



「登校準備中の妹が(以下略」

3 サイキック・ジーン“藤宮真由美”
4 登校準備中“藤宮真由美”
1 マグネティック・エンプレス“ジョセフィーン・マグナス”
1 正義のヒロイン“ジャスティス☆ハート”
1 進藤四姉妹三女“進藤皐月”(あまり使いませんが次元の檻対策に)
4 少女モデル“雛森まゆ”(驚きの4積み)
2 新人アイドル“秋山麻柚”(スマイルシューター2点補給軽量)

3 進藤家の食卓
3 キネティックシュート
4 マインドアサシン

4 セーラースーツ

3 スペースクリーナー(サーチ白キャラ、デッキ圧縮が重要)
3 コスプレ売り子(BCBワーカータレント)
3 サイバネティックデビル(白ネームがいればシールドチャージ2)
1 学園祭メイド(ドロー2、勢力によっては最強の白キャラ)
1 ウェイトレス(普通のドローキャラ、初手では使わない)
1 少女召喚術士(ECB、スチューデントミスティック)
1 サイ・ヴォイス(ECB、変なタイミングで横取りされづらい)
1 着ぐるみ学生(103全色プロテクト、青相手の安定の初手)
1 スネークフェンシアー(111プロテクト外3色、焼き相手の略)
1 執事喫茶店員(▼022セプチャ、ワーカー♂が安心できない)
1 レプリカント学生(▼022シルチャ、執事喫茶で安心できない場合は)
1 新米エスパー(BCBスチューデント) 

2 巫女親子(213チャージ2、スチューデント)
2 見習いメイド(2(2)1ドロー、スチューデント)
4 動く石像(グラビトンは5コストくらい払って貰おう)
4 おばけ屋敷メイド

はい、そんな風情で普通の真由美です。
あくまでサンプルじゃなく自分用のデッキなので
いろいろ普通じゃなく見える部分を簡単に解説。

○釘バット(ペネトレイト)入ってないとか詰まない?
ビーム釘バットよりも最近だとF.A“マエストロ”の方が
強いと思いますがさておき。
真由美のサイズと攻撃回数で越えられないのは
おおむねインターセプトとレジスト(バトル無敵)の組み合わせのみ。
その組み合わせのカードは数が限られていますので
適当なタイミングで見切ってマインドアサシンすれば大丈夫でしょう。


○雛森まゆ4積みとかまじありえない
2ターン目にBCBで出てくる2点補給に
シールドインターセプト精神攻撃がついてるとか
最近のカードパワーでもなかなかお目にかかれないレベルなのに。
ベストセレクション1も侮れません。
ノーマルルートは1ターン目にサイバネティックデビルと他色精神2を支配、
2ターン目にサーチしてきたコスプレ売り子をブレイク。
対肉弾戦勢力(赤、緑)でのルートは初手で学園祭メイドと
▼放置か精神0チャージ支配からの
2ターン目雛森まゆをBCB&登校準備中ブレイク迄。
そこからの進藤家の食卓であっさり超ゲームです。

BCB、食卓、サイバネティックデビルとすべてシナジーすれば良いので
スマイルシューターの1F2C2点補給連中でも良いのですが
あちらはこのデッキで採用してる“秋山麻柚”以外が▼を持ってますので
1回でも序盤でさよなライホルド~、されたらデッキから抜けていくことでしょう。
精神攻撃とシールドの補給線は硬くて偉いので雛森まゆ4投です。
そこから更にひゃっはーしたい人はパワージェムでもどうぞ。

黒相手には雛森まゆと真由美しか出さないようにすれば
こういう構築であってもセラフィエルもなんのそのっ、ですね。


○先に真由美出されたら詰むよね?
相手より先に真由美を出すための雛森まゆ食卓構築及び足回りですが
実は相手に真由美を出されても詰むわけではありません。

先ほども述べたように真由美は“ジャスティスハート”のレジスト白を突破できないので
なんらかのパーマネントをセットしてペネトレイトで殴りかかってくると思いますが、
そこで“ジョセフィーンマグナス”(以下マグナス)が逆に相手を詰みに嵌めます。
パーマネントをセットした相手はパワーカードをバウンスするエフェクトを使っていって
無防備になったところを登校準備中真由美辺りで横取りすれば任務完了です。

このデッキのように対戦相手のデッキに通常パーマネントが入っていないなら、
フェッチパーマネントを強制的に真由美に貼って以下同文です。
なお、キャラクターがエフェクト対象にならないライトニングプラズマや
パーマネントが対象にならないポラリスなどでも、
マグナスの一番上のエフェクトは対象にとってるのがパワーカードのみなので有効です。

また余談ですが、マグナスは相手のデッキを
たった1コストで見ることが出来ますので、
見切りマインドアサシンに自信がない人も
デッキ内容を見れば手札が透けてくるかと思います。

そんな風情でマグナスは大変強いカードなので
いろいろ使い方を覚えておくと便利ですよ。


○そんなに実戦経験ないからマインドアサシン使えない
スタンダードだと見切りマインドアサシンができないと
ゲームの敗北に直結するのでアレですが、
実はエクストリームでは見切りマインドアサシンはそんなに必要ありません。
見切りしたいタイミングはグッと抑えて、BCBやECB、サーチチューターで
一旦公開情報となったカードだけ狙い打ちましょう。
特にコストとして公開情報になった際に同時に手札となるBCBなどは
非常に美味しいタイミングです。
この場合、指定するカードは弱くても構いません。
1枚以上のカードを確定で捨て札した上で、
本来の非公開情報である相手の手札から次の手を読めるとか感動ですね。


○キャラ1積み多いしドローキャラも少ないしこんなんで引けるの?
サーチ、チューターを最大限活用してください。
具体的には、スペースクリーナーでスペースクリーナーをサーチし
デッキ内のカードを圧縮して次のターンのドローでキーカードを引く確立を上げる、
といったようなプレイングをちゃんと意識してやっていく必要があります。
1積みのキャラも例えば後攻1ターン目に支配するキャラが相手の色やデッキによって
すべて変わってくるので、それらをきっちり把握しましょう。
サーチチューターだからといって、すべてオートプレイングになるわけではありません。


そんな風情でしょうか。

FD蘇姐己with鬼狸狐緑羽ビートとかと対戦すると、
いい感じ滅殺されますが(ぉ、最近のお気に入りのデッキです。
アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |

九州BT使用デッキ2種解説

はい、九州BT参加された方々、お疲れさまでした。

ちょいと、最近なかなか時間が取れませんので
本日の更新は九州BTで自分が使用したデッキの紹介などを。



当日予選使用デッキはあっさり薄味ノンスペルの黒単イレイザー。
レシピと簡単な解説は以下。

「ザラキ屋さん」

2 オファニムの長“オファニエル”
4 死天使“ザラキエル”
4 人造天使実験体“code-301655723”(自身をサクって4Cブレイクを召喚、割と問題児)
3 ガルガリン“メルキセデク”
3 雷鳴の舞姫“ライカ”(ファスト1点火力、BCBしながら相手BCBキャラを潰そう)
4 アネラ
3 シールドエンジェル
3 バーゲン天使

4 エンジェリックウィング
4 感天使
4 瞳天使
2 ブースターエンジェル
2 ミルキニアン (103シールドチャージ)
2 レイニーブルー天使
2 ひな祭り天使
1 節分サイボーグ (2枚目以降のザラキエルなどチューター)
1 ツインタワーボーグ

2 人造実験体(ECB)
3 導師
3 ムーンライトバディ
4 エンジェルスレイブ

今更ながら超絶普通の黒単イレイザー。
導師やムーンライトバディからコストを支払って
アネラやライカをファストタイミングでブレイクしていき、補給点数を稼ぐ
いわゆるFD(ファストドロー)構築なので、
初手支配や展開の仕方が通常のデッキと若干勝手が違う点に注意です。

3ターン目にcode‐ながいのからのザラキエルやオファニエル、
もしくはメルキセデクからのひな祭り天使及びライカで
3.5ターン目のファストタイミングBCBブレイクを狙います。

エンジェルインパクトやその他スペル、パーマネントは
あれば適所で引いたときに楽できますが、ザラキエル&ライカの除去や
オファニエルのエフェクトや補給力、メルキセデクの攻撃力UPがあれば
おおむねなくても勝てる、オーバーキルなので採用しませんでした。
その分を軽量ブレイク増量して2~3ターン目の動きの最適化を目指します。

軽量増量により、序盤からアタックを仕掛けやすくなり
ダメージやヨコの物量差により青龍巫女やヴァイオラのバインド系能力を使用しづらくします。
また上記バインド系能力持ちにはザラキエル重ねを狙って盤面を維持していきます。

他にも、ノンスペルということで今回は相手のデッキに入っている
動く石像、手札のカウンターカード等を空振りさせるという効果も期待していました。




では本戦。

使用デッキはオフィシャルにも紹介された姐己パワコン。
レシピと簡単な解説は以下。

「元ネラプシ型雪乃レイチェル」
CC使用時のネラプシ型雪乃レイチェルを
雪乃→姐己、レイチェル→アルカード、クリムゾンメイド→ベン・シーなど
エクストリームパーツで代用しても実はそう劣化してないじゃない?
、、、という妄想からはじまり小此木デッキから小此木抜いてしまった系。

4 ダークネスブラッド“レイ・アルカード” (出したターンに殴る)
2 水の女神“サラスヴァティ” (ECB2点補給)
4 傾国の妖狐“蘇姐己” 
4 ベン・シー
4 ネラプシ (宝船デッキに採用されるパワコンの天敵ノーブルオウルを狩る)

4 レヴィヤタンの嫉妬
2 ベルゼバブの渇望
3 魔人転生
2 エッジデモン (元々小此木が入っていたスロット)

4 ビッグフットスーツ
4 墓参り猫
4 ブラックドッグガール (孔明されない姐己の素体なので4積み)
3 ムーンライトバディ
3 ルサルカ
2 ヴァンパイア・ドクター (自分は姐己の影響を受けたくないので2積み)
1 オケアニス (103プロジェクトアンタッチャプル)
1 ソーン・デビル (022シールドチャージ、結果論だけど失敗だった)
1 ダウジング犬

4 導師
4 チャージオペレーター (緑からの▼連鎖狙いも兼)

調整ベースは女神アルカードではなく、スタンダードのレイチェルデッキ。
2ターン姐己、3ターンレヴィヤタン、4ターン殴るorアルカードみたいな
意外とまっすぐな動きを狙う構成。

仮想敵は多数派として扱いの簡単な鈴シュートと女神アルカード、
東側で実績を出した黄単アンデットとリューケンドーは熊本や福岡の上位常連が使用。
霊能者タイプの赤はキュベレイが入った女神アルカードが予選時期から満載だった為少数。
ついでに他地区の大分読みはこちらは戯言帖にサンプルが載っていない(笑)ヴァイオラなどの
黒デッキ辺りが想定されている、という読み。

と、なると黄単アンデットと黒単イレイザー(ザラキ)を含む
おおむねすべてのデッキに姐己とレヴィヤタンの嫉妬がクリティカル。
ついでに女神アルカードに対しても、アルカードを先に出すという点に於いて
軽量ブレイク枚数や魔人転生などで後攻からでも巻き返せる優位性を確保。

小此木を抜いてエッジデモンにしたのは、
仮想敵がおおむねセプチャなしでも補給が潤沢なデッキばかりで
相手のデッキを削るアビリティがパワコンスペル前提なのと
シルマリルなどエフェクト耐性が高いデッキがそれなりに多いことが予想され、
小此木がただの攻撃力6バインド持ちのアタッカーで終わってしまうことが多い為です。
それならばアルカードを耐久7にして、多数派である黒の攻撃力6の上から
テンポを失わずアタックしてデッキを削れるエッジデモンの方が有用となります。

一応、アルカードブレイクに対してオクタヘドロンや
ファストタイミングで出て効果無効を狙うシルマリルデッキが面倒ですが
まずオクタヘドロンはエクストリームに於いて
ホーリーライト並みにピンポイントカードである為無視。
シルマリルは、東側の結果から黄ミラーを想定せねばならず
対戦相手多大なアドを与えてしまうインペリアルオーダーを採用できない為、
このデッキの速度とサイズに補給的な問題も含めてついて来れないのが調整で実証済み。
ルサルカ、ベンシーに補給を頼りきりというわけでもないので
孔明も充分ケアしながら展開することが可能です。





そんな風情で使用デッキ2種の解説でした。
簡易レポや雑感などはまた後日UPになります。


アクエリ(デッキレシピ有) | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。